【公開講座】(半日研修)接遇研修~「障害者差別解消法」を考える編

【公開講座】(半日研修)接遇研修~「障害者差別解消法」を考える編
17/11/21 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者

サービス業・接客業の皆さま、窓口対応者の皆さま

研修内容

2016年「障害者差別解消法」が施行されました。これは、全ての人が、障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。

「障害者差別解消法」について現場でどのような対応をすることが、本当の意味での「差別をなくすこと」につながるのかを考えていただきます。一方的に講義を受けるだけでなく、ケーススタディやディスカッションを交えて、「自分も配慮を必要とする人になるかもしれない」という気づきを持ちながら、障がいのある方への接し方・対応の仕方を身につけていただきます。

研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.身の周りにいる「配慮を必要とする人」を考える
    (1)接遇の基本は「自分に何かできることはないか」
    (2)お客さま(相手)抜きで勝手に配慮・対応を考えない
    (3)要望を確認することの重要性
     
ワーク
講義
  • 2.障害者差別解消法とは
    (1)障害者差別解消法とは
    (2)障がい者に対する「不当な差別的扱い」とは
    (3)障がい者とは
    ①障がい者とは
    ~身体障がい、知的障がい、精神障がい、発達障がい、高次脳機能障がい など
    ②対象となる障がいのある人に対する不当な差別的取り扱いの具体的な例とは
    (4)「障がい者」への配慮・対応とは
    【ワーク】車いすの人、杖をついている人、視覚障がいのある人、聴覚障がいのある人への 配慮の示し方を考える
    (5)障がいのある方が配慮を求める意思表示をしやすくするためには
    【ワーク】障がいのある人が配慮を求める意思表示をしやすくするためにできることを考える
    (6)配慮の前に、まずは安全第一を考える
講義
ワーク
  • 3.障がいのある方への対応に困ったら
    (1)まずは本人の要望を確認する
    (2)「合理的配慮」とは
    (3)柔軟性を持って対応を考える(できることを増やす)
    (4)本当に困った時には専門知識を持つ人につなぐ
    (5)組織としての対応バリエーションを意識して増やしておく
講義
  • 4.ケーススタディ
    ※ケースをもとに、どんな対応をするのがふさわしいか考える
    【参考】自分も「配慮を必要とする人」になることを認識する
    (1)障がいには後天的なものも多くある
    (2)「一時的健常者」という考え方
ワーク
(講義)
  • 5. まとめ
ワーク

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

講師から見たある日の研修風景

積極的に自部署や自らのことを開示し有益なグループワークができたと思います。
対応方法他、色々な障がい、事例について学びたい方が多く、1つのワークでも様々な意見がでて、とても活発に議論いただきました。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
公開講座の年間実績
受講者数※1
42,828
開催数※1
5,562
講座数※2
1,828種類
WEBinsource
ご利用者数※2
5,804

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2017年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。

昨年は180のリクエストにお応えしました!希望の日程がない!とお悩みのご担当者様。ご希望のカリキュラム、ご希望の日程で研修リクエストを承っております。