コミュニケーション研修 ~「きく」力向上研修(1日間)

0692コミュニケーション研修 ~「きく」力向上研修(1日間)

17/10/11 更新


当研修の「ねらい」

コミュニケーションというと、まず「どう伝えるか?」を重要視してしまいがちです。しかし、「良いコミュニケーション」を実現するには、それよりも「まず相手を知ること」が大切です。

そこで本研修では、「相手の話をいかに引き出すか」というテーマのもとに、「きく」スキル(「聴く」スキルと「訊く」スキル)を徹底的に強化します。「きく」うえでのポイントを学びながら、豊富なロールプレイングを通じて実際にやってみることで、実践的なコミュニケーション力を身につけることができます。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
  内容 手法
 
  • 1.はじめに
    ~チーム名、リーダー名を決めてアイスブレイク
ワーク
  • 2.コミュニケーションの基本
    (1)良いコミュニケーションを取るための心構え
    (2)良いコミュニケーションのポイント
    ①事前準備が最も重要
    ②相手の期待や課題を客観的に判断する ~6W3Hが基本
    ③潜在的なニーズ・ウォンツを顕在化する
    (3)コミュニケーションの注意点
講義
  • 3.「きく」ということの意味
    (1)相手にとって心地良いリスニング
    ~「きかれて」心地良い状態とは何かをグループで考える
    (2)3つのきくスキル ~「聞く」「聴く」「訊く」
講義
  • 4.「聴く」スキル =「傾聴力」のポイント
    (1)聴くスキルとは?
    =話しやすさを感じさせる/相手に気分良く話をさせるスキル
    (2)相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは?
    ①「聴く」ペースと間の取り方
    ②あいづち(共感フィードバック)
    ③反復・言い換えをする(事実・要約フィードバック) 他
講義
  • 5.「訊く」スキル=質問力のポイント
    (1)「訊く」スキルとは?
    (2)「訊き方」の種類
    (3)相手が話しやすさを感じる「質問」をするために
講義
  • 6.言いたいことをわかりやすく伝えるスキル
    (1)情報をわかりやすく伝えるとは?
    (2)話の前に「人」と「人」との触れ合いがあるとはどんなことか?
    (3)説明で重視すべきこと
    (4)なぜ、相手の気持ちになって話すのか?
    (5)話す「姿勢・態度・表情」のポイント
    (6)用語の共通化 ~業界用語は通じない
    (7)説明の締めくくり方
講義
  • 7.総合演習
    【演習】他人に代わってもらいたい事やります部署の新設
    やってもらいたいことをヒアリングし、利益を最大化するためのビジネス(案)をグループで検討して頂きます
講義
  • 8.まとめ
講義
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修コーディネーターからひとこと

人が減り、仕事が増える状況下で、職場でのコミュニケーションが少なくなっていると言われています。コミュニケーションの良し悪しは、時間の長さではなく、中身の濃さで決まります。
また、コミュニケーションで最も大事なことは「相手のことをよく知ること」です。
本研修では、職場の良い人間関係、協力関係を築いていくために必要なコミュニケーションのポイントについて学習します。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 9月     30名
業種
介護・福祉
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.3%
講師:大変良かった・良かった
93.3%
参加者の声
  • ワークが多く、グループワークをすることで色々な意見が聞けてよかったです。普通の研修より時間が早く過ぎた気がしました。
  • 聴くことは出来ていても「訊くこと」が出来ていないことに気づきました。しっかりと内容を把握するため質問をまじえた「訊くこと」を実践していきます。
  • 私はとても人見知りで、自分からあまり話しかけることができません。今日の研修で学んだ「相手のためを思って接すること」「姿勢や表情」などを考え、自分から少しでもコミュニケーションをとれるようになりたいと思いました。
  • 実際にご利用者、職員に対して面談をする時に活用したい。職員をもっと認めたい(ほめたい)。
  • もう一度いち個人(この会社のスタッフ)として、業務にたずさわるものとしての自覚をもち、目標を設定して自分の向上につとめたいと思います。
  • 話し手と聞き手の受けとり方によってコミュニケーションがうまくいったり、うまくいかなかったりするのではないかと思いました。うまく伝えるために、表情やうなづき、姿勢などを心地良く行うことが大切なことだと思いました。普段あまり話さない人と話をすることができたので良かったです。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



コミュニケーション研修の評価
年間総受講者数
22,299
内容をよく理解・理解
96.2
講師がとても良い・良い
95.4

※2016年10月~2017年9月

関連研修
一般的な研修例
若手向けにホウ・レン・ソウ(報連相)に特化した研修例
顧客や取引先とのコミュニケーション力を強化したい場合
新人のためのアドバンスコミュニケーション研修(1日間)
対人関係構築研修 円滑なコミュニケーションのためのスキルを習得する編(1日間)
社会人1年目・2年目ステップアップ研修 コミュニケーション力向上編(1日間)

公開講座コミュニケーション研修
関連研修テーマ
プレゼンテーション研修
アサーティブコミュニケーション研修
クレーム対応研修
営業力向上研修
CS向上コンサルティングサービス

関連階層研修
ビジネスマナー研修
プレゼンテーション研修
ビジネス文書研修
ロジカルシンキング研修
タイムマネジメント研修
仕事の進め方研修
ビジネスゲーム研修
チームビルディング研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー