人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

プロジェクトマネジメント研修 ステップアップ編(2日間)

0616プロジェクトマネジメント研修 ステップアップ編(2日間)

15/12/15 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

本研修は、演習によって、普段、習慣的に行っていることが正しいかどうかを振り返りつつ、マネジメントスキルを習得していきます。それによって、プロジェクトマネージャーとしてさらなるステップアップを目指します。

研修の最後に、現場感のあるケーススタディを実施し、その成果を参加者の前で発表します。それに対して、講師や別の参加者からのフィードバックをもらうことで、新たな発見・気づきを得ることができます。こうした研修効果を高める仕掛けも本研修のポイントです。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:2日間)
  内容 手法
 
  • 1.プロジェクトとは
    1. 「プロジェクト」とは
    2. プロジェクトを進めていくうえで、困ったことを考えてみましょう。
講義
ワーク
  • 2.プロジェクトの成功と失敗
    1. プロジェクトが行き詰ってしまう原因
    2. プロジェクトの成功とは
講義
ワーク
  • 3.プロジェクトマネジメントのステップ
    1. 立ち上げ→プロジェクト全体の目標を明確にする
    2. 計画→目標を作業単位に細分化し、今後の見通しをたてる
    3. 進捗管理→プロジェクト全体の状況を把握する
    4. 終結→プロジェクトを振り返り、今後の教訓とする
講義
  • 4.目標を明確にする
  • 目標の明確化がプロジェクトにおける全ての決定の基盤になる
  • 【ミニワーク】忘年会の幹事
講義
ワーク
  • 5.スケジュールを作成する
    1. 作業洗い出し ~WBSの作成
      【ミニワーク】WBSの作成
    2. 役割分担と作業時間の見積もり
    3. ネットワーク図の作成
    4. スケジュール作成
    5. 演習問題
      PDMを作成後、クリティカルパスを求め、ガントチャートを作成
講義
ワーク
  • 6.リスクマネジメント計画
  • リスクを予想し、事前に準備しておくことが大切
  • 【ワーク】リスクの洗い出し
講義
ワーク
  • 7.コストマネジメント計画
  • 進捗管理はプロジェクト成果の可否に大きな影響を及ぼすため、組織的・計画的に行う
講義
  • 8.プロジェクトの進捗管理
  • 進捗管理はプロジェクト成果の可否に大きな影響を及ぼすため、組織的・計画的に行う。
講義
  • 9.プロジェクトの終結・振り返り
    1. 仕事のPDCAサイクル ~「同じ轍は踏まない」
    2. 評価する項目
    3. 文書にまとめて完了報告をする
講義
  • 10.ケーススタディ
    1. ケース
      全国の店頭接客を行う社員に対して、専門知識と接客スキルの向上を目的として、社内独自の資格認定制度を設けることにした。
      あなたはこのプロジェクトマネージャーとして、本プロジェクトを成功裡に終わらせるべく、資格制度の立ち上げから第一回資格認定試験の実施までを遂行する。
    2. 進め方
      1. チーム毎に行う
      2. チームの成果物(目標、WBS、ネットワーク図等)は、プロジェクトレビューを受ける
      3. 講師が会社の経営陣役として、レビュアーとなる
      4. レビューは全て予約制であり、各チームがホワイトボードに予約時間を書き込む
      5. レビューで承認を受けた後、次のステップに進む
      6. WBSやガンチャートの作成は、各チーム毎に配布されたPCのExcel専用のワークシートを活用し、作業の効率アップとグループ発表の時間短縮を図る
    3. グループ発表
    4. 各チーム毎に成果物を発表する

ワーク
  • 11.まとめ~プロジェクトマネージャーのキャリアアップ
  • 目指すべきプロジェクトマネージャー像を考え、発表する
ワーク
発表
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からひとこと

プロジェクトリーダーとしての行動だけでなく、通常業務におけるリーダーとしての振る舞い方を学ぶ上でも役立つ研修です。一方的な講義にならないように、1つのテーマ毎に1つのワークを実施し、楽しく学びながら気づきを提供できるように心掛けています。特に日常業務の中で、周囲を動かす、巻き込むコミュニケーション力は、リーダーにとって重要なスキルの1つですので、重点的に学んでいきます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 11月     18名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 作業の洗い出しなど、具体的な手法を教えていただくことができたので、業務で活かすことが出来ればと思います。実作業にとりかかる前に準備ができるようにしたいです。
  • 今まで誰も分かりやすく教えてくださらなかった事を自分なりに漠然と取り組んでいましたが、一つ一つの作業の意味、つながりがよく分かり、目からウロコでした。
  • プランのところで、仕様決めなどまず目先に手をつけ、大きな視点(スケジュール・ゴール決め)がおざなりになることが多かったので、今回行ったグループワークを活かして表にするなど実施したい。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 1,339
  • 内容をよく理解・理解
    • 88.2
  • 講師がとても良い・良い
    • 91.3

※2015年10月~2016年9月


関連IT研修
仮説構築力向上研修(1日間)
ユーザー部門向け要件定義研修(1日間)
アプリケーションの開発を行う研修(3日間)
SE向け業界知識研修 保険業務知識習得編(半日間)
キャリアデザイン研修 ~システムエンジニア編(1日間)
レスポンシブWEBデザインの基礎研修(1日間)

システム英会話

関連研修テーマ
新入社員・新人向けIT研修
公開講座新人IT研修
SE向けキャリアデザイン研修
パソコンスキル・OAスキルアップ研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。