マイナンバー収集

マイナンバー制度によって2015年10月から個人番号の通知が始まります。それに伴い、2016年1月から、人事部は社員と扶養義務者のマイナンバーを順次管理する必要が出てきます。

研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)はこのマイナンバーの管理において、「マイナンバーと本人確認書類を社員から収集し、本人確認作業を行い、人事給与システムに反映する」部分で、人事担当者の業務軽減をお手伝いします。

社員からのマイナンバー収集は、初回はもとより、今後も定期的に発生します。情報を収集し・入力する、あるいはそれを外注したりすることで、多大な費用がかかると考えられます。

研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)であれば、一通りの業務をクリック1つで行うことができるため、作業を単純化することができ、導入コストも比較的安価です。高セキュリティのサーバー環境だけではなく、プロジェクト終了後はいつでも情報を徹底的に削除できる機能も備わっているため、セキュリティ面でもご安心いただけます。

マイナンバーと本人確認書類の収集に

研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)では、研修の課題・アンケートのフォーマットを自由に作成することができます。その機能を応用し、下のようなマイナンバー収集用のフォーマットを簡単に作成することができます。

マイナンバー収集用の画面を簡単に作成できる

社員が提出しやすい

研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)では、社員・職員の皆さま1人1人にIDを配布し、それぞれのIDでログインし、マイページを持つことができます。作成したマイナンバー提出フォーマットはそのマイページから開くことができます。必要事項を入力・添付し、送信ボタンを押すだけで提出が可能です。

未提出者に催促メールが送りやすい

研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)では、対象者全員にメールを送る「一括メール」を簡単に送ることができます。
そのため、マイナンバーの提出依頼はもとより、未提出者に対する催促メールも簡単に送ることができます。

本人確認作業に

マイナンバーと本人確認書類が提出された後に、本人確認作業を行う必要があります。

マイナンバーを一覧で確認できる

収集したマイナンバーは、CSVファイルで一括出力することができ、一覧で確認することができます。

本人確認書類も一覧で確認できる

利用者から提出された本人確認資料も、このように一覧で表示することができます。
この2点の資料を見比べて、本人確認をすることが可能です。

人事給与システムへの反映に

CSVファイルですぐに取り込めます

研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)から、貴社人事給与システムに取り込むためのCSVファイルを1クリックで取り出すことができます。

帳票を印刷できます

マイナンバーに関する情報の収集・更新は、毎年行う必要が出てきます。
その際、収集作業を行った結果を1クリックで出力することができます。
(例:収集開始日、最終登録日、収集件数○○件など)
帳票の記載内容はお客さまとご相談させていただきます。

貴社専用のツールを作成します

研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)の取込み用CSVが貴社システムに対応できない場合は、オリジナルのツールを開発・ご提供しております。(体制変更などによる部署や肩書きの変更・更新などもストレスなく行っていただけます。)

開発会社の方とのお打ち合わせも可能です

人事給与システムを担当されている、外部の開発会社さまとのお打ち合わせも、積極的に行っております。
お気兼ねなくご相談ください。

開発担当者より

研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)は、「研修管理システム」です。
研修担当者の煩雑な業務を少しでも簡易化するために生まれました。

研修担当者の業務は、受講者に連絡したり、キャンセルを受けたり、アンケートを回収するなど、これら1つ1つの業務は簡単な作業であるものの、数が多いために研修担当者が忙しくなっています。研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)は、そんな研修担当者の業務が「1クリックで行える」ことを目指し、操作性にこだわって開発しました。

現在もバージョンアップを重ねています。また登録可能な情報の多さから、教育・研修会社が開発した、『研修管理・人事サポートシステム』として幅広く活用いただいております。

今回のマイナンバー収集は、「マイナンバーを社員から集めれば良いだけ」。一見簡単そうに見えるこの業務も、実際にはかなりの重労働になると思われます。ぜひ一度、研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ))を体験してみていただき、使いやすさを感じてください。

関連記事