接遇研修 「障害者差別解消法」について考える編(半日間)

3000接遇研修 「障害者差別解消法」について考える編(半日間)

17/10/23 更新


当研修の「ねらい」

2016年4月より「障害者差別解消法」が施行されました。本研修では、「障害者差別解消法」について概要を学ぶだけでなく、現場でどのような対応をすることが本当の意味での「差別」をなくすことなるのかを学んでいただき、演習を通して、障がいのある方への接し方・対応の仕方を習得していただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.身の周りにいる「配慮を必要とする人」を考える
    (1)接遇の基本は「自分に何かできることはないか」
    (2)お客さま(相手)抜きで勝手に配慮・対応を考えない
    (3)要望を確認することの重要性
講義
  • 2.障害者差別解消法とは
    【ワーク】これまで職場で障がいのあるお客さま(あるいはメンバー)に対応した経験を振り返り、どんなことに困ったか、また、どんなことに配慮・工夫したかを共有する
    (1)障害者差別解消法とは
    (2)「障がい者」とは
    (3)障がいのある方への配慮・対応
    【ワーク】自組織において、障がいのある方が配慮を求める意思表示をしやすくするために、何かできることはないか考える
    (4)配慮の前に、まずは安全第一を考える
講義
ワーク
  • 3.ケースで「自分に何ができるか」を考える
    【ケース】あなたは窓口で働いています。ある日、サングラスをかけ、白い杖を持つ女性がコンサートの申し込みをしたいと言ってきました。申し込み用紙に記入をしてもらわなければならないとき、どう対応しますか。
    【参考】自分も「配慮を必要とする人」になることを認識する
    (1)障がいには後天的なものも多くある
    (2)「一時的健常者」という考え方
    【ワーク】前のケースについて、自分や自分の家族がされて満足のいく対応かどうか考える
講義
ワーク
  • 4.障がいのある方への対応に困ったら
    (1)まずは本人の要望を確認する
    (2)「合理的配慮」とは
    (3)柔軟性を持って対応を考える(できることを増やす)
    (4)本当に困った時には専門知識を持つ人につなぐ
    (5)組織としての対応バリエーションを意識して増やしておく
講義
  • 5.まとめ
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

本研修は、障害者差別解消法について概要を学ぶだけでなく、「差別」をなくす現場での対応の仕方についても学べるように開発されました。

まず講義では、身の周りにいる「配慮を必要とする人」を想定し、自分にできることから考えます。ケーススタディとしては、視覚障害のある方がコンサートの申込み窓口に来た場合にどう対応するかを実践します。

自分なら具体的にどのような対応をするか、あるいは自分自身も「配慮を必要とする人」になることで、自分や家族がされて満足のいく対応であるかを体験的に学びます。

これらの演習を通して、障害のある方への心ある接し方・対応の仕方を習得することができるようになります。

講師からみた研修の様子

短時間の研修でしたが、講義中は積極的にメモをとり、グループワークでは、自身の考えを共有すること、他の受講者の話を聴くことで理解が深まったと考えております。
今後は、業務を通じて本研修で学んだことを活かしていっていただきたいと思います。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 3月     11名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
81.8%
講師:大変良かった・良かった
81.8%
参加者の声
  • 接遇の観点から有効に活用したいと思います。問題意識をもつきっかけとなりました。
  • 話し方がスムーズでした。

実施、実施対象
2017年 2月     92名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.6%
講師:大変良かった・良かった
93.5%
参加者の声
  • 「差別解消法」ということだったので、何かかしこまっていましたが、差別とかは関係なく接遇において大切なことを学ぶことができました。
  • 具体的に自分ならどう対応するかを考えられたのがよかったです。また、逆の立場に立つことでより客観的に見ることができてよかったです。
  • 障害のある方に対応することを避けていましたが、今日学んだことを活かして積極的に声かけをしていきたいです。

実施、実施対象
2016年 10月     39名
業種
現業系公務
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
97.4%
参加者の声
  • 法的根拠等基本的なことをきちんと初めに教えていただけて導入部分が明解だったので後の話が聞きやすかったです。
  • 細かい少しデリケートなコミュニケーションの取り方、ものの言い方、合理的配慮などとても勉強になりました。今後このような場合になったら、まず落ち着いて今日のことを思い出したいと思います。
  • 講師の体験談や実際の例など身近に感じて学べました。
  • 知らないことが多かったりしたので、もう一度資料を見直して人に対する接し方を自分なりに考えていきたいと思います。
  • 実践などあって分かりやすかったです。具体的なNGワードなども教えてもらったので、日頃から心がけて直していきたいと思います。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



CS・接遇研修の評価
年間総受講者数
16,473
内容をよく理解・理解
95.4
講師がとても良い・良い
94.5

※2016年10月~2017年9月

関連研修
一般的な接遇研修例
一般的なCS研修例
接遇指導者向け研修
話題の「おもてなし」研修
自治体向けの研修例

公開講座CS・接遇研修
関連研修テーマ
クレーム対応研修
CS向上コンサルティングサービス
官公庁自治体向け研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー