MAとは

マーケティングオートメーション(MA)とは

マーケティングオートメーションとは、WEBサイトやメール、SNSなどを通じて企業のマーケティング活動を行うためのデジタルマーケティングツールのことです。 (見込み)顧客は一人ひとり興味関心や検討状況が異なりますので、画一的なアプローチでは適切なコミュニケーションをとることができません。 マーケティングオートメーションツールを使用することで、顧客一人ひとりに合わせた適切なコミュニケーションを自動化することが可能になり、 マーケティング効率を飛躍的に向上させることが可能になります。

マーケティングオートメーションが求められる背景

これまで顧客はニーズに対しまず取引先の営業担当者に相談するという購買行動をとっていましたが、 現在はまず初めに検索し情報を集め比較検討したうえで営業担当者に声をかけるという行動が一般的になってきました。 そうした中で企業はWEBサイトにカタログなどの情報を掲載する必要があります。
また、WEBサイトでの情報発信と併せてメールでの情報提供が一般化してきたため、顧客は膨大な量のメールを受け取るようになってきました。 その結果、不要なメールを多数受け取るようになり、その結果不要なメールは企業の信頼性やブランドを毀損するようになってきた背景があります。
こうした中、マーケティングオートメーションは顧客の興味関心に合わせた適切な情報を最適なタイミングで提供することが可能になるため、近年注目が高まってきています。

マーケティングオートメーションでできること

キャンペーンシナリオ

1.顧客の行動履歴の分析

顧客が自社WEBサイトに訪問した際にどのページを閲覧したのか、送付したメールを開封したのか、メール内のリンクをクリックしたのかどうかなどを自動的に計測し、 顧客行動を分析することができます。また、セミナーへの参加などオフライン情報をインポートすることも可能です。 CRMや基幹システムと連携すれば、マーケティングオートメーションでオンラインとオフラインの顧客情報を一元管理することが可能になります。

2.スコアリングに基づいたターゲティングとセグメンテーションの自動作成

顧客の行動を分析することで、顧客の検討状況やどの商品・サービスに興味があるのかを把握することができるようになります。 特定の行動をスコアリングすることで、有望な見込みのみを自動で抽出することが可能になります。

3.キャンペーンシナリオに基づいた自動化された見込み客の育成

事前に設定したスコアリングや閲覧ページ条件に基づいたシナリオを用いて、顧客の検討状況に応じて興味のある情報をメールなどを自動的に送付することが可能です。 これにより、顧客の情報収集をサポートしたり、購買を後押しすることができます。 このように顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーションを自動化することでマーケティング効率を高めることができます。

4.営業担当者が確度の高い見込み客の抽出や訪問予定の担当者の過去経緯を確認可能

マーケティングオートメーションが収集した情報は随時顧客単位で閲覧することができます。そのため、営業担当者が顧客に会う際にこれらの情報を確認し、 直近の興味関心を知ることで、顧客が求める最適な提案やヒアリングを効率よく行うことができます。