人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

研修の目的・特徴

ますます厳しさを増すハラスメントへの視点

より生産的で効率良く仕事を進めるためには、さまざまな人を受け入れることのできる「多様性(ダイバーシティ)」がなければならないと考えられている昨今の状況と、ハラスメントが及ぼす影響やそれを防がなくてはならない立場をしっかりと認識していただきます。たとえば、かつてはどこの職場でも見られたような、職場内におけるちょっとした問題発言や行動が、最近では「ハラスメント」として問題にされ、訴訟になることすらあります。まずは、組織の中に被害者を出さないことが肝心ですが、加害者を生まないようにすることもまた、大事なことです。しかも、訴訟ともなれば、会社や組織には計り知れない損害を与えることになり、ハラスメントに対する意識の低さが「リスク」となりかねません。

セクハラかどうかは相手の感じ方次第

セクシャルハラスメント(セクハラ)に関しては、ある程度のガイドラインを設けることはできますが、原則として相手が不快に感じた時点でNGということになります。「どうしてこれがセクハラなの?」と思うようなことでも、人によっては忍従しがたい場合もあります。訴訟になれば、被害者側に有利な判決が出るケースも少なくありません。社内の啓蒙を進め、セクハラに対する理解を深めることで、多くの人を「不幸」に巻き込むリスクを減らすことが必要です。

2017年1月1日に、改正された男女雇用機会均等法が施行されました。インソースのハラスメント防止研修では、こうした時代の流れを踏まえて、 マタニティハラスメント(妊娠・出産等に関するハラスメント)や、LGBTなどの性的少数派へのセクハラについても取り上げております。

急増するパワハラ問題

セクハラ以上に今、問題が顕在化しているのが、職場における「パワーハラスメント(パワハラ)」です。従前からも暴言や暴力、いじめや嫌がらせといった問題は存在していたと思われますが、ネットなどを通じて告発しやすくなったことも
あって、マスコミなどでも取り上げられることが増えています。2013年2月には、厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」により、「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」が出されたこともあり、多くの企業や組織で対策が急がれています。

ハラスメント対策は「業務改善」の大前提

いずれにしても、ハラスメント問題への対応は、個々の問題解決の話でもなければ、リスク管理に限った話でもありません。社員・職員が気持ち良く働くことのできる職場環境を整えることは、管理職にとっては責務であり、またそれを維持することによってはじめて「業務改善」も「成果の向上」も実現することができるのです。

パッケージ商品
DVD活用、メンヘル&ハラスメント社内研修推進パッケージ

豊富な実績

1.豊富な具体事例で分かりやすい
インソースのハラスメント防止研修は、豊富な事例を紹介し、ケーススタディを多用することによって、具体的に何が問題で、どうしなければならないかをイ
メージしていただける内容となっています。

2.チェックシートで自身を診断
セクハラ、パワハラともに、自身のハラスメント危険度を診断できるチェックシートを研修中に活用します。他人事ではなく、自分自身の問題としてまず認識していただくことで、意識を高めていただけます。

3.経験豊富な講師陣
自身が管理職としての経験があり、また、多くの実例を知るエキスパートを派遣いたします。

1年間の総受講者数
8,622

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

94.9 %

講師:大変良かった・良かった

91.6 %

受講者の声

実施業界実績(一部)

魅力的な講師

セクハラ防止研修、パワハラ防止研修それぞれに適任の講師を紹介しています。センシティブな問題がテーマになっているため、よりファシリテート力が高く、最終的に職場風土を変革するための本当のコミュニケーションを知っている講師が担当しています。

研修ラインナップ

インソースのハラスメント防止研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

セクシャルハラスメントからパワーハラスメントまで、バランスよく学ぶ研修からそれぞれに特化した研修まで取り揃えております。


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ

本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 8,622
  • 内容をよく理解・理解
    • 94.9
  • 講師がとても良い・良い
    • 91.6

※2015年10月~2016年9月


関連研修
一般職員対象の研修例
管理職対象の研修例
アカデミックハラスメント研修
ハラスメント防止研修 上司力の向上でハラスメントを防止する(1日間)
パワーハラスメント防止研修 正当な指導と受け止め方編(半日間)
ハラスメント相談員向け研修 相談員に求められるものを考える編(半日間)

公開講座セクハラ・パワハラ研修
最新情報ダウンロード

本テーマに関する最新情報(抜粋版)をダウンロードいただけます(同業の方はご遠慮ください)。

資料はこちら→

ストレスチェック制度
に関するサービス

ストレスチェック制度に関して、弊社でご提案しているサービスをご覧いただけます。

ストレスチェック対応サービスを見る


関連研修テーマ
管理職研修
大学職員向け研修

関連eラーニング
ミテモのハラスメントのeラーニングコンテンツ

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。