人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

社内研修テキスト作成研修 ~基本編(1日間)

0049社内研修テキスト作成研修 ~基本編(1日間)
14/06/19 更新


当研修の「ねらい」

本プログラムでは、研修におけるテキストの目的を理解するとともに、分かりやすいテキストのポイントを知り、実際にテキスト作成実習に取り組んでいただくことで、社内研修用テキスト作成の方法を習得していただきます。


研修プログラム例

研修プログラム(所要時間:1日間)
内容
  • 1.はじめに
      ~何のためにテキストを作成するのか?
    1. 研修を受講する人にとって、どのようなテキストがよいと思いますか?
    2. 社内講師にとって,研修テキストはどのような内容であればよいでしょうか?
  • 2.わかりやすいテキストとは
    1. テキストの基本構造
    2. わかりやすいテキストの特徴
      ①全体像が鳥瞰できること 
      ②「考え方の軸」が示されていること
      ③「到達目標」が数値や明白な行動レベルで示されていること
      ④実務の確認点が「チェックリスト」で示されていること
      ⑤用語の意味、ノウハウ・コツなども記載されていること
      ⑥「事例」を記載し、あわせて理解できる様に「見える化」されていること
    3. わかりやすいテキストの効用は何か?
  • 3.テキストの作成方法の基本
    1. 職場で求められているスキルの洗い出し
      ~スキルマップの作成(確認)
    2. カンタンに楽しくテキストを作成するためのポイント
      ①重点指向 
      ②日常的素材の活用
      ③作業時間の目標設定 
      ④集団作業とまとめ作業(体系化)
    3. テキスト作成の手順
    4. テキスト作成の基本事項
    5. テキストをわかりやすくするポイントは何か?
      ~わかりやすいテキストの特徴を具体化するためには
  • 4.テキスト作成実習
    1. 考え方の軸を書く
    2. 全体像を示すフロー図を作成
    3. チェックリストを作る
    4. ノウハウ・コツを記載する
    5. できばえを確認する
    6. 参考資料を添付する
  • 5.テキストの使用法と活用法
    1. 研修におけるテキストの使用法
    2. OJTにおけるテキストの活用法
  • 6.まとめ

この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です。また、研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚 まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます。お気軽にご相談下さい。


実績と受講者の声

実施、実施対象
2013年 6月     3名
業種
輸送用機器
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 大変、為になる研修をありがとうございました。これまでの研修と違いわかりやすく、興味をもてました(ねむくもなりませんでした)実践してみます。
  • まずは、お礼申し上げます。自発、動機、成長をキーワードで展開致します。

実施、実施対象
2012年 9月     6名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • テキスト作成の研修を受講するのが初めてでしたので、全ての項目が新鮮で勉強になりました。特に全体構造を考えるという項目では、階層構造で表現するなど、全体の内容を把握する上でたいへん参考になりました。
  • テキスト作成の知識がほとんどない状態で資料を作成していましたが、今回の研修で作成時のポイントを把握できました。ただ「解りやすく!」だけを目標に作成していたため、要点がまとまっていないページも多々ありますので見直します。図やグラフもただ挿入するだけでは逆に分かりにくくなりますので効果的に使用したいです。本日の研修を活かし、より良い研修テキスト作成に努めたいと思います。ありがとうございました。
  • 自分で作成した研修資料に対して、より良くするためにはというアドバイスをいただけたため参考になりました。

実施、実施対象
2012年 9月     11名
業種
建設
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • 研修の目的を明確にし、受講者に対し 聞きたい気持ちを持たせることが大切であると思いました。自分たちの研修の中にも 取り入れられることなので 活用していきたいと思います。行動を起こしてもらえる様な研修を目指します。
  • 自分に何が足りないのか 気づきができたので、なんとなく何をやればいいか見えてきた。今後なにを教えたいのかをしっかり決め研修を進めていきたい。
  • 講師に求められる3つの要素で研修企画スキルが一番大切だということが勉強になった。受講者へのフィードバック・受講者の発言を促すこと等がためになり、これたらの指導力向上につながる良い研修でした。お忙しい中の研修講師ありがとうございました。


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 1年間の総受講者数※
    • 981
  • 内容をよく理解・理解
    • 90.9
  • 講師がとても良い・良い
    • 98.0

※平成25年4月~平成26年3月


関連研修
一般的な研修例
プレゼンテーションに特化した研修例
内製して研修テキストを作成する研修
研修体系とカリキュラムの作成研修
講師養成研修~資料作成・インストラクション強化編(1日間)
研修体系構築研修 ~ワークショップ編(半日間) 
研修体系構築研修(1日間) 

公開講座講師養成研修

関連研修テーマ
研修会社が作る研修管理システム
研修内製化サービス
現場育成力向上サービス
人材評価コンサルティング
プレゼンテーション研修

関連eラーニング
ミテモの社内講師養成のeラーニングコンテンツ

中堅~リーダー向け研修
中堅社員研修
フォロワーシップ研修
OJT研修
コーチング研修
メンター研修
リーダーシップ研修
問題解決・課題解決研修
企画力研修
ファシリテーション研修
キャリアデザイン研修

インソースの年間実績
  • 実施回数
    • 9,715
  • 企業内研修
  • 8,275回
  • 公開講座
  • 1,440回
  • お取引社数
    • 8,368
  • 受講者数
    • 27万
  • 内容評価
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価
  • 大変良かった
    良かった

※平成25年4月~平成26年3月

 

研修実績をもっとみる


インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

今注目の
研修ランキング
  1. クレーム対応研修
  2. 現場リーダー研修
  3. プレゼンテーション研修
  4. コミュニケーション向上
  5. 部下指導・OJT研修

2014年8月1日更新

詳しくはこちら

研修カレンダー
インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。