3580CS向上研修~チャット対応編

CS向上研修~チャット対応編

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

当研修の「ねらい」

現代の主要なコミュニケーションツールであるメールやチャットでの対応=文書力が顧客満足度を左右します。表現一つで炎上するリスクもある反面、高い満足を提供できることもあります、 本研修では、「顧客の期待」を軸にどういったサービスを提供すべきなのかをまず考えます。そのうえで、文書の書き方やクレーム対応など実践的なスキルを学び、総合演習で貴社の事例を使って理解を深めます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに~顧客満足とは
    (1)立場を変えてお客様の立場から「顧客満足」を考える
    【ワーク①】これまでに行ったお客さま応対において、上手くいった事例や失敗した事例を共有してください。
    【ワーク②】失敗した事例はなぜよくなかったのか、要因を考え、どうすればうまく いったのか意見を出し合いましょう。
    (2)顧客満足とは何か
    (3)顧客満足の基本~事前期待を裏切らない
    (4)CS推進のポイント
講義
ワーク
  • 2.顧客満足が高められるメール・チャットとは
    (1)迅速な返信 ~ スピードは満足度に影響する
    (2) 業務知識の必要性と伝え方
    【ワーク】専門用語や難しい言葉の言い換え表現を考える
    (3) わかりやすく説明されている(目的・意図が明確)
    (4) 配慮が感じられる(定型文へのひと手間)
    (5) 文面から心情を読み取る
    【ワーク】以下のような文章を書くお客さまは、どんなお客さまなのか想像してみましょう。
    自由に想像してみてください。
    ①長文で遠慮がちな文面で送ってくる場合
    ②短く端的な文面で送ってくる場合
    ③お客さまが対応に不満を持っているかもしれない場合
講義
ワーク
  • 3.分かりやすい文書のポイント
    (1)具体的な文章のポイント
    (2)文章の作成における論理力
    (3)文章の論理構造
    【ワーク】バラバラの情報を構造化してみましょう。
    (4)論理を補佐する接続詞
    (5)共感を得やすいフレームワーク
講義
ワーク
  • 4.クレームメール対応のポイント
    (1)まず、クレームを激化させないために
    (2)クレームメール対応4つの基本手順
    (3)クレームメール対応における注意事項
    (4)クレームメールの内容を正しく読み取る
    【ワーク】例題メールを読み、お客さまの「問題」「してほしい対応」を考える
講義
ワーク
  • 5.総合演習
    【ワーク】こんな問い合わせが来たらどう返事する?
    ※設問については貴社と事前にご相談のうえ決定いたします。
    ※パソコンが使える場合はパソコンを、ない場合はホワイトボードを使って、メッセンジャー風に講師とやり取りを行います。
    【参考①】ケース別クレームメール対応
    【参考②】ビジネス用語・敬語
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

インソースの
サービス情報
配信中!

下記情報を無料でGET!!
無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ


配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



CS・接遇研修の評価
年間総受講者数
16,473
内容をよく理解・理解
95.4
講師がとても良い・良い
94.5

※2016年10月~2017年9月

関連研修
一般的な接遇研修例
一般的なCS研修例
接遇指導者向け研修
話題の「おもてなし」研修
自治体向けの研修例

公開講座CS・接遇研修
関連研修テーマ
クレーム対応研修
CS向上コンサルティングサービス
官公庁自治体向け研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー