当研修の「ねらい」

OJTの目的は、「実務能力」の習得と、自ら考えて行動するための「考え方の軸」の確立であり、それを実現するためにはOJT担当者による「準備」「継続」「計算」が不可欠です。本研修では、その前提のもとに、正しい育成計画の作り方と正しいOJTの進め方を学んでいただきます。

具体的には、「ステップごとに目標を立てる」「目標を細分化する」など、育成計画作りのポイントを学んだうえで、実際の部下・後輩の現状を踏まえた3か月間の育成計画を作成します。
また、報告の受け方や指示の仕方、ほめ方・叱り方」など、具体的な指導方法を学んだうえで、ケーススタディを用いた指導ロールプライングを行い、実践的な指導力も身につけます。
なお、2日目については、OJT指導者と新入社員合同で研修を行い、OJTについての共通認識を図るとともに、お互いの関係を深めていきます。


研修プログラム例

研修プログラム例(1日目)
内容
手法
  • 1.なぜOJT研修が必要なのか?
    (1)育成する「新入社員」は自分たちとは世代が異なる
    (2)「自分の育てられ方」をそのまま当てはめられない現実
    (3)世代ギャップを埋めるには「上司・先輩」の歩み寄り
講義
  • 2.『今』の新入社員を知る   
    (1)今の新入社員の強み
     ①指示には素直に従う ②勉強好き ③情報収集能力が高い
    (2)今の新入社員の弱み
     ①判断軸が「自分」のみ ②深く考えることが苦手 ③打たれ弱い
講義
  • 3.今の新入社員が抱く不安   
    (1)【演習】自分が新入社員だった際に入社時に抱いた不安は?
    (2)今の新入社員は仕事よりも人間関係を不安に思う
ワーク
講義
  • 4.新入社員の立場になって考える
    (1)【ワーク】新入社員の頃に不安だったことは
    (2)不安のもとは不慣れな「仕事」と「人間関係」
ワーク
講義
  • 5.育成担当者の役割認識 ~OJTとは何か
    (1)OJTとは (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる
    (4)OJTは「準備」、「継続」、「計算」 (5)Off‐JTも大切
    (6)育成担当者の役割
     【ワーク】あなたが育成担当者として、組織から求められている役割とは?
    (7)育成担当者に求められるもの
ワーク
講義
  • 6.育成計画を立てる ~OJTの全体像を把握する
    (1)ステップごとの目標を立てる
    (2)目標達成の具体的内容を設定する
    (3)具体的指導を行う適任者を割り振る
     【ワーク】(部下の現状を踏まえた/配属後)3ヵ月間の育成計画を立てる
講義
ワーク
  • 7.新入社員との接し方
    (1)指示の仕方
     【ワーク】考え方の軸を伝えるワーク
    (2)指示した内容を確認する
    (3)報告させる、相談を受ける
    (4)効果的なほめ方
     【ワーク】部下の一人を想定し、ほめるところをできる限り洗いだす
    (5)「叱る」ということの理解
    (6)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
講義
  • 8.上長と育成担当者の連携
    (1)上長への進捗報告を行う
    (2)進捗の共有と改善点の検討
ワーク
  • 9.ケーススタディ
    ※育成担当者が悩みとして感じるよくある場面について、対応方法を検討
    ※ケースは受講者に合わせて設定し、事前にご相談のうえ決定
    【ケース】わがままな部下の場合
    【ケース】部下が会社を辞めたいと言ってきた場合
    【ケース】何度注意しても社会人らしい格好ができない場合
    【ケース】指示・指導を理解しない場合
    【ケース】整理整頓ができない場合
    【ケース】部下が自分で考えない場合

研修プログラム例(2日目)
内容
手法
  • 0.アイスブレーク ~お互いに自己紹介
ワーク
  • 1.コミュニケーションの重要性 ~ホウ・レン・ソウ
    (1)コミュニケーションの重要性
    (2)ホウ・レン・ソウの原則 
    (3)仕事の受け方
    (4)どうして仕事を頼まないといけないのか?
    (5)正しい依頼の仕方
講義
ワーク
  • 2.将来なりたいビジネスパーソン像を考える
    (1)プロフェッショナルに求められる要件とは
    (2) 【ワーク】OJT指導者と新入社員でお互い「わたしの良い所発見シート」を作成する。
    ※新入社員は「弱点」も作成
    (3)【ワーク】わたし(新入社員)の理想の姿を考える→OJT指導者と新入社員相互で作成し、お互いに発表を行う。
合同
演習
  • 3.まとめ
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 7月     18名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • まずは計画を立てて、周りを巻き込んでグループで新人を育てていけるように、責任を担っていこうと思います。
  • 研修を通して、自分が不安に思っていたことに対して改善策を見つけられたので良かった。
  • 新人の一年後の一人立ちに向けて、明日からの指導が効率的なものとなるように活かしていきたい。

実施、実施対象
2017年 5月     20名
業種
コンサルティング・調査
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.0%
参加者の声
  • もうすぐ新人が配属になるので、まずは育成計画をしっかり作りたいと思います。
  • 新人に作業を覚えてもらうのではなく、仕事ができるようになってもらう。
  • ケーススタディで複数出てきた意見に対してその重要性などを説明していただき、さらに補足もしていただいてさまざまなパターンを勉強できた。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



OJT研修の評価
年間総受講者数
17,924
内容をよく理解・理解
96.9
講師がとても良い・良い
96.2

※2016年10月~2017年9月

お得なサービスプラン
WEBinsource
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

インソースの企業情報
インソースの年間実績
実施回数※1
17,182
講師派遣研修
11,620
公開講座
5,562
お取引社数※2
21,006
受講者数※3
41.5万
受講者評価※3

大変理解できた
理解できた

大変良かった
良かった

内容評価:95.3%
講師評価:94.3%

実績をもっと見る

※1 2016年10月~2017年9月
※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計
※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

サービス内容
初めてご利用の方へ
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

人の成長に関わることは何でもお気軽にお問合せください。

電話番号0120-800-225

お問合せフォームへ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■指導者向け
■監督者向け
■管理者向け
■業界別
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。