評価者研修 高い目標にチャレンジさせる面談編(1日間)

3056評価者研修 高い目標にチャレンジさせる面談編(1日間)

17/11/07 更新


当研修の「ねらい」

組織として成果を出し続けるためには、常に高い組織目標を持つことが重要であり、その目標に沿ってメンバーの成果も積み上げていかなければなりません。評価者には、部下が目標を達成することのできるよう、KPIを用いて管理することが求められます。

本研修では、これまでの目標管理のやり方を振り返ったうえで、部下がルーティン業務に加え、チャレンジングな業務目標にも取り組むような面談の進め方について、ロールプレイングを通じて徹底的に考えていただきます。部下のキャリアに応じた適正な目標設定、取り組みへの後押し、来期につながる評価結果の伝達ができるようになっていただくことを目指します。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.これまでの目標管理の振り返り
    (1)目標管理の課題の共有
    【ワーク】部下の目標設定、目標達成の支援、面談等で課題だと感じることを振り返る
    (2)目標設定の進め方 ~目標の連鎖
    【ワーク】ルーチンの業務以外で、部下にチャレンジさせたい目標を考える
講義
ワーク
  • 2.KPIの設定と管理
    (1)日々部下の仕事をチェックする ~KPIを確認する
    【ワーク①】現在、部下が取り組んでいる業務目標について、部下の目標設定シートを基にKPIを考える
    【ワーク②】前章で考えた「部下にチャレンジさせたい目標」についてKPIを考える
講義
ワーク
  • 3.面談ロールプレイング
    【ワーク】上司として少し物足りなく感じる部下の目標を修正し、達成に向けての動機付けや評価をするための面談を、2人1組(上司役、部下役)に分かれて行う
    (1)1回目のロールプレイング
    (2)2回目のロールプレイング
    【ワーク】部下の考えを変え、方針に従ってもらうにはどのように伝えればよいかを考える
    (3)ディスカッション
    【ワーク】期中面談や期末面談でどんなことに注意をしたらよいかグループで話し合う
ワーク
  • 4.【参考】目標面談の仕方の再確認
    (1)面談のポイント
    (2)面談におけるアサーティブコミュニケーション
    (3)面談の流れ(目標設定面談を例として)
    (4)話す内容を整理する ~面談の前に
    (5)部下の話を聴く
    (6)質問をする
    (7)自分の評価を部下に伝える(評価面談時)
講義
  • 5.【参考】目標管理をなぜ行うのか?
    (1)目標管理とは何か?
    (2)目標管理を行う6つの理由
    (3)目標達成への動機付け
講義
  • 6.【参考】目標設定の具体的方法
    (1)目標設定の基本ルール ~トップから担当者までの目標の連鎖
    (2)明確な目標を設定する ~SMARTの法則
    (3)目標設定の実務的なポイント
講義
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

「部下の立ててくる目標が低すぎる」、「あいまいな目標しかたてられない」という悩みは多く聞かれます。
評価者は部下の目標を適正な目標に修正し、部下の成長のために常に高い目標を意識し、挑戦させる必要があります。
この研修では、部下に目標を達成させるためのKPIの設定と管理、達成に向けての目標設定や評価をフィードバックする際の面談に特化し、制作・企画しました。
部下役・上司役ともに詳細な設定を設けることでより実践に近い内容となっています。

講師からみた研修の様子

各受講者様とも明るく研修に取り組んでおり、評価制度に対し真摯に取り組もうとする意思がうかがえました。皆様高い当事者意識をお持ちだと感じました。
本研修では、評価面談について取り上げ、基本的な考え方をご理解いただきました。
自社内で勉強会もされているということなので、評価結果の調整等もそのような場で実施していただきたいと思います。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 2月     44名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.7%
講師:大変良かった・良かった
95.5%
参加者の声
  • 現在、仕事のやり方、内容に対して見直さなければならないと感じているところだったので、今日の研修はとても参考になった。
  • コミュニケーションは何にしても大切だと感じました。自分がやるべきだと思ってやっていたことを、部下への役割として行なってもらうことも必要だと感じました。
  • 当然のことも普段の仕事の中で、置き去りにしてきていることもあり、再認識させられたことや、グループで実施したことでいろいろな考え方を聞くことができた。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



評価者・考課者研修の評価
年間総受講者数
37,693
内容をよく理解・理解
90.8
講師がとても良い・良い
89.8

※2016年10月~2017年9月

関連研修
一般的な研修例
評価者と被評価者が合同で実施する研修例
評価面談の仕方研修
人材評価制度のコンサルティング支援
ミテモの評価者・考課者研修のeラーニングコンテンツ

公開講座評価者研修

関連研修テーマ
管理職研修

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー