人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

業務改善研修 ~マニュアル作成で実現する業務改善編(1日間)

0605業務改善研修 ~マニュアル作成で実現する業務改善編(1日間)

16/03/02 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

業務マニュアルは、単なる「仕事の内容を説明するためのドキュメント」にとどまらない可能性を持っています。 本研修では、マニュアル作成を通じて、自分および組織の業務を体系的に見直し、「業務の標準化」さらには「業務改善」の実現へつなげていくことを目的としています。

具体的には、マニュアルを作成するにあたっての基本的な事項を講義で理解いただいた上で、実際に自分の業務マニュアルを作成する演習を実施します。 その作業を通じて、業務の手順・工程の見直し等も並行的に進めます。図面化やPDCAサイクルを活用し、良い意味での「マニュアル主義」を実感していただける内容となっております。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
  内容 手法
 
  • 1.マニュアルについて考える
    (1)なぜマニュアルが必要なのかを考える
    ~全員で考え、意識を統一する
ワーク
  • 2.マニュアル作成の基本
    (1)マニュアルとは
    ①マニュアルとは何か
    ②マニュアルの効能 ~マニュアルをみれば何がわかるか?
    (2)マニュアル作成の狙い
    ①マニュアル作成の狙い
    ②マニュアル作成と業務改善の関係
    ③マニュアル作成の現代的意義
    ④良いマニュアルの条件
    ~前提は手順・工程の見直しと事務の重要性認識
    (3)マニュアル作成の手順
    (4)マニュアル作成の進め方の検討・決定
    ①マニュアルの様式・レイアウトなどの検討・決定 ②その他
    (5)マニュアル対象業務の洗い出し
    ①マニュアルの構成基本型 ②対象業務の層別→「森を見て木も見る」
    (6)フロー図の作成
    (7)マニュアルの説明文作成
    ①マニュアルに望まれる文章構成 ②求められる文章の内容
    ③読み手側の立場から考えると・・・ ④法規的な問題に注意
    ⑤テクニック(文法)のポイント
    ・主語を明確にする
    ・あいまいな単語、形容詞を極力使わない
    ・助詞の重複を避ける
    ・句読点の打ち方
    ・「ですます調」と「である調」の混同をしない
    ・逆接の意味でない接続詞「~が、~」は使わない
    ・代名詞はあまり使わない
    ・受動態は使わない
    ・二重否定は避ける
    ・陳腐化する表現は使わない
    ・差別用語、不快なニュアンスを含む言い回しは避ける
    ・カッコの種類、記号の半角全角などを統一する
    (8)マニュアル活用法~PDCAとの連動
    (9)マニュアルの構成と本体の要素
    ①マニュアルの構成 ②表と図 ③注 ④参照
    (10)JIS規格について
講義
  • 3.ワーク
    (1)チェック型マニュアルのワーク
    (2)業務仕様型のワーク
    ①フロー ②スペック
    (3)リファレンス型マニュアルのワーク
ワーク
演習
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 2月     35名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.3%
講師:大変良かった・良かった
97.1%
参加者の声
  • ワークショップ形式だったことで自分の業務に照らし考えることができたし、また、グループ内の意見を出し合うことで思いつかなかった視点に気づくことができた。
  • フロー図にすることで業務の流れを自分自身でも把握することにつながりスキルアップになることがわかりました。できるところから取りくんでいきたいと思います。
  • 色々なマニュアルがある中現状では「C」「A」が行われていない。これからはまず「C」を行い次の「A」に向けて今回の研修を参考にマニュアルを改善できたらと思います。

実施、実施対象
2015年 11月     52名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.5%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • マニュアル作成の基本的な部分から応用まで学べたので、まずは自分の業務をマニュアル化して仕事の効率化を上げたい。
  • 班で話し合いながら実施したことで参加者の意見を聞きながらマニュアルを作れたので良かった。
  • 自分の業務の振り返りをできたことや、他市町村の方と交流できたことで様々な情報を交換できた。講師の話し方も丁寧で分かりやすかった。

実施、実施対象
2015年 2月     10名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.0%
講師:大変良かった・良かった
80.0%
参加者の声
  • 改めてマニュアルがなぜ必要なのかを理解する事ができました。また、どのような形式が合っているのかを考える事が出来ました。業務に活かせるように課内で話し合ってみようと思いました。
  • マニュアルの内容によって形式を変えるなど、今回知ることが出来てとても良かったです。
  • 所属部署でマニュアル作成しようとしているので、大変有意義な内容でした。勉強はもちろんしますが、マニュアルがあれば最低基準の仕事ができるので頑張って作りたいと思います。

実施、実施対象
2015年 1月     20名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.0%
講師:大変良かった・良かった
95.0%
参加者の声
  • 30年ぶりにフローチャートを書いてみて、業務マニュアルの作成や作業の手順にはフローチャートが重要で分かりやすいことが再認識することができました。
  • 実践を交えて分かりやすい説明だった。今後の業務に活用していきたい。
  • 現在業務において今後業務フローを作成する必要があると考えていたことから、有意義であった。講師の説明もとても良かったと思う。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 9,394
  • 内容をよく理解・理解
    • 91.1
  • 講師がとても良い・良い
    • 89.7

※2016年4月~2017年3月


関連研修
一般的な研修例
業務改善活動コンサルティング
病院向け業務改善研修例
業務フロー作成研修例
Business Improvement (Kaizen) Course(One day) 業務改善研修
Improving and activating your workplace environment ~Applying The 5S Method (One day) 職場改善5S研修
会議改善研修 会議を効率化する編(半日間)

関連研修テーマ
ナレッジマネジメント研修
仕事の進め方研修
タイムマネジメント研修
マニュアル作成研修
整理力向上研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。