人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

【公開講座】評価者研修~評価者としての総合スキル習得編(2日間)

【公開講座】評価者研修~評価者としての総合スキル習得編(2日間)
17/04/10 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

研修内容

人事評価制度は、将来に向けた人材育成のためのツールです。評価者自身が評価制度の意義を理解し、公正に評価して、部下にフィードバックし成長意欲を向上することのできる能力が必要となります。 本研修では、評価者として求められる3点のスキルについて学びます。
一連の評価ができるスキルを習得するため、人材育成につながる評価制度の活用が可能となります。

 ①目標設定・管理スキル
 ②評価スキル
 ③面談スキル

研修プログラム例

研修プログラム例 (1日目/2日間)
  内容 手法
  • 1.評価者としての役割認識
    (1)組織・部下が評価者に期待していることは何ですか?
    (2)評価者として不安に思っていることを洗い出す
講義
ワーク
  • 2.人事評価の意義と重要性
    (1)人事評価の意義
    (2)評価者の役割 ~人事評価=人材育成
    (3)人材育成と人事評価
講義
  • 3.目標管理とは
    (1)目標管理とは何か
    (2)目標管理における評価者の役割
    (3)目標設定のポイント
    (4)目標設定・難しい事例の対応方法
    【ワーク】サブ目標の設定をしてみる
講義
ワーク
  • 4.自部署の目標を設定する
    (1)自部署の役割を確認する
    【ワーク】自社の目標から部・課の目標を確認する
    (2)実践できる計画づくり
    (3)自分自身の目標を立てる
    【ワーク】自分自身の目標を立て、やることを明確化する
    (4)部下の目標を考える
    【ワーク】自部署の役割を踏まえ、部下に求める要素・行動を考える
    (5)管理項目を考える
    【ワーク】評価にあたり、指標となる管理項目と数値を考える
講義
ワーク
研修プログラム例 (2日目/2日間)
  内容 手法
  • ■1日目の復習
講義
ワーク
  • 5.評価のポイント
    (1)評価の流れ
    (2)評価は日ごろの観察なくしてはできない
    (3)プロセス1~行動の選択
    (4)プロセス2~評価項目の選択
    (5)プロセス3~段階の選択
    (6)評価者が陥りがちなケースと予防策
    【ワーク】ケーススタディ ~ある部下の評価の際の「陥りがちな」注意点を考える
    【ワーク】実際に評価基準に従って評価する
講義
ワーク
  • 6. 評価における面談の進め方
    (1)評価面談の意義
    (2)面談時の環境
    (3)面談に対する姿勢・態度
講義
  • 7. 面談時のコミュニケーションスキル
    (1)面談フローとアサーティブコミュニケーション
    (2)話す内容を整理する
    (3)相手の自己評価を聴く
    (4)相手との同異を整理する
    (5)自分の評価を相手に伝える
    【ワーク】ほめるポイントを整理する
    【ワーク】上手なフィードバックを共有する
    (6)互いの意志を確認し、今後の成長にコミットさせる
    【ワーク】どのような引き出し方(質問)が効果的か発想する練習をする
講義
ワーク
  • 8.実践ケーススタディ
    ※テーマは適宜変更することがあります。
    【演習テーマ例①】意欲はあるが仕事に時間がかかる社員
    【演習テーマ例②】下位評価をつけることとなった社員
    【演習テーマ例③】一番仕事を理解しているが勝手な行動を取る社員
    ~ケースをもとに、評価を実施に行い、面談ロールプレイングを行う
ワーク
  • 9. 評価者としてのあり方
    【ご参考】 働きやすい職場環境のために
    (1)留意するべき点
    (2)日ごろの良好なコミュニケーションがベース
    (3)「パワハラ」でない部下指導は
    (4)セクハラの相談をされたときの対応
講義
  • 10.まとめ
    ~明日から具体的にやることを洗い出す
ワーク

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

受講者の評価

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた
97.5 %
講師:大変良かった・良かった
95.7 %

※2016年4月~2017年3月

実施、実施対象
2015年 6月     8名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 人事評価の基本を学べました。観察メモやほめることの大切さ、MBOの意味を深く考えるようにしていきたい。面談のワークはとても参考になりました。
  • 部下への承認、動機づけに対して考えました。今後は褒めることを積極的に行いたいと思いました。また、人事評価観察メモは続けていきたいと思います。自分は思っていた以上に部下の中に入って行っていないということを痛感させられました、今後は今回の研修を活かしていきたいと思います。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

ページトップへ
本研修の評価
  • 内容をよく理解・理解
    • 97.5
  • 講師がとても良い・良い
    • 95.7

※2016年4月~2017年3月


公開講座LINK
関連の管理職研修
公開講座の管理職研修の特徴を詳しく解説しております。
管理職研修ラインナップ
お忙しい管理職の方に土曜日の講座も準備しております
管理職に必要なことを網羅できる一般的な研修例
評価を習得する研修
役員向け異業種交流研修

関連管理職研修スケジュール

公開講座の年間実績
  • 受講者数※1
    • 35,530
  • 開催数※1
    • 4,997
  • 講座数※2
    • 1,579種類

インソースの実績

  • 総受講者数※1
    • 38.6万
  • お取引社数※3
    • 19,133

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2017年3月末時点

※3 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

公開講座新作研修
2017年5月22日
(半日研修)セルフコントロール研修~怒りの感情とうまく付き合う
2017年5月11日
RESASを使った地域情報分析研修~政策立案やエリアマーケティングに活用する
2017年5月 9日
SNSを使った販売推進力向上ワークショップ(中級編)~ユーザーとの関係性を深める
2017年5月 9日
SNSを使った販売推進力向上ワークショップ(中級編)~成果につながる発信力を身に付ける
2017年5月 9日
SNSを使った販売推進力向上ワークショップ(初級編)~SNSの発信力を高める

豊富なサービス
受講したい研修を受講者自身が選べる公開講座申込みシステムです
約4,000社のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス ※2017年2月末時点
公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております
公開講座のカリキュラムや開催スケジュールなどの情報をカンタンに検索・ダウンロードができます!
昨年は180のリクエストにお応えしました!希望の日程がない!とお悩みのご担当者様。ご希望のカリキュラム、ご希望の日程で研修リクエストを承っております。
上記サービスの活用や、公開講座の「豊富なラインナップ」「低コスト」「効率化」という特性を活かして、体系的な教育支援を行っております。
ラインナップ
管理職研修
中堅社員研修
若手向け研修
新人研修
CS向上のためのスキル
コールセンター向け研修
SE向け研修
土曜日研修

開催地一覧
札幌開催  公開講座
仙台開催  公開講座
東京開催  公開講座
名古屋開催 公開講座
京都開催  公開講座
大阪開催  公開講座
広島開催  公開講座
福岡開催  公開講座
全国各地で開催!出張公開講座

公開講座おすすめ研修
月間 人気研修ランキング
(階層別お申込み数)
階層別研修 推奨プラン
(若手・中堅・管理職)
おすすめ研修
(新作情報・キャンペーン)


お申込みの流れ
お申込み後の流れ
FAQ
活用事例