株式会社インソース代表・舟橋が語ります オフィス節電プロジェクト

オフィス節電プロジェクト[2] 節電で蛍光灯を抜く際のポイント

02

節電プロジェクト[2] 節電で蛍光灯を抜く際のポイント

「消し忘れ」の阻止には電球抜きがベスト

節電のためには、「こまめに電気を消すこと」と一般的にいわれますが、どんなに気をつけていても消し忘れてしまうのが常だと思います。そういう意味で、根本的な改善策としては、やはり蛍光灯自体を外してしまうことが最も効果があります(その他にも良い方法がありましたら、ぜひお教えください!)。

実は、蛍光灯を抜くことに関しては「壊れてしまう可能性がある」とのご指摘がありましたので、弊社で改めて調査してみました。そうしたところ、「蛍光灯を抜く際のポイント」がわかりましたので、皆さまに簡単にお伝え致します。

 

蛍光灯の抜き方を理解する~安定器の特性を知る!

蛍光灯には、抜き方があります(これは蛍光灯に入っている「安定器」の種類によります)。弊社の蛍光灯は、3灯型(1箇所に蛍光灯が3本入っているタイプ)で、電子安定器が2つついているタイプです。「蛍光灯を2本抜く場合は、3本のうち両側を抜く。1本抜く場合は、3本のうち真ん中を抜く。」という抜き方が適切です。逆にいうと、これを守れば抜いてもまったく問題がないものだということです。

この抜き方は、蛍光灯や安定器のタイプによって異なりますので、ビルの管理会社にお聞きいただくと良いと思います。それでも不明な場合は、各メーカーのお客さまセンターにお問合せください。

ちなみに、節電対策に「ダミー管」というものが使われる場合もあるようです。「ダミー管」とは、その名の通り蛍光灯を抜いた箇所にダミーで入れる管です。例えば2灯型の照明器具をお使いで「片方を抜くともう片方も消える」という企業さまは「ダミー管」を検討に入れても良いかもしれません。

 

蛍光灯の配置を工夫する

蛍光灯を抜く際、やみくもに抜くのは当然良くありません。抜くのにも戦略が要ります。

1.極端に暗い場所を作らない(気分が滅入ってしまう)
2.一気に全部抜いてしまうのではなく、3段階に分けて、1/3づつ、まばらに抜いていく(暗さに気づかない)
3.蛍光灯を抜いた後も、メンテナンスを欠かさない。暗くないか、もっと抜けないか、日々考える

担当者を決めて、危険がないようにしっかり準備して作業にあたってください。

オフィス節電プロジェクト 記事一覧へ


今日の仕事に役立つひとこと

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。