人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

研修の目的・特徴

企画書は通してこそ意味がある

企画書を作成する目的は何でしょうか。それは、その企画を通して実行に移すためです。では、企画を通すために必要な要件とは何でしょうか。まずは、その企画を立てた背景や理由が分かること、そしてその企画の内容が妥当であること。この2つが揃って、初めて承認されるのです。

最も説得力があるのは「事実」

企画を立てた背景や理由として最も説得力があるのは、客観的な事実をベースにすることです。あたりをつけたテーマに対し、その裏づけとなる事実やデータを調べ、分析し、企画の根拠とすることが大切です。

いきなり「Plan」は立てられない

企画を推進するにあたっては、PDCAサイクルを基本に進めることになります。ただし、いきなりPDCAの「P(=Plan)」に着手しようとしても、うまくいきません。計画を立てるにあたっては、まずどこに「目標(=Goal)」を置くのかを決める必要があります。そして、その目標は「えい、やっ」で決めるのではなく、きちんと根拠をもって設定する必要があります。つまり、ここでも重要なのは、根拠となるべき事実の「調査・分析(=Research)」なのです。

あたりをつけてから行動する ~仮説思考

調査・分析というと、膨大なデータや過去の事例を端から順番に丹念に調べ始める人がいますが、これではいくら時間があっても足りません。限られた時間内で効果的にねらいを絞り、求める解に近づくためには、あたりをつけてから行動する考え方、つまり「仮説思考」が不可欠です。

明確な目標設定がその後の活動の推進力となる

チーム内で明確なゴールを共有することで、目標達成に向けた推進力が高まります。明確な目標設定ができるかどうかは、その手前の調査・分析の精度にかかっています。実施計画を策定する際も、「調査・分析」と「目標設定」の両視点からその妥当性を精査することで、より実現性の高い計画へとブラッシュアップすることができます。

豊富な実績

1.気づきを得られるケーススタディ
講義による知識のインプットだけでは良い企画は立てられません。インソースの研修では、具体的な事例を用いたケーススタディを行うことで、アウトプットを促進させます。また、2日間あれば、グループ対抗で実際に企画書を作成し、発表していただくのも効果的です。

2.お客さまの目的に合わせたカスタマイズ
研修中に取り扱うケースのテーマは、一般的な事例を用いることで、企画の基礎をより理解しやすくすることが可能です。一方で、お客さまの要望に合わせたケースを活用することによって、より業務に即した実践的な企画の立て方を身につけることができます。

3.企画業務の経験豊かな講師をアサイン
インソースには様々な業界で企画業務を経験してきた講師が多数在籍しております。お客さまの業種・業界や受講される対象の方に合わせ、最適な講師をアサインし、実際に経験した企画の成功例・失敗例を交えつつ、ライブ感のある研修を実施いたします。

1年間の総受講者数
4,430

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

94.2 %

講師:大変良かった・良かった

95.9 %

受講者の声

実施業界実績(一部)

魅力的な講師

企画書作成能力に長けていることはもちろん、新商品・サービスの発案や業務改善の企画などで苦労しながら実績を挙げてきた者、企画書を俯瞰的に検討し、企画書の欠点、改善すべき方向性を即座に見抜くことができる者、経営層としての経験から、企画者に足りていない視点を付与できる者などが講師を担当します。

研修ラインナップ

インソースの企画力研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

【eラーニング】


企画力研修の事後におすすめのアフターサービス

研修活用度調査「呼び覚まシステム」

研修の目的
良い発想を出す視点を学び、「実現可能な企画」を立てる方法を理解する

1か月後の変化
研修前は何かからヒントを得ようと、他社が販売をしているプランやイベント等を闇雲にネット検索をし、ヒントを得ようとしていたが、研修後は学んだ「翻訳法」や「マトリックス法」を用いて発想を引き出すよう心掛けるようになった。SOMETHING NEWを特に意識し、企画するようになった。
コンセプト・ターゲット・プロセスを明確にし、企画意図、目的が相手に素直に伝わるような書き方をするようになった。また、企画の裏づけを検証するため、現状の問題点や社内の内部環境などの分析をした。見せ方も内容も単純明快に表現できるよう心掛けた
今まで自社の利益を重視した企画を行っていましたが、お客さま(買い手)目線からニーズを重視した商品開発を意識する様になりました。また、他社の商品との比較をする様になりました

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ

本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 4,430
  • 内容をよく理解・理解
    • 94.2
  • 講師がとても良い・良い
    • 95.9

※2015年10月~2016年9月


関連企画力研修
一般的な研修例
企画を立てる前段階の調査方法からお伝えする研修例
企画書の書き方を1日でポイント絞ってお伝えした研修例
企画を通すための折衝・交渉術もお伝えする研修例
中堅社員向け 企画力研修(2日間)
若手向け 企画力研修(2日間)
企画力研修 ~アイデアの出し方編(1日間)

関連研修テーマ
プレゼンテーション研修
ファシリテーション研修
中堅社員向け研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。