人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

当研修の「ねらい」

本研修の目的は、常に論理的な思考を持って行動できるビジネスパーソンになっていただくことです。
「ビジネスにおいて論理的である」とは、筋道が通っていることだけではなく、“相手が納得できること”、また“会社の目的に沿っていること”です。
“相手が納得できる”ためには、相手に関わることも含めあらゆる要素を洗い出し、全体像をふまえ、論理を組み立てる必要があります。また、“会社の目的に沿う”には、企業理念や目標を正しく理解し、個々の業務と照らし合わせる必要があります。

これらを実現するための「考え方」をケーススタディを通じて実践的に身につけられるのが本研修です。それも徹底的に反復練習を行うので、研修内で思考力が鍛えられ、明日から実務に役立てることができます。その一環として、「モレなく、ダブりなく」やロジックツリーなどといったロジカルシンキングに有効なツールの使い方も習得することができます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.ロジカルシンキングとは何か
    <ロジカルな考え方の定義をおさえる>

    (1)説得力のある話とは
    【ワーク】売上増加に関する従業員2人の意見を聞き、説得力があるかを考察する
    (2)ロジカルであるとはどういうことか
    (3)ロジカルであるための3要素
    ①明確な主張がある
    ②主張の根拠がある
    ③根拠が主張を正しく支持している
    (4)求められる「全体像」と「筋道」
講義
ワーク
  • 2.ロジカルシンキングの基本①
    <要素の洗い出し、分類の方法を学ぶ>

    【参考】
    (1)「モレなく、ダブりなく」
    視覚的に捉えるとわかりやすい
    (2)ロジックツリー
    【参考ワーク】各要素の集合を「モレなくダブりない状態」に分類する
    ・初級編
    (テレビ番組を分類する、自身が担当する日常業務を分類する 等)
    ・中級編
    (残業を減らす方法を分類する、利益を増加させる方法を分類する 等)
    ・上級編
    (新規事業に参入する場合の参入領域を分類する 等)
    (3)分類を考える際の注意点
講義
ワーク
  • 3.ロジカルシンキングの基本②
    <根拠と結論がつながった展開手法を学ぶ>

    (1)根拠と結論の関係でプロセスをつなぐ
    (2)「だから?(So What?)」と「どうして?(Why so?)」の関係
    (3)「だから?(So What?)」
    (4)「どうして?(Why So?)」
    【参考】論理ピラミッドを活用した展開手法
    【ワーク】「だから?」「どうして?」を意識し、相手を納得させる主張の仕方を練習する
講義
ワーク
  • 4.ロジカルシンキングの基本③
    <演繹法と帰納法の特徴を理解する>

    (1)演繹法(三段論法)
    (2)帰納法
    【ワーク】推論方法を使って展開された持論を読み、問題点を見つける
    【コラム】帰納法と演繹法で結果が異なったのはなぜ?
講義
ワーク
  • 5.ロジカルシンキングの応用①
    <仮説思考のメリットを理解し、習得する>

    (1)仮説思考のメリット
    (2)演繹法と帰納法で仮説を立てる
    (3)仮説を検証する
講義
  • 6.ロジカルシンキングの応用②
    <フレームワーク思考を実践して習得する>

    (1)フレームワークのねらい
    (ヌケもれをチェックする、位置づけを理解する 等)
    (2)フレームワークとして機能するための条件
    【ワーク】自身の判断を助けるフレームワークを考える(パソコン購入、アルバイト採用)
    【ワーク】マトリックスを使って検討する際の、縦軸・横軸の効果的な切り口を考える
    【参考】様々なフレームワーク(ポジショニングマップ、PPM、バリューチェーン 等)
講義
ワーク
  • 7.総合演習~その1
    <実際にツリー構造を活用し、ロジカルに話をまとめる>

    【ワーク1】「街コン」に関する文章を読み、筆者の主張を30秒で説明する
    【ワーク2】ワーク1の文章をツリー構造で表現し、改めて30秒・10秒で説明する
ワーク
  • 8.総合演習~その2
    <研修で学んだ手法を実践し、論理的に説明する>

    【ワーク】コンビニに関する記事をロジカルシンキングの手法を自由に使って説明する
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

コメント

営業担当から

知識付与とワークの繰り返しで型を落とし込む

本研修では、まず、ロジカルシンキングの意味と目的を解説させていただきます。その後、講義によるフレームワークの知識付与→フレームワークを使ったワークの実践を繰り返し行い、ロジカルシンキングのフレームワークを徹底的に身につけることを目指します。さらに、フレームワークで整理した知識を文章で的確にアウトプットしていただき、思考した結果を表現する能力を身につけます。最後に研修中に学んだフレームワークを使用した総合ワークにグループで取り組んでいただき、研修成果の定着化を図ります。

テキスト作成者から

この研修では、ロジカルシンキングの手法を学ぶだけではなく、具体的にどのような場面で活かせるのかまで落とし込んで考えます。「モレなくダブリなく」の一例として、上司へのホウレンソウ(6W3Hでモレなく伝える)等、手法を覚えるだけではなく活かすところまで理解を深め、普段から論理的思考が自然とできるようなスキルを習得していただきます。新人・若手の方に、特におすすめです。

講師からひとこと

ビジネスにおいてロジカルなコミュニケーションをとることには大きなメリットがあります。今回の研修では、単なるロジカルシンキングの知識の詰め込みではなく、実際に職場で使える「演繹法」や「帰納法」などのスキルを習得していただきます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 1月     32名
業種
裁判所・検察庁・国税局
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.9%
講師:大変良かった・良かった
96.9%
参加者の声
  • 本日の研修はお聞きしていて、とても楽しかったですし、人に物事を伝えるという点などについて、とても有意義であったと思います。私は、人に物事を伝えたり、納得させることが得意ではありませんが、今後は、本日学んだロジカルな伝え方、考え方を意識したいと思います。
  • ロジカルシンキングや指導教育の講義については、私も日頃から苦手に感じていたので、部下の行動をよく観察し、積極的にコミュニケーションを図りたいと思いました。
  • 全体的に難しかったですが、研修であった内容のように行動していくと、もっとよりよい職場環境が作れるし、業務もスムーズにこなしていける気がしました。
  • これまでも後輩に対する接し方、指導方法について悩むことがあったので、今回学んだように、その人それぞれの性質、特性を踏まえた言い方、指導を行っていきたいと思います。
  • 大変参考になる講義であった。行動分析について、初めて聞く内容で新鮮であった。ワークについて、普段意識していない点に気づけて今後のためになった。本日はありがとうございました。

実施、実施対象
2016年 6月     35名
業種
製造業(素材・化学)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.1%
講師:大変良かった・良かった
97.1%
参加者の声
  • 説明が非常にわかりやすく、どのような考え方・ツールがあるのか理解しやすかった。
  • 合間合間にグループワークを挟んでおり、飽きずに集中して1日の研修に取り組めた。
  • 研修で紹介された手法を利用して自分の考えを整理できるように意識していきたい。

実施、実施対象
2016年 3月     26名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.3%
講師:大変良かった・良かった
96.2%
参加者の声
  • チーム制で課題に取り組むことで自分以外の人の考えが分かり理解できた。資料も都度参考に課題に取り組め、講師の方の話し方もメリハリがあり聞き応えがあった。
  • 内容も濃く非常にためになる研修であったと思います。無意識に実施していることも型で振り返ることにより、よりよく理解することができました。足りていない物を補えるためには必要なことが多数あり、実践で使用することにより身に付けていきたいと思います。
  • ロジカルシンキングという言葉はよく耳にしますが、基本である構造をもとにタテの因果関係、ヨコの全体像(数値化)で捉えることで筋道を立てて目的を果たすことが出来るマネージメントに必要な基礎スキルを身に付けることができましたので、日々研修内容を振り返り邁進してまいります。

実施、実施対象
2016年 1月     41名
業種
官公庁関連団体・組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.7%
講師:大変良かった・良かった
97.6%
参加者の声
  • 内容もわかりやすく、納得しながら進めることができた。日頃の報連相から意識して実践し、自然と論理的思考を身につけていきたいです。
  • お客様との交渉、自社でのプレゼンテーションにて、本日学んだ手法を用いて相手に分かりやすい、納得できる説明を行いたい。
  • 表現の仕方、説明の仕方が参考になりました。具体的な説明や問題解決のツールとして、ロジカルシンキングを使っていきたいです。

実施、実施対象
2015年 12月     22名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 分かっていたつもりでも日々の業務では意識できていないことがあったので、参加出来て良かったです。相手の常識を意識して業務を行います。
  • 普段意識なく導いている考えを、改めてロジカルに考えることで整理できた。作業量が多く考えがまとまらない時に整理しようと思う。
  • 上司への報告時に相手の判断軸をとらえて、ロジカルに話せるようにしたいと思います。

実施、実施対象
2015年 11月     19名
業種
官公庁関連団体・組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 元気な講師の方だったから、あっという間の時間だった。ロジカルシンキングはなぜなぜを深堀りするものだと誤解していた。グループで学ぶのは楽しかった。
  • 具体的な例を出して説明して頂いたので理解しやすかった。話に引き込まれて集中して取り組む事が出来た。
  • フレームワークの使い方等テクニカルな内容でなく、基本的な考え方を学べたので今後に応用しやすい。

実施、実施対象
2015年 8月     24名
業種
電力・ガス・水道
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87.5%
講師:大変良かった・良かった
95.7%
参加者の声
  • 頭の中で理解したようでも言葉でうまく表現できないことが多かったが、今回教わった方法で改善できそうだと感じた。
  • 上司に説明する際、ちゃんと組み立ててから、わかりやすくシンプルに伝えることを心がけていこうと思います。
  • 業務全般、また、自身のキャリアアップにとても有効だった。人に伝わる説明を心掛けます。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 6,298
  • 内容をよく理解・理解
    • 92.9
  • 講師がとても良い・良い
    • 93.5

※2016年4月~2017年3月


関連研修
一般的な研修例
半日間の研修例
新人若手を対象とした研修例
プレゼンテーション研修 刺さる提案力強化編(1日間)
ラテラルシンキング研修 新たな発想を出す力を養う
ロジカルシンキング研修 金融業界向け編(1日間)

クリティカルシンキング
シリーズ
一般的な研修例
新人を対象とした研修例
中堅社員を対象とした研修例
クレーム対応に特化した研修例
ラテラルシンキング研修 新たな発想を出す力を養う
クリティカルシンキング研修 クレーム対応力強化編(1日間)
中堅社員向けクリティカルシンキング研修 QCDRSの質をあげる編(1日間)

関連研修テーマ
図解思考力研修
問題解決研修
企画力研修
ビジネス文書研修
業務改善研修
官公庁・自治体向けロジカルシンキング研修

関連階層研修
ロジカルシンキング研修
タイムマネジメント研修
仕事の進め方研修
プレゼンテーション研修
CS・接遇研修
OJT研修
問題解決・課題解決研修
フォロワーシップ研修
キャリアデザイン研修
チームビルディング研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。