人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

当研修の「ねらい」

部下育成力の向上を目的とした半日間×3回の研修です。研修内で策定した育成計画を実践したうえで、フォローアップ研修を実施します。育成計画のブラッシュアップとコーチングスキルの習得を通じて、自立した部下を育てる指導ができるようになることを目指します。

■第1回:部下育成力向上研修(半日間)
部下育成の意義と、育成計画の策定方法を学んでいただきます。実際に「3カ月間の育成計画」を立てたうえで、仕事の指示の仕方・ほめ方・叱り方といった具体的な指導方法を習得します。

■第2回:部下育成フォローアップ研修①~振り返り編(半日間)
これまでの部下育成を振り返り、計画通りにいったこと、いかなかったことを検証し、今後の育成に活かします。また、自分の指導者としてのタイプを理解したうえで、指導スキルをブラッシュアップしていきます。

■第3回:部下育成フォローアップ研修②~コーチング編(半日間)
育成の効果をさらに高めるために、部下の考えと行動を「引き出す」コーチングスキルを習得していただきます。演習を通じて部下へのアプローチ方法を身につけ、部下の成長と自主性の促進につなげます。


研修プログラム例

【第1回】部下育成力向上研修 (半日間)
内容
手法
  • 1.部下の立場になって考える
    (1)新人・若手の頃に不安だったことは
    【ワーク】自分が「不安」を感じた時のことを振り返る
    (2)不安のもとは不慣れな「仕事」と「人間関係」
講義
ワーク
  • 2.部下を育てるとは何か
    (1)上司に求められる部下育成とは
    (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる
    (4)部下育成は「準備」、「継続」、「計算」
    (5)Off‐JTも大切
    (6)指導者たる上司の役割
    【ワーク】指導者たる上司として、組織から求められている役割を考え、共有する
講義
ワーク
  • 3.育成計画を立てる
    (1)ステップごとに目標を立てる
    (2)目標を細分化する
    (3)指導を行う適任者を割り振る
    【ワーク】部下の現状を踏まえて、3カ月間の育成計画を立てる
講義
ワーク
  • 4.部下育成の進め方
    (1)指示の仕方
    【コラム】最近の若年層の傾向
    (2)指示した内容を確認する(口に出して確認させる、答えを与えすぎない 等)
    (3)報告させる、相談を受ける
    (4)効果的なほめ方(ほめるポイントの使い分け 等)
    【ワーク】部下の一人を想定し、ほめるところをできる限り書き出す
    (5)「叱る」ということの理解
    【ワーク】注意しなければならないのに言いづらいことの伝え方を共有する
    (6)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
講義
ワーク
  • 5.まとめ

【第2回】部下育成フォローアップ研修①~振り返り編(半日間)
内容
手法
  • 1.今までの育成を振り返る
    (1)うまくいったことといかなかったことの共有 
    (2)事前課題から読み取れる「今の課題」の傾向
講義
  • 2.自分の指導者タイプを知る
    【ワーク】『自己診断シート』で自己チェックを行う
    (1)①~⑤にチェックが多い場合のポイント
    【ワーク】仕事のスピードが遅いAさんへの指導の仕方を考える
    (2)⑥~⑩にチェックが多い場合のポイント
    【ワーク】ミスの多いBさんへの叱り方を考える
    (3)⑪~⑮にチェックが多い場合のポイント
    【ワーク】マイペースなCさんへのフォローの仕方を考える
講義
ワーク
  • 3.次の育成計画を作成する
ワーク

【第3回】部下育成フォローアップ研修②~コーチング編(半日間)
内容
手法
  • 1.今までの育成を振り返る
ワーク
  • 2.コーチングとは
    (1)コーチングとは (2)コーチングの考え方
    (3)部下の考え方、見方 (4)GROWモデルの活用
講義
  • 3.コーチングを用いたコミュニケーションスキル
    (1)部下の本心を引き出す~「聴く」スキル
    (2)部下の理解・認識を明確にする ~「質問」のスキル
    (3)部下に自信をもたせる ~「承認・ほめる」スキル
    (4)「叱る・指導する」ということの理解
講義
  • 4.コーチング実践演習
    【ケース①】自分で考えることをしない部下へのコーチング
    【ケース②】仕事を選り好みする部下へのコーチング
ワーク
  • 5.明日から研修内容を実践するために~「アクションプラン」の作成
    研修内容を踏まえて、3ヵ月後に達成すべき目標を設定し、具体的なアクションプランを作成する
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

コメント

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 18,215
  • 内容をよく理解・理解
    • 97.1
  • 講師がとても良い・良い
    • 96.3

※2016年4月~2017年3月


関連OJT研修
一般的な研修例
OJT担当者の上司向け研修例
OJT研修のフォローアップ
OJT監督者研修 管理職として組織のOJTに関与する(1日間)
OJT監督者研修 新人とOJT担当者を成長させる編(1日間)
部下指導研修 コミュニケーションの課題を解決する編(1日間)

関連研修テーマ
メンター研修
新入社員研修
現場育成力向上サービス

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。