人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

大学職員向け研修

IT研修(情報技術研修)

16/09/20 更新


Infomationおすすめ研修

研修の目的・特徴

プログラマー、SE、情報システム部担当者など、情報システムに関わる皆さまへ研修を企画・実施するにあたって、何より重視しているのは次の3点です。

 

基礎的な技術力

基本的なアルゴリズムの書き方を理解していなければ、プログラムは書けません。プログラムに関しても、コンパイルエラーやバグの修正など、自ら悩み、解決しなければ技術力はつきません。技術力とは積み重ねであり、研修で学習することを現場で活かすためには、基礎的な部分の習得を何より重視します。

技術研修においては、簡単に答えを提示することはしません。机上の問題解決のみに終わらせることもしません。自らの手を動かし、失敗し、失敗を克服することで、技術力を身につけていただきます。もちろん、失敗を克服するために、弊社の講師がサポートします。

 

人を重視した仕事の仕方

「技術者は100ある情報を、そのまま100伝えることはできる。しかし、重要な30を効果的に伝えることが苦手だ。」
あるIT企業のご担当者さまから伺ったお話です。
プログラマーもSEも、技術だけでは仕事はできません。問題解決力、ロジカルシンキングはもちろんですが、特に、話す技術や、人と折衝する技術は必須です。

インソースは、IT技術研修に偏らず、ビジネススキルを幅広くカバーしていますが、IT企業の皆さまの声を中心に完成した研修が多数ございます。

  • システムトラブルによる納期遅延、ライバル社との価格競争、など、実際に現場で起こった題材を扱う 【交渉力研修】
  • 相手の立場、本当に伝えたいことは何かを突き詰めて考え、資料に落とし込む 【図解思考研修】
  • お客さまのニーズを多面的(6つの視点)に考え、仮説を設定した上で、ヒアリングを行う 【ソリューション提案力強化研修】など

 

お客さまの業務理解

お客さまの業務を知ることは、プログラマー、SEの仕事の深みにつながります。

システム開発プロジェクトにアサインされた場合でも、実際には、ほんの一部のサブシステムを担当することがほとんどではないでしょうか。

私も銀行システムのセンター処理システムを開発していたころ「"役席承認"というプログラムは何をしているのだろう・・・」といつも疑問に思っていました。あとから、役席承認の業務の仕組みを知ったときには、システムの動きについては一流でも、お客さまの業務がわからないと本当の一流にはなれないのだと感じました。

そのような現場の声から、弊社が開発し、好評を得ている研修が多数ございます。

  • お客さまの業界/業務の全体像を知る(金融、製造、通信など) 【各種業界知識研修】
  • 実務のプロフェッショナルのインタビューをもとに、現場での仕事の進め方におけるノウハウを結集した 【要件定義研修】
  • システム企画~開発~運用~廃棄まで、情報システム部門の行う業務の全体を理解する 【システム担当者の仕事を知る研修】  など

豊富な実績

インソースの研修が支持されている理由

南は九州、北は北海道まで、企業さま及び官公庁さまへ講師派遣型研修を実施しております。ご要望や人数に合わせて公開セミナーの活用が有効ですので、1名さまからでもご検討いただけます。

1年間の総受講者数
454

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

87.5%

講師:大変良かった・良かった

89.7%

受講者の声

    • 普段なかなかまとまって学ぶ時間が取れないので、とてもよい機会でした。テキストも分かりやすかったので今後も復習しながら理解を深めていきたいと思います。
    • Excelには苦手意識を持っていましたが、使えれば大変便利ということが分かったので、積極的に使っていきたいです。自分が今まで知らなかった知識を楽しみながらたくさん習得することができました。
    • 用語について、あやふやな部分が解消されてよかった。全体的にとても理解しやすい説明をいただけたと思います。業務では自分の知識が追いついていなかったので、たくさんのヒントがいただけました。
    • PHPがどのように動き、どのように世の中で使われているのかが理解できてよかったです。PHPの名前は知っているけれど、難しい印象がありましたが、基本的な作り方が理解できました。これからはPHP構文が出てきても読み解いていきたいと思います。
    • 研修にあたっての目標であった「要件定義とはどんなものなのかを理解する」ことを達成できた。要件定義の難しさ、大切さがわかった。工夫されている研修内容で、大変わかりやすかった。

最前線でスキルを活用してきた講師

技術力のみならず、豊富なビジネス経験を併せ持つ講師が、やさしく指導します。
ビジネススキル研修は、IT分野のみならず、様々な業界で経験を積んだ、専門の講師が担当いたします。
なお、新人にとって、講師は初めて会う社会人です。長期間にわたる新人IT研修をサポートするためにも、社会人として模範となる講師が重要と考えております。

研修ラインナップ

インソースのIT研修(情報技術研修)は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

1日ものの研修から3ヶ月程度の長期間研修まで、演習メインのカリキュラムを取り揃えております。
また、情報システムに関わる方に求められる、プロジェクトを進める際にチームワークを発揮するためのコミュニケーションスキル、仕事の進め方、マネジメントスキルなどの研修も豊富にございます。


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ

本研修の評価
  • 1年間の総受講者数※
    • 454
  • 内容をよく理解・理解
    • 87.5
  • 講師がとても良い・良い
    • 89.7

※2015年4月~2016年3月


関連IT研修
仮説構築力向上研修(1日間)
ユーザー部門向け要件定義研修(1日間)
アプリケーションの開発を行う研修(3日間)
SE向け業界知識研修 保険業務知識習得編(半日間)
キャリアデザイン研修 ~システムエンジニア編(1日間)
レスポンシブWEBデザインの基礎研修(1日間)

システム英会話

関連研修テーマ
新入社員・新人向けIT研修
公開講座新人IT研修
SE向けキャリアデザイン研修
パソコンスキル・OAスキルアップ研修

公開講座IT研修
女性SE採用募集ページ


インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 12,964
  • 企業内研修
  • 9,854回
  • 公開講座
  • 3,110回
  • お取引先数※2
    • 15,323
  • 受講者数※1
    • 33.4万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年4月1日~2016年3月31日

※2 2003年6月から2016年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年4月1日~2016年3月31日
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー
インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧いただき、ご同意いただける場合は、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。