節電力強化研修(半日間)

2213節電力強化研修(半日間)

15/03/25 更新


当研修の「ねらい」

以下4つの「節電力を強化するポイント」を学ぶことで、組織全体をあげての節電力強化の実現に役立てていただくことを目指す研修です。

①電子機器、電力についての基礎知識を持つ
②周囲の機器の電力や照度(明るさ)を実測し、課題を認識する
③心がけではなく、具体的な数値化した改善策を策定する
③周囲を巻き込んだ徹底的な行動計画を立てる


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.アイスブレイク
     チーム名、リーダーを決める
    ※以降、グループワークを基本として研修を実施
ワーク
  • 2.節電に関する仮説を立てる
     自分の節電アイデアを策定し、その効果を予測する
    ※知識をつけ、行動すれば節電ができる事を確認します。
ワーク
  • 3.電力不足・地球温暖化の実態を知る
    (1)現在の電力不足の実態~失われた電力量を知る
    (2)地球温暖化の実態~地球温暖化防止条約
講義
  • 4.節電関連知識をつける
    (1)周囲の機器に必要な電力量を知る
    (2)オフィスなどに必要な明るさを知る
    (3)さまざまな節電方法を知る
講義
  • 5.電力量や照度を実測する
     ワットチェッカーや照度計を使い、電力量や照度を測定してみる
    ※実測することで節電への意欲をさらに強化します。
ワーク
  • 6.節電の注意~節電が原因の事故、トラブルを防ぐ
    (1)正しい蛍光灯の抜き方
    (2)その他節電に関する諸注意
講義
  • 7.組織で考える節電
    (1)節電は業務改善
    (2)個人では限界、周囲のメンバーの巻き込み方を学ぶ
講義
  • 8.節電企画を立てる
     高い目標の企画を立てると同時に絶対に達成できる工夫を考える
ワーク
  • 9.行動計画を立てる~明日からの目標をたてる
    (1)3週間の行動計画を立て、行動計画シート作成
    (2)発表会
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

電力に関する知識を身に付けるだけでなく、電力や照度を実測することで具体的な節電計画を立てることができるカリキュラムです。また、研修時間中に行動計画書を作成し、必ず実行できる内容となっています。

■開発の経緯
東日本大震災後の電力不足に対応するための節電対策として、オフィスの蛍光灯の電球を4割ほど抜きました。私の目には十分明るく感じるのですが、安全衛生上問題があってはならないので、明るさの基準を調べてみると、以下の様になっています。

・ディスプレイ画面上における照度は500ルクス以下
・書類上及びキーボード上における照度は300ルクス以上

出典:VDT作業(パソコンなどで実施する文書作成やプログラミングなどの作業)における労働衛生管理のためのガイドライン
(平成14年4月5日厚生労働省)

実際に照度計でオフィスの明るさを調べてみると、4割減らしても、400~500ルクスで十分な値となっており、むしろ適正になったと言って良い状態でした。調べてみるとほとんどのオフィスはJISの照度基準の750ルクスにあわせて設計されているため、極めて明るいのが実態の様です。
それらの経験を踏まえ、現状を知れば、改善できると考え本研修を開発しました。

■関連ページ
節電で蛍光灯を抜く際のポイント
蛍光灯を抜いても暗くない!‐実際に明るさを測ってみました
インソースが作った節電チラシ‐ダウンロードはこちらから

実績と受講者の声

実施、実施対象
2013年 4月     19名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
89.5%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 講習内容、進め方は非常に良かったです。ロールプレイングも楽しくできました。ありがとうございます。
  • わかりやすい研修ありがとうございました。講師の人柄がよかったです。

実施、実施対象
2013年 2月     16名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.8%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今日学んだ事を、再度、自分自身で整理をして、4月から新たな取り組みにチャレンジして、課内のチームワーク、一人一人のやる気を引き出していきたいと考えます。
  • 目標管理制度に限らず、組織運営全般に有益な研修でした。ありがとうございました。

実施、実施対象
2012年 9月     6名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務改善プロセスを一通り学べた点がよかった。最後の演習でスムーズに改善案を出せなかったが、日頃から改善フローを念頭に置いて、提案できるよう心がけたい。
  • 非常に参考になりました。今後の業務に生かしていきたいと思います。目標、提案は具体的に表すことを心がけていきます。
  • むずかしい言葉を使わずに話をしていただけたので、わかりやすかった。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



業務改善研修の評価
年間総受講者数
9,394
内容をよく理解・理解
91.1
講師がとても良い・良い
89.7

※2016年4月~2017年3月

関連研修
一般的な研修例
業務改善活動コンサルティング
病院向け業務改善研修例
業務フロー作成研修例
Business Improvement (Kaizen) Course(One day) 業務改善研修
Improving and activating your workplace environment ~Applying The 5S Method (One day) 職場改善5S研修
会議改善研修 会議を効率化する編(半日間)

公開講座業務改善研修
関連研修テーマ
ナレッジマネジメント研修
仕事の進め方研修
タイムマネジメント研修
マニュアル作成研修
整理力向上研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。