管理職研修 ~部下コミュニケーション実践編(1日間)

0359管理職研修 ~部下コミュニケーション実践編(1日間)

17/10/24 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

部下を持つ立場の方たちが共通して持つ、「コミュニケーションの悩み」を解決するための研修プログラムです。

具体的にはまず、部下に対する関心を強く持ち、積極的に関与することがコミュニケーションを機能させる最大のポイントであることを理解いただきます。そのうえで、具体的な部下のタイプやシチュエーションを踏まえて、上司としてどのように対応すべきかを実践的に学んでいただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.なぜ上司の話が部下に伝わらないのか
    【ワーク】 自分の部下が今日やっている仕事を書き出す
    (1)「愛情の反対は憎しみではなく無関心」
    (2)上司に求められる部下に関与する覚悟
講義
ワーク
  • 2.上司と部下の間に広がる「常識」の差
    (1)経験に応じて身に付く知識の差
    (2)過ごしてきた時代背景の違いによる価値観の差
    (3)上司と部下という立場の違いによる優先順位の差
    【ワーク】自分と部下とで「常識」がどのように違うかを書き出す
講義
ワーク
  • 3.タイプ別の部下との関わり方
    (1)目標達成指向型 VS リスク回避重視型~刺さる言葉で効果的に動かす
    (2)意識的バックレ型 VS 無意識ダダモレ型~細かいチェックが不可欠
    (3)優柔不断型 VS 頑迷型~同じことを忍耐強く言い続ける
    【ワーク】自分の部下を6つのタイプに当てはめてみる
講義
ワーク
  • 4.一歩踏み込んで部下を知る
    (1)「仕事とプライベートは切り分ける」の功罪
    (2)カミングアウトシートの活用
    (3)扱いづらい部下の「背景」に踏み込む
     ①ゆとり世代 ②年上の部下 ③コミュニケーション力の弱い人
講義
  • 5.自分の考え方を理解させる
    (1)「言わなくても解かってくれるはず」の幻想
    (2)「共感」は求めずに「理解」させることが必要
    (3)「方針」を「方針」として伝えても伝わらない
    【ワーク】自分の仕事に対する考え方を3分間スピーチで具体的に部下に伝える
講義
ワーク
  • 6.相手の特性に合わせて伝える、確認する
    (1)人は話を「削除」「歪曲」「一般化」して受け取るもの
    (2)ウザいことをウザいと思わせない伝え方
    【ワーク】あるシチュエーションにおいて、部下にウザいと思われないように言うべきことを言う
    (3)タイプに合わせて伝え方、確認の仕方を変える
    【ワーク①】同じ通達事項を人によって伝え方を変えて話す
    【ワーク②】分かったかどうかを人によって訊き方を変えて確認する
講義
ワーク
  • 7.よくあるコミュニケーションの悩みを解決する
    【ケース①】「叱ることができない」
    【ケース②】「意見が対立することが怖い」
    【ケース③】「メールで何でも聞いてくる」
    【ケース④】「SNSでの関わり方が難しい」
講義
ワーク
  • 8.明日からの行動宣言
    【ワーク】部下とのコミュニケーションにおいて、明日から始めることを宣言する
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 11月     31名
業種
医療
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.8%
講師:大変良かった・良かった
96.8%
参加者の声
  • 部下に関心を持つことで、その人の性格を理解し、対策をうつことも必要だと思いました。
  • ワークをしながら考える作業は身になります。また、周りの皆さんの意見も聞くチャンスがあってありがたいです。
  • 仕事をしていく上で重要な要素の一つであるコミュニケーションについて、自分自身の日々の指導について省みることができた。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



中級管理職研修の評価
年間総受講者数
43,005
内容をよく理解・理解
93.7
講師がとても良い・良い
92.2

※2016年10月~2017年9月

関連管理職研修
1日間で実施する一般的な研修例
管理職対象にアセスメントを利用して研修を実施する
管理職研修 コンプライアンスと適正な契約事務手続(1日間)
ベテラン向け若手育成研修 いまどき世代のタイプ別指導法(1日間)
管理職向けコミュニケーション研修 部下との信頼関係づくり編(半日間)

公開講座の管理職研修
ストレスチェック制度
に関するサービス

ストレスチェック制度に関して、弊社でご提案しているサービスをご覧いただけます。

ストレスチェック対応サービスを見る

最新情報ダウンロード

本テーマに関する最新情報(抜粋版)をダウンロードいただけます(同業の方はご遠慮ください)。

資料はこちら→


関連研修テーマ
OJT研修
評価者・考課者研修
メンタルヘルス研修
ハラスメント防止研修
財務研修
マーケティング研修

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー