人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

研修の目的・特徴

■業務改善は「大変」?

「業務改善」と聞くと、本来の業務に追加して時間を割いて取り組まなければいけない大変なもの、通常業務が忙しいときには計画だけで終わってしまうもの、と敬遠する人がいるかもしれません。「いつか取り組まなければならない」とは頭では分かっていても、なかなか着手できていない職場も少なくないでしょう。
しかし、本当に業務改善は「大変」なものなのでしょうか。

■業務改善は、すぐに始められるもの

業務改善は、日々の「ムリ」や「ムダ」、「ムラ」に気づくことから始まります。管理職やリーダーはもちろんですが、新人や若手でも、こうした「ムリ・ムダ・ムラ」に気づくことができ、そこに改善マインドがあれば、誰でも手軽に業務改善に取り組むことができるものです。
「ムリ・ムダ・ムラ」が日常業務からなくなれば、日々の業務が円滑に運ぶようになり、結果として、恒常的に生まれていたミスやトラブルがなくなり、その対応やリカバリーにかける手間や時間も削減ができます。働くメンバーのストレスも軽減できるのです。

【派遣】少しの工夫から始める業務改善研修~みんなが働きやすい職場づくり

■やみくもに手をつけて秩序を乱してしまうことがないように

職場のマニュアルやオペレーションには、それが決まった背景があります。一見、「ムダ」に見える業務プロセスでも、もしかしたらリスク対策として導入が決まった背景があるかもしれません。それを知らずに業務の進め方を変更してしまうと、「改善」どころか「改悪」になってしまいます。かといって、背景にばかり気を遣っていては、改善活動は前に進んでいきません。結果、「いつか余裕ができたときに取り組もう」と時間だけが過ぎていきます。

こうした事態を防ぐためにも、以下の2点が職場の業務改善の肝だと言えます。

1.職場のメンバーが業務改善を日々の業務と認識すること

「ムリ」「ムダ」「ムラ」に気づいたメンバーが率先して動き、上司や他のメンバーに提案することを日常とすることが必要です。新人や若手は「こんなことをしていいのだろうか、言ってもいいものだろうか」とせっかくの気づきを隠してしまいがちです。改善に着手し、気づきの共有当たり前とするチームの構築が必要です。

2.改善に取り組むメンバーの改善手順の理解

いざ改善に取り組もうと思っても、具体的にどのように改善を進めていったらよいのかがわからず、座礁に乗り上げてしまうことはよくあることです。改善を進めるためには、自分自身とメンバーが、業務改善の手順・進め方を理解していることが必要です。

【派遣】業務改善研修 ~標準編(1日間)
【派遣】業務改善研修 変化に対応し、働き方改革を実現する(1日間)

研修ラインナップ

インソースの業務改善研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

本研修は通常1日か2日でご検討いただいております。なかには数ヶ月や1年間という期間の中で定期的にフォロー研修等を実施するケースも増えております。単発の研修で終わらせずに、コンサルティングに近い立場で具体的な成果を出るところまでお手伝いさせて頂くことも非常に増えておりますので、何なりとお問い合わせください。

【ノウハウ・スキル編】


魅力的な講師

現場で数多くの業務改善を実践し、成功も失敗も経験のある講師が研修を実施いたします。
業務改善については、具体的でイメージのしやすい事例を多く持っている講師が適任と考えております。受講者層や改善目的を踏まえた視点で経験豊富な講師をご紹介させて頂きます。

受講者の声

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ