コミュニケーション研修 ~コミュニケーションの土壌作り編(1日間)

0677コミュニケーション研修 ~コミュニケーションの土壌作り編(1日間)

17/09/20 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

相手の意図を汲み取り、自分の伝えたいことをスムーズに伝えるために、下記のスキルの習得を目指します。

①円滑なコミュニケーションの土壌となるきっかけ作りを意識する
②相手の言いたいことに、耳を傾けて、しっかり「聴く」
③相手の立場を配慮しながら、言いにくいことを伝える

組織変革やリスク管理にも触れることで、次世代リーダーとしての意識付けを図りながら、明日から使っていただけるコミュニケーションスキルを習得します。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
  内容 手法
 
  • 1.アイスブレイク
     ~自己紹介、チームリーダー、チーム名を決定
ワーク
  • 2.求められるコミュニケーション力とは
    1. 理想の「コミュニケーション」とは何か
      「自分の成長を支援してくれた上司・先輩は、自分に何をしてくれたか?」
    2. コミュニケーションの土壌を作るひと工夫【考え方のヒント】
      ①相手を必ず名前で呼ぶ
      ②何気ないことも口に出して表現
      ③笑顔でいる
      ④当たり前の挨拶を当たり前にする
      ⑤職場に目を向けて観察する
    3. コミュニケーションの垣根をはずす
      ~コミュニケーションのきっかけ作り・心情理解 自分の感情を率直に伝えること、ほめること・叱ること
講義
ワーク
  • 3.「聴く」スキル=「傾聴力」のポイント
    1. 「聴く」スキルとは?
    2. 「聴く」ための心構え ~「聴く」ペースと間の取り方
    3. 相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは?
講義
  • 4.「訊く」スキル=「質問力」のポイント
    1. 「訊く」スキルとは?
    2. 「訊く」のポイント
    3. 「訊き方」の種類
    4. 相手が話しやすさを感じる「質問」をするために
講義
  • 5.アサーティブ・コミュニケーション
    1. 組織変革~周囲に働きかけ多くの人を動かすコミュニケーションの有効性
    2. リスク管理~コミュニケーションから生じるリスク
    3. アサーティブ・コミュニケーションとは
    4. 【ケーススタディ】
      業務効率の悪い仕事の進め方をしているメンバーを注意するには
        ①アサーティブ・コミュニケーションの手順と技法
        ②ケース別アサーティブ・コミュニケーションのポイント
         ア.よく知っている人に意思を伝える場合
         イ.反対の意見を言っている人に意思を伝える場合
         ウ.感情的にならないように、後輩に意思を伝える場合
講義
ワーク
  • 6.まとめ
講義
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からひとこと

本研修のロールプレイングでは、観察役の方からの的を射た指摘やコメントがたくさん出され、お互いに学び合おうという姿勢が常に見られます。また、講義と様々なワークを通じて、「きく」スキルが磨かれ、コミュニケーション能力が一層高まります。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 9月     29名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.6%
講師:大変良かった・良かった
96.6%
参加者の声
  • 【午前】具体的な技法も交えての講義でためになりました。明日からの自分の行動でどのように相手(部下)が変わるのかたのしみです。
  • 【午後】アサーティブとIメッセージは自分の中にあまりない思考でした。相手の事を考えすぎてしまい、自分の意見が言えないので、今後はこの考え方を少しづつでもいいので言えるように努めたいです。
  • 【午前】資料に沿い確認しながら進めておられたため。
  • 【午前】一方的に話を聞くだけでなくグループワークを通じて自ら考える内容であった。
  • 【午後】互いにロールプレイングしながら学べた。

実施、実施対象
2016年 6月     21名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90.5%
参加者の声
  • コミュニケーションに対してあまり深く考えていなかったのですが、心がけ一つでコミュニケーションを良くできるのだなと感じました。
  • テキストも良かったですが、講師の先生の表情とかが一番参考になりました。
  • なかなか業務の中では学べる事ではないので、すごくタメになりました。
  • 設問一つ一つが短くなく長くなく、丁度良い長さで分かりやすかったから。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



中堅社員研修の評価
年間総受講者数
29,397
内容をよく理解・理解
95.8
講師がとても良い・良い
95.1

※2016年4月~2017年3月

関連研修プログラム
中堅社員としてのフォロワーシップを向上させる研修
上司の判断軸を理解してフォロワーシップを発揮する研修
ビジネスモデル企画研修(1日間)
セルフマネジメント研修 自分で目標管理して成長する(1日間)
中堅社員研修 支援者からリーダーへと成長する(半日間)

公開講座中堅社員研修

中堅社員向け関連研修
OJT研修
フォロワーシップ研修
問題解決研修
仕事の進め方研修
企画力研修
業務改善研修

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。