5

部下を早期戦力化するコツ

人事担当者30のお悩み

悩み
配属後の新人の成長が遅いような気がする。早期戦力化させるためにはどうしたら良いか。
回答
  • できない子ほど、かわいいと思って手塩にかける
  • 1.要因を分析する
  • 2.要因に沿った対処法を取る
  • 3.できない子ほどかわいいと思って手塩にかける

成長が遅いと感じられる要因

成長が遅いと感じられるのは、いくつかの要因があります。

1.【本人の性格に起因】
もっと「できる」のに高いレベルを目指すことをしない。

2.【基礎スキルに難あり】
「基礎固め」が弱いために仕事のプロセスで時間がかかる、他者と行き違いがある等の小さなトラブルが発生し、最終評価が上がらない。

3.【成長モデルがない】
経験年数や年齢に応じて「いつまでにどのくらいのレベルに到達する」というイ
メージが上司と部下で共有されていない。

4.【環境が影響】
周囲が簡単な仕事しか与えていない。

【本人の性格に起因】【基礎スキルに難あり】の対処法

本人の性格に起因する場合でも、基礎スキルが未熟な場合でも、対応方法は同じです。下記の流れを日次や、週次で繰り返します。

1.考え方の基本を説明する。
2.上司・先輩がやってみせる。
3.本人にやらせてみる。
4.結果を報告させて、成果を確認する。できていればほめて、至らないところ
  はやり直しをさせる。

時間の経過とともに本人が要領を掴んでいくことができれば良いのですが、時間のかかる部下もいるものです。よって上司側には、焦らず温かく対応する気持ちの余裕が必要です。

【成長モデルがない】の対処法

「成長モデルがない」場合は月次、あるいは四半期単位などの面談が有効です。周囲からの期待や、目指すべき具体的な指標を与えることで変わる部下もいます。目的や目標、手段について、上司と部下で認識を揃えることが重要です。

【環境が影響】の対処法

この場合は、上司を含めた職場全体の見直しが必要となることもあります。たとえば、必ずしも、最も若い社員が会議の準備をしなければならないわけではありません。順番制に変更してもいいのです。また、困難な仕事でも、能力があれば年次をスキップしてでも担当させるなど、上司があえて、いつもと違う進め方を取ることも一つの「手」です。

最終手段は、対象となる部下の配置転換です。もっと多様な経験ができ、成長に繋がる機会がある部署へ異動させることも検討します。

いずれにしろ、自ら考えて接点を持ち、手塩にかけて「育てる」ということには変わりありません。


今日の仕事に役立つひとこと

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。