insource

インソース

インソースお問合せ窓口

お問い合わせのお客様0120-800-225


出張開催
公開講座の年間実績
受講者数※1
35,530
開催数※1
4,997
講座数※2
1,579種類
インソースの実績
総受講者数※1
38.6万人
お取引先数※3
19,133
  • ※1 2016年4月~2017年3月
  • ※2 2017年3月末時点
  • ※3 2003年6月から2017年3月までに
      当社サービスをご利用いただいた
      お取引先累計
インソースのサービス情報配信
(無料)

下記情報を無料で配信中

無料セミナー、新作研修、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツ

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

登録はこちら
【公開講座】OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編
カテゴリ:部下育成

OJT指導者研修
~新人・後輩指導の基本スキル習得編

17/06/19 更新

このページは公開講座の研修を紹介しています

月間人気研修ランキング 階層別研修推奨プラン 研修体系プラン
  • おすすめポイント

  • OJTの真の目的は、“自分で考えて動ける”自立した人材を育成することです。
    その育成にあたり、重要な3つの要素(「事前準備」「育成計画」「指導」)を学んでいただきます。

    ◆研修のポイント
    ①OJT指導者として求められる役割
    ②組織が求める人材に育てるための「育成計画」の作成方法
    ③業務の指示の仕方、ほめ方や叱り方など指導の方法

  • 対象受講者

    • 対象階層
    • 新人
    • 若手
    • 中堅
    • 管理職
    • 経営層
  • ・初めて業務の指導をする立場となった方
    ・日常の指導がうまくいかないとお困りの方 

    ◆受講される方やご担当者さまのお悩み
     「新人のOJT指導を任されることになったので、手法を学びたい」
     「忙しいため、部下は自分で見て学んでほしい」と部下任せになっている
     「その場その場の指導しかできておらず、部下が思ったように育たない」
     「部下が素直に動いてくれない、覚えてくれない」

  • 講師からのメッセージ

  • 部下育成は得意・不得意ではなく、技術の有無で差が生まれます。
    初めて指導役を任ぜられ、不安に感じていらっしゃる方、また、過去にあまり上手く指導ができなかったと感じていらっしゃる方などにぜひ参加していただきたい研修です。
  • 研修カリキュラム

  • 内容 手法
    • 1.新人・若手の立場になって考える
      (1)当時不安だったこと
      【ワーク】若手の頃に不安だったことは?
      (2)部下・後輩の不安を理解する
    講義
    ワーク
    • 2.OJTとは何か
      (1)OJTとは「On the Job Training」
      (2)「実務能力」を習得させる
      (3)「考え方の軸」を確立させる
      (4)OJTの「準備」
      (5)Off‐JTとの組み合わせ
      (6)OJTトレーナーの役割
      【ワーク】あなたがOJTトレーナーとして、組織から求められている役割とは?
      (7)OJTを始める前にやるべきこと
    講義
    ワーク
    • 3.育成計画を立てる
      (1)ステップごとの目標を立てる 
      (2)目標を細分化する
      (3)指導をプロデュースする
      【ワーク】部下の現状を踏まえた、3ヵ月間の育成計画を立てる
    講義
    ワーク
    • 4.OJTの進め方
      (1)指示の仕方
      (2)指示した内容を確認する
      (3)報告させる、相談を受ける
      【ワーク】上司への報告時に、何となく気後れしてしまうことは?
      (4)効果的なほめ方
      【ワーク】部下・後輩のほめるところを発見する
      (5)「叱る」ということの理解
      【ワーク】注意しなければならないと思いつつ、ためらってしまうことは?
      (6)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
    講義
    ワーク
    • 5.ケーススタディ
      ※OJTトレーナーが悩みとして感じるよくある場面について、対応方法を検討
      ※ケースは受講者に合わせて設定し、事前にご相談のうえ決定
      【ケース1】わがままなメンバーの場合
      【ケース2】メンバーが会社を辞めたいと言ってきた場合
      【ケース3】マネジメントする部下の人数が多い場合
      【ケース4】何度注意しても社会人らしい格好ができない場合
      【ケース5】指示・指導を理解しない場合
      【ケース6】整理整頓ができない場合
      【ケース7】メンバーが自分で考えない場合
      【ケース8】メンバーに仕事を引き継ぐ場合
    ロールプレイング
  • お申込みの手順

    • 下記スケジュールのご希望の講座の「お申込み」ボタンを押して、「公開講座お申込みフォーム」に必要項目をご入力下さい。
    • (1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
    • (2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
    • (3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。
  • スケジュール

  • この研修を受講した方はこんな研修も見ています

  • 受講者の声

  • 研修評価

    内容:大変理解できた・理解できた
    98.7 %
    講師:大変良かった・良かった
    98.5 %

    ※2016年4月~2017年3月

    実施、実施対象
    2016年 12月     13名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 今まで、後輩を指導するときは、業務内容の説明を一方的に行っていたので、相手の話を聴いて、コミュニケーションをとりながら指導していきたいと思います。
    • 部下・後輩とのコミュニケーションの大切さを実感しましたので、できるだけ時間をとって直接話をするよう心がける。ほめる、叱るは難しく、自分自身の課題でもあるため、学んだことを活かしていきたい。

    実施、実施対象
    2016年 10月     13名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 気持ちの切り替えができ、OJTとしてのモチベーションを上げることができました。目の前の失敗やできていないことばかりを注意してしまいがちですが、good jobリストを作成し、ほめることを意識していきたいです。また、後輩だけでなく、上司とのコミュニケーションの取り方にも活かしていきたいと思います。
    • 「叱る」という点にネガティブなイメージがありましたが、「怒る」との違いを認識し、叱る必要性を感じました。部下への指導に活かしていきたいです。

    実施、実施対象
    2016年 9月     18名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 目的や目標とすることを具体化し、コミュニケーションを図りながら、自分自身もスキルアップしたいと思います。
    • 今までOJTに対して不安な部分がありましたが、今回の研修を通して手法等を学ぶことができ、より積極的に取り組んでいけると思いました。ありがとうございました。
    • 各社OJTを担当する方が、どのような考えでトレーナーをしているのか、学ぶことができました。同じようなことで悩み、不安を抱えているメンバーで話し合えたことは非常に有益でした。「叱る」「ほめる」のメリハリをつけて、信頼関係を築きたいと思います。

    実施、実施対象
    2016年 8月     21名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 効率的なほめ方のワークは大変有意義でした。いろいろなほめ言葉を使って、後輩の良いところを伝え、やる気を出して仕事に取り組んでいけるような環境を作りたいと思います。
    • 来月から配属になる新入社員の指導に活かしたいと思います。他にも入社して間もない若手社員もいるので、指導の際に活かせそうです。残念ながらOJTをする側への指導がないため、とてもありがたい機会でした。

    実施、実施対象
    2016年 7月     21名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 受講する前に、頭の中に漠然とあった知識が、具体的に結びついたと思います。
    • DESC法を本日初めて知りました。DとEが一緒になっていたので、今後はこれを活かして実践しようと思います。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

お知らせ

リクエスト開催