OJT研修 ~育成担当者サポート力強化編(1日間)

0460OJT研修 ~育成担当者サポート力強化編(1日間)

17/09/13 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

育成担当者の上位者が、育成補助者として計画的なOJTの実行および育成担当者自身の成長をサポートするスキルを身につける研修です。

育成方針の立て方と結果の評価方法や、育成過程の様々な局面に対応するコミュニケーション力・判断力を身につけていただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
  内容 手法
 
  • 1.育成補助者の役割認識
    <何を期待され、求められているか>
    (1)立場を変えて考える
    【演習】
    ①組織から育成補助者には何が求められているのか?
    ②部下・後輩はOJTに何を期待しているのか?
    ③育成担当者から育成補助者には何が求められているのか?
    (2)OJTの意義 ~組織にとってのOJT・人材育成の意義
    (3)あなたに求められている役割とは 
    ①育成補助者に求められること  
    ②育成担当者/育成補助者それぞれの役割の再確認
講義
ワーク
  • 2.育成補助者に求められるもの
    <育成のベクトルを合わせる>
    (1)組織理念・仕事の本質の徹底  
    ~人材育成を通して「考え方の軸」を現場に伝播する
    (2)育成担当者と育成方針のベクトルを合わせる
    (3)育成担当者にOJTへの動機づけを図る
    【演習】自分が過去に出会った上司、指導者から、最も強く動機づけられた経験を書き出す
    (4)育成担当者との情報を共有する
講義
ワーク
  • 3.育成方針を立てる
    <方針の決定方法と結果の評価方法を学ぶ>
    (1)OJTで部下・後輩が困る具体例
    指導中に発生する問題例から、起こりうる状況をイメージ
    (2)目標値の設定方法
    【演習】ゴールを明確にし、目標達成に必要な要素を洗い出す
    (3)OJTを進行するためのプロセスの洗い出し
    【演習】OJTのプロセスを洗い出す
    (4)育成方針を立てる
    【演習】
    ①新規採用者が担当する仕事の洗い出し
    ②自部署の育成方針を設定する
    (5)OJT結果を評価する  
    【個人ワーク】評価・フィードバック
    育成担当者から提出されてきた育成面談シートを読み、育成補助者所見欄に所見を記入する
講義
ワーク
  • 4.求められるコミュニケーション力
    <育成担当者の教育方法を実践的に習得する>
    (1)指示の仕方
    (2)助言・援助の仕方
    (3)報告のさせ方・受け方
    (4)不平不満の受け止め方
    (5)現場育成におけるコミュニケーションスキル
    【演習】①きくスキル ②ほめる ③叱る
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    【演習】育成担当者のタイプ別指導方法
    (例)育成担当者が忙しく、指導時間を作れない場合の対処
ワーク
  • 6.まとめ
講義
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 10月     16名
業種
医療
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.8%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下の指導にすごく役立ちました。一人の役職では組織はまわらないのでいかに組織の考えを伝えるかが重要と思いました。説明を行うことをつねに心がけたいと思いました。
  • OJTとOff-JTを効果的に組み合わせることが自分にとって大きな課題なのですが、本日他の管理職の方ともお話し出来たので、このコミュニケーションを大事にして課題達成したいと思います。
  • “相手の口から言ってもらうことで「他人事」から『自分事』になる”ということ大変納得できる言葉でした。さまざまな場面で活用していきます(部下指導以外にも活用できると思います。

実施、実施対象
2015年 8月     20名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.0%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下とのコミュニケーションを日頃から日常的にとることで、信頼関係を構築し、ボトムアップなどを促進し、育成に心がけたい。
  • これから職員を評価してゆく中での対応が詳しくわかった。また業務をしてゆく中での対応も理解出来た。
  • 毎日の行動、話を聞くことの重要性について再認識したので、今後の業務(勤務)では気をつけたい。

実施、実施対象
2013年 8月     23名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分に求められている役割を明確にすることができました。職場に戻って必ず活かしたいと思います。分かり易くご説明いただきありがとうございました。
  • 中堅~ベテランとしてのまとまった必要事項を教えていただきありがたかったです。現在の状況からは不相応な内容と事前に感じていましたが、改めて反省すべき点や考え直す機会になりました。講師のお話は体験談も含めて大変分かりやすく親しみやすい“教え”でありがたかったです。ありがとうございました。
  • つい忘れがちな内容が多かったので節目に限らず、定期的に行っても良いと思った。
  • 講師の講義でのふるまい自体が非常に役立つと感じられました。声の大きさ話し方を学びとれました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



OJT研修の評価
年間総受講者数
17,924
内容をよく理解・理解
96.9
講師がとても良い・良い
96.2

※2016年10月~2017年9月

関連OJT研修
一般的な研修例
OJT担当者の上司向け研修例
OJT研修のフォローアップ
部下とのコミュニケーション実践研修 多様化する部下への関わり方(1日間)
部下指導力強化研修 怒りのマネジメントの手法を身につける(半日間)
OJT指導者研修 中途採用社員を即戦力にする編(1日間)

公開講座OJT研修
関連研修テーマ
メンター研修
新入社員研修
現場育成力向上サービス

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー