女性活躍推進研修 ワーキングマザー向け仕事の進め方編(5時間)

2962女性活躍推進研修 ワーキングマザー向け仕事の進め方編(5時間)

17/10/24 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

ワーキングマザーとして柔軟に、しなやかに働き続けるためのノウハウを、特に「仕事の進め方」の観点から学んでいただく研修です。

まず、復帰前後の変化や今後のキャリア、直面する課題などについて整理します。そのうえで、「できることとできないことを明確にする」「業務を見える化する」「スムーズに引き継ぐ」など、ワーキングマザーとして働くうえで重視するべきことと、それを実践するポイントを学んでいきます。

※ワーキングマザーとしての「キャリアデザイン」に焦点を当てた研修もございます
▶ワーキングマザー向けキャリアデザイン研修(1日間)


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.ワーキングマザーは組織にとっての希望・期待であり、課題
    【ワーク】ワーキングマザーが組織にいることのメリットを考える
    (1)ワーキングマザーが組織にもたらすメリット
    ①上司にとって ②同僚にとって ③後輩にとって
    (2)ちょっとした工夫で「希望」になれる
講義
ワーク
  • 2.職場復帰してからこれまでを振り返る
    【ワーク】職場復帰をしてから今日までを振り返る
    (1)まずは育児と仕事お疲れさまです!自己紹介し、互いをねぎらう
    (2)復帰前後で変化したことを考える ~自分も会社も変化する
    【ワーク】復帰前と後で変化したことを、自分と会社の両面から考える
    自分:価値観、優先順位、体のこと等 /会社:体制、人、仕組み等
    (3)変化を受け入れる
講義
ワーク
  • 3.冷静にキャリア(人生全体)を見つめ直す
    (1)年代別キャリア観とお金の話~子育ては一過性、介護を見越す
    【ワーク】これから必要になるお金を計算する
    (2)柔軟に、しなやかに働き続ける~長期的な人生のプランニング
    (3)働き続ける意思を伝える
講義
ワーク
  • 4.ワーキングマザーの抱える課題
    (1)ワーキングマザーの抱える課題を分析する
    ①限られた勤務時間  ②突発的な早退・遅刻・欠勤  ③不安定な体調
    (2)メンバーにかける負担を理解する
    【ワーク】同僚の立場に立って、ワーキングマザーを考える
講義
ワーク
  • 5.メンバーに受け入れてもらうためのコミュニケーション
    【ワーク】メンバーに受け入れてもらえるふるまい方・人柄を考える
    (1)人柄の準備 ~謙虚さを土台にする
    (2)毎日のコミュニケーションを大切にする ~あいさつ、笑顔、感謝
    (3)当たり前のことをおろそかにしない ~一生懸命仕事に打ち込む
    (4)相手に配慮した依頼をする ~クッション言葉
    (5)言いにくいことを伝える ~自他尊重のコミュニケーション
講義
ワーク
  • 6.周囲への負担を最小限にする仕事の進め方
    (1)自らが主導して仕事を整理する
    【ワーク】カミングアウトシートで、できることとできないことを明確にする
    (2)働き方について周囲と共通認識を持つ
    (3)業務を見える化する
    ①誰が見ても一目でわかる業務管理表をつくる
    ②すべて共有ファイルで管理する ③パートナーを組む
    ④ホウレンソウを徹底する    ⑤やり取りはすべてメールで残す
    (4)スムーズに引き継ぐ ~6W3Hで相手を迷わせない
講義
ワーク
  • 7.まとめ
    【ワーク】明日から取り組むことを書き出し、発表する
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

「働く母は組織にとっての希望・期待であり課題」

これは研修の一節です。本研修は、働く母、いわゆるワーキングマザーが、自身の抱える課題を受け入れながら、それでも自分の力でキャリアをつかんでいくための研修です。

■しなやかに柔軟に働き続ける

育児にはお金がかかります。ワーキングマザーは目の前の大変さといった短期的な視点にとらわれることなく、長期的な戦略をもって仕事にのぞむ必要があります。研修では実際に必要となる費用を計算したうえで、冷静にキャリア(人生全体)を見つめ直します。

■がんばり方を伝える研修

本研修の新しさは、ワーキングマザーの大変さに寄り添うだけではなく、がんばり方を伝える点にあります。ともに働くメンバーへの配慮や生産性の高い仕事の仕方、主体的なキャリアのつくり方などを学び、戦力としてやりがいを持って働くためのコツを習得します。

■インソースの働く母がつくった研修

本研修は、今まさに仕事と育児のはざまで悪戦苦闘しているワーキングマザーが作成しました。ワーキングマザーが働くうえでの武器となり、ともに働く方たちとよい関係を築く手立てとなる研修です。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 7月     9名
業種
労働組合
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 悩みを相談する時間や様々な工夫点を聞けて良かったです。
  • 講師の体験談を踏まえてのお話で、とても身近に感じられて勉強になりました。チームでディスカッションをすることで他の人のアイデアや意見を自分に取り入れていくことが参考になり、刺激をいただきました。
  • 講師自身が、お子様を育て、様々な企業を見てあるので説得力がありよかったです。明るく生きる、仕事も楽しくやっていくことで周囲へもプラスの影響を与えられるんじゃないかと感じました。

実施、実施対象
2016年 11月     28名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 自分でかかえる必要はないこと、仕事の見える化等整理する必要性を感じました。今後実践していきたいと思います。
  • 職場内のコミュニケーションを取り、いつも協力してくださる周囲に感謝して業務に取り組もうと思いました。
  • 子育てと仕事、家庭、バタバタの毎日ですが大変なのは皆一緒だと思いました。同じような立場の方と意見交換もでき、有意義な研修でした。
  • 情報の共有化、業務の見える化、ホウレンソウの徹底、コミュニケーションを大切にして業務を行っていきます。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



ダイバーシティ・グローバル研修の評価
年間総受講者数
9,989
内容をよく理解・理解
93.3
講師がとても良い・良い
92.6

※2016年10月~2017年9月

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー