ロジカルシンキング研修

17/08/15 更新

研修の目的・特徴

「共通言語」としてのロジカルシンキング

コミュニケーションを通じて相手を納得させることは、ビジネスにおける重要なスキルです。勝手知ったる仲であれば、みなまで言わなくてもわかってもらえることもあるでしょう。しかし、相手が初対面であったり、組織の文化や風土が異なる場合はそうはいきません。そのような場面での「共通言語」「共通認識」として不可欠なのが、「ロジカル(論理的)であること」です。

ロジカルとは何か

「ロジカル(論理的)である」とは、筋道が通っていて、矛盾がないことです。さらに、ビジネスにおいては、そこに一見して納得感のある実用性も求められます。主張や結論に対し、自分がなぜそう考えるのか、その理由となる根拠を提示し、相手の視点に立ってわかりやすく伝えることが大切です。

情報整理は「モレなく、ダブりなく」がポイント

「ロジカル(論理的)に考える」ためには、まず情報の整理が必要です。過不足がないよう情報を洗い出し、「モレなく、ダブりなく」分類して整理するという考え方がポイントとなります。例えば、問題を洗い出す際に、「問題はこれだけか?」「あれとこれとは同じ問題では?」「それとこれとは次元の違う問題ではないか?」といった視点で整理しようとすることです。

納得感のある展開にはパターンがある

相手にとって納得感のある話の展開には、いくつかのパターンがあります。「結論」を先に伝え、後からその「根拠」を提示するパターンや、先に「根拠」を提示した上で「結論」へと導くパターン、また、一般論をベースに結論へと導く「演繹法」や、いくつかの事例から共通性を導き出して結論とする「帰納法」などが代表的です。

論理的思考の集大成 ~ロジックツリー

情報を整理した上で、その関係性をロジカルに結びつけていくと、ちょうど木が枝を広げたような形になります。これが「ロジックツリー」です。ロジックツリーは、ある結論に導くために、根拠となる情報を構造的にまとめあげたもので、いわば論理的思考の集大成ともいうべきものです。これが苦も無く描けるようになれば、かなりロジカルな頭になっていると言っていいでしょう。

オススメ研修

一般的な事象からクリティカルシンキングを用いて思考を深めるトレーニングをたくさんしたいなら

論理的思考を向上させたい方や、ロジカルシンキングの手法を学ぶなら
【公開】ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングの手法を「実際に業務の中でどう活用するか」、「どのような場面で使うのか」をイメージし、具体的な業務に落とし込みたいなら
【公開】ロジカルシンキング研修(実践編)~論理的思考による問題解決

表面的でなく、深く考える力をアップさせたい方かつ物事を考える思考力を鍛えたいなら
【公開】クリティカルシンキング研修~本質を見抜く力を養う

豊富な実績

1.実務にこだわったカリキュラム
ともすると「お勉強」になってしまいがちなロジカルシンキング研修ですが、インソースでは、徹底的に「実務でどう生かせるのか」にこだわり、具体例を使って研修カリキュラムを作っています。

2.脳みそに汗をかくワークの連続
一方で、ロジカルシンキングは、トレーニングとしての側面もあります。研修の中ではいくつかワークをご用意し、ロジカルシンキングの手法を使いながら目一杯脳みそに汗をかいていただきます。

3.理屈と実務の両方を知る講師陣
ロジカルシンキングを得意とする講師が登壇いたします。ただし、アカデミックな研修ではなく、どこまでも実務に直結した研修を志向します。

1年間の総受講者数
6,298

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

92.9 %

講師:大変良かった・良かった

93.5 %

※2016年4月~2017年3月

受講者の声

実施業界実績(一部)

魅力的な講師

頭脳明晰で論理的な講師が担当いたします。システムエンジニア出身者や業務改善を数多く行なってきた講師陣が大変ご好評をいただいております。

テキスト印刷サービス 弊社作成テキストを、低価格・高品質で提供します

WEBinsource

インソース公開講座をもっと手軽に、
もっと安くご利用いただけます

6つのメリット

  • 1.ほぼすべての研修に割引が適用されます
  • 2.講座へのお申込み手続きが簡単になります
  • 3.受講料のお支払を後払いにできます
  • 4.受講後のアンケート結果をご覧いただけます
  • 5.受講者の研修履歴が見られます
  • 6.検討中リストの作成・閲覧ができます

研修ラインナップ

インソースのロジカルシンキング研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。


ロジカルシンキング研修の事後におすすめのアフターサービス

研修活用度調査「呼び覚まシステム」

「呼び覚まシステム」の目的
①受講者さまにとって研修内容をリマインドし、研修効果をその場限りのものにせず、業務に生かしていいただくこと

②人事ご担当者さまにとって研修内容が本当に受講者さまの身に付いているかどうか、効果を確認すること

「呼び覚まシステム」の実施事項
①研修実施1か月後から3か月間、月に1回、インソースから受講者さまに対してWEB上のアンケートを配信いたします。

②アンケート結果をインソースにてご報告書にまとめ、人事ご担当者さまに提出いたします。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ロジカルシンキング研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 6,298
  • 内容をよく理解・理解
    • 92.9
  • 講師がとても良い・良い
    • 93.5

※2016年4月~2017年3月


インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

サービス内容
社会人向け教育研修事業
1名から参加できる公開講座
コンサルティング事業
カスタマイズ型eラーニング
グローバル人材育成事業
はじめての方へ
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
研修受講者の声
講師の特徴
Q&A

メールマガジンに登録する

人材育成に関わることは、何でもお気軽にこちらからお問合せください

新作研修Pick UP
ハラスメント防止研修  ハラスメントのない職場づくりコミュニケーション編(半日間)
現場リーダー研修 マネジメントの基本とダイバーシティの基礎知識を学ぶ(1日間)
ダイバーシティ推進研修 管理職としての心構えと行動編(半日間)
技術者向け ホスピタリティマインド醸成研修(1日間)
人事考課者・評価者研修 調整会議を体験し、自らの役割認識を高める編(1日間)

新作研修一覧を見る