2463OJTフォローアップ研修 ~部下とのコミュニケーション編(1日間)

OJTフォローアップ研修 ~部下とのコミュニケーション編(1日間)

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

当研修の「ねらい」

OJT担当者として、部下・後輩とのより良好な関係を築くことに焦点を当てたフォローアップ研修です。

研修では、これまでのOJTを振り返り、部下指導における課題とその原因を考えていただきます。その上で、より良好な関係を築くためのコミュニケーションの取り方、さらに部下の力を引き出すコーチングスキルを習得します。研修の後半では、実際によくある状況ごとに効果的な対応を考えるワークを行い実践力を高めます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.OJTを振り返る
    <OJTを振り返り、自身の指導における課題点を探る>

    (1)育成計画の進捗確認
    【ワーク】「育成計画目標シート」を元に、OJT進捗状況について発表し合う
    (2)部下・後輩指導における課題点を探る
    【ワーク】部下指導において上手くいっている点と課題点を挙げ、その解決策を考える
ワーク
  • 2.部下に関心を持つ
    <部下の変化に関心を持つことの重要性を理解する>

    (1)部下・後輩に対する認識をチェックする
    【ワーク】自分の部下・後輩が以前と比べて「変化した点」や「成長した点」を書き出す
    【参考】部下の小さな変化に気づく
    (2)部下・後輩の言動を「ポジティブ」に受け止める
    【ワーク】部下・後輩のネガティブな言動をポジティブに捉えなおす
講義
ワーク
  • 3.部下とのコミュニケーションを深める
    <良好な関係を築く具体的方法を学ぶ>

    (1)話しかけやすい雰囲気づくり
    (2)部下・後輩の話をきく
    【ワーク】普段の部下・後輩の話の聞き方を振り返る
    (3)ほめることの有用性
    (4)アドバイスの仕方
    【参考】部下が年長者の場合の対応
    【参考】指導の仕方(「叱る」と「怒る」の違い、事実のフィードバック 等)
講義
ワーク
  • 4.部下の力を引き出す
    <実践的なコーチングスキルを習得する>

    (1)「ティーチング」と「コーチング」の違い(目的の違い、指導内容と指導方法の違い)
    (2)コーチングの基本的な考え方
    (3)コーチングの前提
    (4)コーチングの効果
    (スキル・能力の向上、モチベーションの向上、自立性の向上)
    (5)コーチングスキル①~「傾聴」
    【ワーク】2人組で「聴く練習」を行い、チェックシートに基づいてフィードバックし合う
    (6)コーチングスキル②~「質問」(可能性を引き出す3種類の質問 等)
    【参考】上司・先輩が部下・後輩の声をきくための5つの方法
    【ワーク】2人組で「質問する練習」を行い、チェックシートに基づいてフィードバックし合う
    (7)コーチングスキル③~「承認」
    ・他者との比較はしない ・一貫性のある「承認」が成長の実感を与える 等
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    <実際によくありがちな状況ごとに効果的な対応を考える>

    ※下記場面毎の指導法を考え、グループで討議する
    【ケース1】仕事の量が増えたため、他の雑務を拒否するAさん
    【ケース2】計画性がなく、締め切りを守れないBさん
    【ケース3】電話応対で、すぐに上司に丸投げするCさん
    【ケース4】仕事の依頼や助言を聞かず、頑なに自分のやり方を貫こうとするDさん
    【ケース5】簡単な仕事を依頼しても 「その仕事はまだ教わっていません」というEさん
    【ケース6】自分から業務をもらいに行かず、「することがない」という消極的なFさん
ワーク
  • 6.明日からの行動目標
    <行動目標と具体的な実施計画を考える>

    【ワーク】明日からの行動目標と計画を立て、具体的な行動を考える 
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

テキスト作成者から

部下との良好な関係を築く基本であるコミュニケーションに焦点をあて、普段の自分の言動を省み、部下が話しかけやすい雰囲気づくりと、「きく」「ほめる」「アドバイス」の仕方を具体例を交えて習得していただきます。

また、部下が自分で考え自分で行動できるように導く「コーチングスキル」の活用方法(「傾聴」「質問」「承認」)をワークを通しながら学びます。また、実際に現場でありえる実践的なケーススタディに取り組むことにより、「わかる」から「できる」へ、レベルアップしていただきます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 9月     14名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 大変参考になりました。OJT指導という面だけでなく普段の人間関係にも活かせそうだと思いました。
  • ワークが充実していてよかったです。他課でどんな工夫をしているのか、意見交換できたことがありがたかったです。
  • OJTリーダーとして半年経ちましたが、自分の至らなさも考えさせられました。また明日から新人に楽しんで仕事してもらえるようがんばります。

実施、実施対象
2016年 11月     14名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務上で、今までに意識していなかったことについても自身のことを反省することができました。後輩の指導、育成にも役立てていきたいと思います。
  • ティーチングとコーチングの違いを踏まえ、今後はコーチングを中心に指導を行っていきたいです。
  • 自分もまだ経験が浅いので、新人目線とOJTリーダー目線とどちらの視点も活かしたいと思います。自分のことも客観的に捉えられたので参考にしたいです。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

インソースの
サービス情報
配信中!

下記情報を無料でGET!!
無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ


配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



OJT研修の評価
年間総受講者数
17,924
内容をよく理解・理解
96.9
講師がとても良い・良い
96.2

※2016年10月~2017年9月

関連OJT研修
一般的な研修例
OJT担当者の上司向け研修例
OJT研修のフォローアップ
部下とのコミュニケーション実践研修 多様化する部下への関わり方(1日間)
部下指導力強化研修 怒りのマネジメントの手法を身につける(半日間)
OJT指導者研修 中途採用社員を即戦力にする編(1日間)

公開講座OJT研修
関連研修テーマ
メンター研修
新入社員研修
現場育成力向上サービス

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー