当研修の「ねらい」

後輩指導の重要性の理解と、成長を促進する後輩との関わり方の習得を目指す研修です。

具体的には、指示の仕方、助言の仕方、ほめ方や叱り方など、指導スキル全般を身につけます。最後にはよくあるケーススタディを通じて、これらのスキルをアウトプットし、現場でも実践できるようにします。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
  • 1.はじめに
    ~「今回の研修」の方向づけと「自己認識」
講義
  • 2.OJT担当者の役割認識
    ~後輩を育てるのはあなたの仕事です 
    1. あなたが果たすべき役割
    2. 後輩に任せていきたい仕事
講義
  • 3.効果的なOJTの進め方
    1. 指示の仕方
      ①効果的な仕事の頼み方を考える
      ②仕事を依頼するタイミング
      ③仕事を割り振る準備
    2. 質問への答え方
    3. 助言・援助の仕方
    4. 報告のさせ方・受け方
      報告用フォーマット作成演習
      ~何を、いつ、どのような報告させれば良いかを考える
    5. 不平不満の受け止め方
    6. 効果的なほめ方、叱り方
      ①「ほめること」の効用 ~ほめ言葉が人を動かす
      ②ほめる基本・効果的なほめ方
      ③「ほめること」実践講座
      ~「自分が言われて嬉しい言葉、褒め言葉リスト」作成実習
    7. 「叱る」という事の理解
      ①叱り方の「手順」の理解
      ②「叱ること」実践講座
      ~「自分が納得できた叱り方リスト」作成実習
    8. OJT育成担当者としてコミュニケーションする
      ~「新入社員との対話チェックシート」作成解説
講義
ワーク
  • 4.聴くスキル
    ~上司、後輩とのコミュニケーションを円滑にするために
    1. 「聞く」と「聴く」の違い
    2. なぜ聴くことが大切なのか?
    3. 聴き方のポイント
    4. 聴き方のワーク
講義
ワーク
演習
  • 5.実践ケーススタディ

    ~よくある困ったケースについてロールプレイング
    事前課題の集計結果をもとにケーススタディを弊社にてご用意【2題】

講義
演習
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

コメント

講師からひとこと

OJTに関する悩みの本質は「何をどう教える」というテクニックよりも、基本的なコミュニケーション不足によるものがほとんどです。研修では、年代や価値観などが異なる部下に対し、少しでも歩み寄る気持ちの重要性を理解し、演習をとおして実践的に学んでいきます。

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

実績と受講者の声

2016年 4月     17名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーションを図るにあたり、悩ましい事もありましたが、本日の研修で多くの事が解決できました。内容全てが興味深く、有意義な時間を過ごさせて頂きました。
  • ディスカッションを通して、自分だけでなくほかの人の考えなども聞くことが出来、多種多様の解釈や、対応方法があるんだと学んだ。新人に対しても、その子の個性を活かしで伸ばしてあげる事が大切だと感じました。
  • 新人の発言の聞き出し方などはお客様のニーズを細かく聞き出すことに活かせると思いました。

2015年 11月     21名
業種
製造業(運送用機器)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の今までの振り返りと、後輩への伝え方、考え方を講師と他の受講者から学んだ。自分とは違う考え方の人(後輩)に、いかに意義を伝えていくか考えながら指導したい。
  • 前半~中盤まででOJTの基本的な考え方を学び、最後に具体的なケーススタディに結びついており、分かり易かった。部下をつきはなしてばかりではなく、話と考えを聞き、適せつな指導をしていきたい。
  • とても分かり易くて良かった。グループワークで他のメンバーと意見交換をする中で得られた知識で、違った視野でも今後対処できるようにしていきたい。

2014年 5月     51名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
98.0%
講師:大変良かった・良かった
98.0%
参加者の声
  • とても楽しい、そして為になる時間でした。ありがとうございました。異職種の方々との交流もあり、仕事は違っても人を育てることは同じだと感じました。自分をふりかえる良い機会でした。
  • グループになり他の職場の方々と知恵を出し合ったり、意見交換ができ有益でした。職場に持ち帰りみんなと一緒に育てようと改めて思いました。荷が重いと感じていましたが、少し楽しんでやってみようと思います。
  • 指導担当になり、自分自身も未熟なため日々不安でしたが、少し気持ちが楽になりました。新人さんと一緒に頑張っていこうと思います。

2013年 6月     86名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 仕事や様々な物事に対応する際には、自分の幸せや相手の幸せを考えの軸として、考えられる総合プロデューサーになります。
  • メリハリの効いた講義で、常に頭を回転させることができた。グループワークも一つ一つが大きすぎない設定で取り組みやすかった。
  • 充実した研修を受講することができました。今後、テキストを見返しながら、リーダーの役割を全うしていきます。

2013年 3月     25名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.8%
参加者の声
  • 日頃自然と行っている取り組みを体系立てて考える機会となった。4月からの責任は重いが、私の体重も負けてない。健康への取り組みと並行して、研鑽に努めていきたい。
  • 部下とのコミュニケーションについて、部下が不安を覚えないよう、いい意味で目を配って、上司として仕事を進めていきたい。人は財産であり、部下を育てることが管理職の仕事であり、部下の育成を図るため、どのようなことができるかを考えていきたい。
  • とても理解しやすい話し方、進み方だった。現在、保育園に勤務、子供たちにも、何かはじめる時は今日は何と何を順にこうして、時計をみせながら、ここまではこことか、絵をみせて、次の行動へと進めています。大人もそのスケジュールがわかると、安心して研修をうけることが出来ると、実感しました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください




OJT・部下指導研修の評価
年間総受講者数
18,215
内容をよく理解・理解
97.1
講師がとても良い・良い
96.3

※2016年4月~2017年3月

関連OJT研修
一般的な研修例
OJT担当者の上司向け研修例
OJT研修のフォローアップ
部下とのコミュニケーション実践研修 多様化する部下への関わり方(1日間)
部下指導力強化研修 怒りのマネジメントの手法を身につける(半日間)
OJT指導者研修 中途採用社員を即戦力にする編(1日間)

公開講座OJT研修
関連研修テーマ
メンター研修
新入社員研修
現場育成力向上サービス

関連階層研修
中堅社員研修
フォロワーシップ研修
OJT研修
コーチング研修
メンター研修
リーダーシップ研修
問題解決・課題解決研修
企画力研修
ファシリテーション研修
キャリアデザイン研修

キャンペーン情報
東証一部上場キャンペーン
ストレスチェック乗り換えキャンペーン
土曜日開催スキルアップ研修特別開講!通常価格より30%OFF!
公開講座新作半額キャンペーン