人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

0463OJTリーダー研修 ~現場育成力向上編(1日間)

OJTリーダー研修 ~現場育成力向上編(1日間)

当研修の「ねらい」

若手社員の自立・戦力化を促進するための育成計画の立て方、部下との接し方を身につける研修です。

具体的にはまず、OJT担当者に求められる役割と心構えを理解します。そのうえで、育成計画の作成や育成に関するリスクの洗い出しを行い、OJT指導の準備の仕方を理解します。さらに、指示の出し方・報告のさせ方といった部下との接し方を身につけます。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
  • 1.OJT担当者の役割を多面的に考える
    <OJT担当者を多面的に考える>
    (1)あなたが上司だったら、OJT担当者に何を期待しますか?
    (2)あなたが新入社員だったら、OJT担当者に何を期待しますか?
ワーク
  • 2.OJTとは何か?
    <OJT担当者を理解する>
    (1)OJTとは?
    (2)OJTの本質 ~「考え方」の軸を認識させる
    (3)「準備」と「継続」の重要性
    (4)計算されたOJT実施のために
    (5)教え方をプロデュースする
    ~周囲を巻き込み、職場全体で育成する
講義
  • 3.OJT担当者に求められるもの
    <OJT担当者の役割認識を向上させる>
    (1)組織理念・仕事の本質理解
    (2)強力なリーダーシップ
    ~自信に裏打ちされたリーダーシップを発揮する
    (3)覚悟と責任感
    (4)自己理解
    【ツール】「自分振返りシート」・「自分の仕事棚卸シート」
    ~企業理念に応えるためにすべきこと、自分のスキルの習得度・改善点を洗い出す
講義
ワーク
  • 4.OJTの進め方① ~現状を把握し、計画を立てる
    <OJT指導の準備に必要なものを理解する>
    (1)部下・後輩の現状把握 ~具体的・多面的に把握する
    (2)リスクの洗い出し
    ~部下・後輩が遭遇しうるリスクと指導内容を想定する
    (3)育成計画目標を立てる
    ~目標・具体的内容・指導適任者を明確にする
    【ツール】「考え方を理解させるシート」
    (4)「考え方」の共有 ~仕事の意味と目的を新入社員に理解させる
講義
ワーク
  • 5.OJTの進め方② ~指示の出し方・報告のさせ方
    <部下への指示の出し方・報告のさせ方を習得する>
    (1)指示の出し方
    【ツール】「意味」教えるシート
    (2)報告・相談を受ける ~部下が報告しやすくなるためのコツ
    (3)「ほめる」ことの効用ポイント
    (4)「叱る」ということの理解と手順
    (5)部下との「対話」のポイント
    【ツール】「部下との対話チェックシート」
講義
ワーク
  • まとめ
講義
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

コメント

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 3月     22名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.5%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 指導者一人の考えではなく、職場としての考えを共有するべきということに気付いたので、そこをしっかりと相談していこうと思います。
  • ご自身の体験をふまえてのお話だったこともあり、とてもわかりやすく、また自分におきかえることができました。グループワークで自分の考えを再認識できました。
  • OJTの目標の再確認と目標を達成するために手法を再確認し、効率よく指導できるようにしたいです。

実施、実施対象
2015年 8月     30名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ほめることは難しいと感じていましたが、「自分はどういうときにうれしかったのか」を思い起こすと実践できることも多いと思いました。
  • 人を動かすためには自分もよく考えなければならない。業務の本質、意味を理解し、人に伝えられるようにする。
  • 明日から何かしら1人1つずつほめる(信頼、承認、ねぎらい、感謝)の言葉をかけていきたい。

実施、実施対象
2015年 7月     21名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 対人のコミュニケーション1つにおいても、様々な言い回し方や話しやすい環境作りなどがあり、育成をするにも手法が大切であることを改めて知ることができた。
  • 今日から活用できる小さなことから、半年、一年かけて成長していくべきことを学べたので、意識しながら、「何か変わったな」と思われるようになりたいです。
  • 後輩の仕事に今まで以上に観察し、ほめる、叱る等の指導を行い、成長していくように取り組みたい。

実施、実施対象
2015年 6月     14名
業種
官公庁関連団体・組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 新人、若手の立場になって指導していく自覚はこれまでもあったが、何をどのようにといった段階的な具体案は乏しかったので、育成計画目標シートを活用しながら、新人職員への指導、育成を行っていきたいと思う。
  • 新人だけではなく、部下への指導や育成にも活かしていく。また、育成する上で具体的に挙げていくことの大切さも改めて実感した。
  • 指示の仕方をより具体的に行い、新人職員に対し仕事へのイメージが湧くように動きやすくなるようにしていけるよう工夫したいと思う。

実施、実施対象
2014年 5月     23名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.3%
講師:大変良かった・良かった
95.7%
参加者の声
  • 最近の若手職員に対してどのように育成していくのかということが課題であったので、今回の研修は非常に有益であった。時代が変わっており、「見て覚える」という時代ではなく、育成する側の責任が大きくなっているのだと痛感した。
  • わかりやすい説明でポイントがつかめました。具体的に自分が何をするべきかについて学べました。自己の貢献目標にも合致する部分もあったので、とても有益でした。
  • 経験に基づく講義は大変興味深く、思わず引き込まれました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください