人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

BCP・BCM研修 ~「事業継続計画」作成・マネジメント(1日間)

2509BCP・BCM研修 ~「事業継続計画」作成・マネジメント(1日間)

16/02/18 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

想定外の天災・人災によるサプライチェーンの壊滅、想定外の風聞の悪化により、事業の継続が困難になるケースが日常的に発生するようになりました。

そこで、事業継続を困難にする危機的状況への対応として、「事業継続計画」(BCP :Business Continuity Planning)の作成・見直しに注目が集まりました。

本研修では、「事業継続計画」作成の基礎・本質を、日常的かつ実践的なレベルで習得いたします。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.BCP・BCMとは
  • (1)背景
    【参考】BCPを取り巻く歴史とガイドライン
    (2)BCPとは
    (3)BCMとは
講義
ワーク
  • 2.東日本大震災を振り返る
  • (1)初動が適切であったか?
    (2)事業や業務の継続または復旧で何が支障になったのか?
    ※初動の大切さ、インターネットやサプライチェーンが社会基盤である点、あらゆるリスクを想定するのは限界がある点を押さえていただく
ワーク
  • 3.BCP作成の基本
  • (1)BCPの被災シナリオを考える
    ※被災原因が様々でも被災結果に着目し経営資源への影響を検討すれば、ガソリン不足でマイカー通勤ができないのも、計画停電(2次災害)により鉄道が遮断されたため通勤ができないのも、要員不足として対策を考えることになる
    (2)BCP(事業継続計画)作成の流れ
    (3)BCP作成のポイント
    ※BCP作成のフレームワークに従って検討すれば、現状と課題が何であるかが分る点を習得
講義
ワーク
  • 4.BCMの実際
  • (1)BCM(事業継続マネジメント)の12のポイント
    ※危機管理として、現状がどのようになっているかを自己チェックしていただく
    (2)災害対応用品として有効なものは何か?
    (3)首都直下地震に遭遇したら~初動を考え携帯カードを作ろう
    ※初動についての現状と課題を洗い出していただき対策を検討する
    (4)確認テスト
講義
ワーク
  • 5.総合演習
  • 災害事例からBCPの作成方法の基本を習得
    【事例1】
    大規模停電が告知後半日程度の猶予を経て起こり、その状態が1週間に及んだ場合
    【事例2】
    新型感染症の大流行により本社の従業員の大半が1週間以上出社できなくなった場合(支社では通常どおり稼動)
    【事例3】
    火災の発生により、本社ビルにある各種の書類や機関システムが焼失し本社機能が1か月ほど麻痺してしまった場合(要員は確保できる状況)
    ※最も見直したい災害事例を選択しBCPの骨子を検討する
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からひとこと

近年の震災やテロなどの想定外の災害に対して事業が継続できないケースが非常に心配されると思います。
本研修では、そうした災害に対する事業継続計画の作成の仕方、そして、作成した事業継続計画のマネジメントを基礎から実践的なレベルまでの範囲で習得していただきます。
今からBCPに携わる方や現段階ですでにBCPに携わっている方、両者ともお勧めの研修になっています。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2014年 9月     19名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日常では考えることが少なかった非常時の業務遂行のあり方について、整理認識することができました。実行することが大事と思いますので、明後日から取り組みます。ありがとうございました。
  • ISMSのBCP文書を作成していて、作成文書とは違う観点でBCPを見ることができ大変参考になりました。有難うございました。
  • 他の人の意見が多く聞けて良い機会になりました。

実施、実施対象
2013年 3月     17名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.2%
講師:大変良かった・良かった
94.1%
参加者の声
  • ボトルネック(被害と準備のできるもの)から対策を選案・検討していくということがわかった 「何が何でも」とお客様は思われるので、様々提案していきたいと思います。 ありがとうございました。
  • 6つの経営試算の視点は難しかった。結果から対策を立てると効率的に対策を作れるのはよくわかった。
  • グループワークが多く、自分で考えることが多かったので理解しやすかったです。 ありがとうございました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 4,566
  • 内容をよく理解・理解
    • 90.3
  • 講師がとても良い・良い
    • 88.0

※2015年10月~2016年9月


関連研修
一般的な研修例
半日間の研修例
一般職対象にヒューマンエラーを防止するための研修
大学向けリスクマネジメント研修 SNSを理解し、トラブルを防ぐ
コンプライアンス研修 フォローアップ編(半日間)
リスクマネジメント研修 SNSとうまく付き合う編(半日間)

関連研修テーマ
初級管理職研修
中級管理職研修
上級管理職研修
マニュアル作成研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。