【公開講座】クリティカルシンキング研修~本質を見抜く力を養う

【公開講座】クリティカルシンキング研修~本質を見抜く力を養う
17/11/06 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者

・表面的でなく、深く考える力をアップさせたい方
・物事を考える思考力を鍛えたい方

 ※クリティカルシンキングとは…
  物事の本質を捉えるための思考方法

◆クリティカルシンキングを養うことで得られるスキル
・客観性を持った分析力
・物事を鵜呑みにしない視点
・情報を適正に取捨選択し、自身の意見を形成する思考力

◆受講される方やご担当者さまのお悩み
「言われたこと以外のことも考えられる想像力を鍛えたい」
「主体性を持って仕事に取り組む思考方法を知りたい」
「自身の職場で隠れ潜んでいる課題を、見つけ出せるようになりたい」

研修内容

本研修では、クリティカルシンキングの基礎的な考え方を習得いただきます。重要な要素・手順・注意点を学び、物事をありのまま受け入れるのではなく、現状を「疑う力」を実践していただきます。

◆研修のポイント
①クリティカルシンキングの基本的な考え方を理解し、身につくスキルを知る
②思考力を鍛えるための、論理性や中立性などの重要な要素について考える
③クリティカルシンキングの手順を学び、それに沿って考える練習をする
④クリティカルシンキングを実践する際に必要な心構えや注意点を学ぶ

おすすめリンク

研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.クリティカルシンキングとは
    【ワーク】ケーススタディを読んで、「本当か?」「なんでだろう?」と疑問に感じることを自由に挙げてください。
    (1)クリティカルシンキングの考え方
     ・クリティカルシンキングの効果  ・クリティカルシンキングのフロー (2)ビジネスにおけるクリティカルシンキングの重要性
    (3)クリティカルシンキングによって身につくスキル
    【ワーク】自身の業務において、「本当にこれでいいのかな」と不安を持つことがあるか考えてみましょう
講義
ワーク
  • 2.クリティカルシンキングの要素~3つのポイント
    (1)論理性が大前提~ロジカルシンキングとクリティカルシンキング
    【ワーク】ロジカルシンキングの練習
    (2)中立を保つ姿勢
    (3)前提や思い込みを把握する
    【ワーク】最初のケーススタディをもとに、疑問点に対する解決案と理由(根拠)を考えてみてください
講義
ワーク
  • 3.クリティカルシンキングの手順~3つのステップ
    (1)批判~疑ってみる
    【ワーク】ケーススタディをもとに、「疑う」訓練をしましょう
    (2)分析~他の視点から物事をとらえてみる
    【ワーク】最初のケーススタディをもとに洗い出した解決案を整理し、一番優先順位の高い解決案を再検討しましょう
    (3)再構築~新しい主張・見解を出してみる
    【ワーク】優先すべき解決案を1つ選んだあと、理由(根拠)を挙げて見解を出しましょう
講義
ワーク
  • 4.クリティカルシンキングの注意点~配慮すべきこと
    (1)論理性 vs. 感情
    (2)クリティカルシンキングの推進において
講義
  • 5.まとめ
    【ワーク】明日からクリティカルシンキングをどの場面で使っていけるか、具体的に考えてみてください
ワーク

研修制作者からひとこと

クリティカルシンキング--それは子供のように「なぜ?」「どうして?」「本当に?」 といった物事の本質を問う視点を持ち続けることを指します。

対人コミュニケーション、課題解決、リーダーシップ、 文書作成、タイムマネジメント・・・ビジネスパーソンとして 様々なスキルが求められる中、この「クリティカルシンキング」が 実はビジネスの考えとして最も基本なのではないか、と注目が高まっています。

効率的に、最適なアプローチで、より適切な結論にたどり着くことができるようになるために 本研修をご準備いたしました。
「クリティカルシンキング」とは何か、どのような効果があるのか、
どのように使えばいいのか、を職場に持ち帰っていただけるように 実践的なケースをもとに演習に取り組んでいただきます。

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

講師から見たある日の研修風景

皆さん熱心にワークに取り組んでいただけました。クリティカルシンキングは一言でいえば『批判的思考法』ですが、実践するにはやはりある程度の練習が必要かと思います。
本研修でお伝えしたこと、学んだことを踏まえ、まずは常日頃から『前向きに疑うこと』を忘れずに物事を見るように、考えるようにしてください。そうすればスキルが自然と習慣になっていきます。

受講者の評価

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた
95.0 %
講師:大変良かった・良かった
94.2 %

※2016年10月~2017年9月

実施、実施対象
2017年 10月     11名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • メンバーに伝えることが多いので、それぞれの立場を考えた伝え方が大事だと実感しました。伝わり方は常に気にするのですが、「ロジカル」にというところが足りていないと感じましたので、ツリーを活用していきます。
  • 批判的な考え方を持つことの重要性、そこから見える様々な視点がとても勉強になりました。相手を説得する、納得させる話し方についてロジックツリーを組み立てることを明日から実践します。

実施、実施対象
2017年 9月     12名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 伝えられたことに対して「批判的思考」を持つということ、疑問をもって自分で考えるこの作業で仕事が変わってくることが理解できました。教育という立場で、理解をするための方法の伝え方を加えていきたいと思います。
  • 問題に対する手法を学んだが、その問題が本当に問題なのかというところまで疑わねばならない、ということがワークを通じて気付けた。今後活かせるようにしていきたい。

実施、実施対象
2017年 8月     8名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 前提条件や人が絡んだことを疑うことが問題発見・解決に役立つことが分かったので活かせそう。主体性につながることもわかったので業に受け身な部下にも伝えていきたい。
  • 故障を会話とヒアリングで切り分けるために特に必要だと感じました。置換や疑いがやっているようでまだまだ足りないと感じました。深堀りできるように頑張ります。

実施、実施対象
2017年 7月     13名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • テキスト以外にもいろいろな術を聞くことができて良かったです。資格を勉強するため、教えていただいた術を、是非使って勉強します。ありがとうございました。
  • 三分法、数字に強くなる術、PREP法は、今後のビジネスライフにしっかり活かしていきたいと思います。
  • クリティカルは重要という意味だと思っていました。批判的という意味を兼ねていることを知り、今回学んだ内容の理解も深まりました。いろいろな話も楽しかったです。ありがとうございました。

実施、実施対象
2017年 7月     10名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 非常に重要な内容がよく資料にまとめられていて、講義は分かりやすく、グループワークが良いトレーニングになりました。
  • 「どうやって改善しよう」とHow思考で考えがちですが、そのまま思考が停止してしまうこともあります。これからは「なぜこうなっているのか?」とWhy思考で考えることで、いろんな気づきを得ていきたいです。
  • 色々な意見を聞けたことで、多面的な物の見方ができるようになり、勉強になりました。

実施、実施対象
2017年 6月     11名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日々の業務を通じて、「本当にこれでいいのか?」「他に良い案はあるのか?」など、常に問い続けることが重要と思ったので、自分の業務を見直そうと思う。問題にあたったときに、回り道をすることがよくあるので、最短ルートで解決できるために問題発見できるようになりたい。
  • 既存のシステムや体制に疑問を持ち課題を発見することで新しい提案が出せると思うので今後の業務やプロジェクトにおいても中立的に分析しながら改善していこうと思います。
  • 業務改善を考える際に、疑ってみることで質の高いものにしていきたい。本質を見抜くクリティカルシンキングのクセをつける。

実施、実施対象
2017年 5月     8名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 疑うことを忘れず日々の業務に取り組んでいきたいと思います。疑って得た内容で顧客満足度が上がれば嬉しいです。
  • お客様からの仕様確認時に「本当に必要なのか?」を自問自答していきたいと思います。ロジカルシンキングとも関わりある研修なので合わせて受講したいと思います。
  • 自分の実践はもちろん、この内容を部下にも伝えたい。自分自身に疑問をつけるだけなく、他者の意見にも疑問をつけてちゃんと発信する。

実施、実施対象
2017年 4月     7名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 同じ仕事を続ける場合でも定期的にこの内容で良いのか?などと確認していきたいと思いました。自分を向上させていくことが必要だと思いました。良いきっかけになりました。
  • 批判的に考えるのは出来ているように感じましたので、そこをベースに論理的に考え、再構築していくことを心がけます。ロジックツリー・フレームワーク等、日常の業務でも使用する機会をつくっていきます。
  • 人を説得する事は苦手だと思っていたが、実は難しい事ではないと学んだ。今日学んだ手法を使っていきたい。アウトプットのためのインプットを多くしていきたい。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
95.0
講師がとても良い・良い
94.2

※2016年10月~2017年9月

公開講座の年間実績
受講者数※1
42,828
開催数※1
5,562
講座数※2
1,828種類
WEBinsource
ご利用者数※2
5,804

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2017年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。

昨年は180のリクエストにお応えしました!希望の日程がない!とお悩みのご担当者様。ご希望のカリキュラム、ご希望の日程で研修リクエストを承っております。