人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

研修の目的・特徴

日々の業務は問題解決の連続

本研修は、問題解決の流れ(「問題発見→課題設定→解決策策定→解決策実施」)の中で求められる視点や考え方、手法を身につけることで、誰でも問題解決に向けた正しいアプローチができるようになる研修です。

我々の日常業務は日々、問題解決の繰り返しです。職場内のトラブルをいかに解決するか、売上目標をいかに達成させるか、いかにコスト削減を図るかなど、解決するべき問題は山積みです。その問題をうまく解決できるか否かは、個人の評価のみならず、組織の価値を決定づけると言ってもよいでしょう。

100人に1人しかできない問題解決?

問題解決には、大まかにわけて2つのアプローチがあります。1つ目は、身近な、取り組みやすい問題から取り組むことで、小さな成功体験を積み重ね、大きな問題の解決へと近づいていくというものです。
2つ目は、言い方は様々ありますが、大きな真の問題、すなわち取り組むのが困難な問題に立ち向かい、それを解決することによって、大きな成功を得るというものです。
後者は、聞くからに魅力的で、実際望ましいことですが、これができる人は、残念ながら100人に1人いるかいないかです。

できるだけシンプルな見方と考え方で問題を見つける

インソースの問題解決研修は、「100人に1人ができる」方法ではなく、前者のアプローチに基づいて「誰もが問題を解決できる」ようになることを目指しています。
そして、最も重要視しているのは先に述べた「流れ」の一番最初にある「問題発見」です。
最も重要でありながら、求められるのは「できるだけシンプルな見方と考え方で問題を発見すること」です。

「6つの視点(お客さま・業務・人・費用・組織・比較)」で問題を洗い出す

「小さな成功体験を積み重ねる」ためには、まずできるだけ多くの問題を見つけ出すことが必要になります。そこで本研修では、まず「6つの視点(お客さま・業務・人・費用・組織・比較)」を身に付けていただきます。このフレームワークはシンプルではありますが、必要十分かつ使いやすく、覚えやすいことがポイントです。この「視点」を使って、研修内で実際に自組織の問題を見つけ出していただきます。

「2つの軸(重要度と緊急度)」で取り組むべき問題を決める

思いつく限りの問題を洗い出したら、次に、どこから取り組むのがベストかを考えます。限られたコストの中で取り組む以上、この工程は必要不可欠です。そこで、重要度と緊急度のマトリックスで解決の優先順位をつけます。すると、自組織が取り組むべき問題が自ずと見えてきます。
あとは組織の現状を見て、取り組める問題か、取り組めない問題かを考えるだけです。ただし、ここでは少し背伸びをする必要があるかもしれません。「解決に取り組みたい」という強い意思が、実際に解決するうえでの大きな原動力になるからです。

単純明快さと研修内での実践が「現場での実現可能性」を高める

このように、インソースの問題発見の思想は“(「お客さま・業務・人・費用・組織・比較」という)6つの視点”と“「重要度・緊急度」”という2軸さえ身につけば、誰もが問題を発見できるということです。
この単純明快さに加えて、“研修内容をその場で自組織にあてはめて実践できること”、この2つの相乗効果で生まれる「現場での実現可能性の高さ」が本研修の特徴です。

豊富な実績

1.実践的な問題発見力が手に入る
「自分には気づかなかった問題が、なぜあの人にはわかったのだろう?」と思う経験が誰にでもあるのではないでしょうか。本研修は、問題発見のポイントをフレームワークで習得するとともに、職場における具体的な事例も交えてお伝えすることで、実践的な問題発見力を身につけることができます。

2.研修後、現場に戻って即実践
まさに「今」、現場で困っている問題を取り上げて、具体的な解決策の策定とその実施計画の作成まで落とし込みます。現場に戻ったら、みなさんは即実践するのみです。

3.グループワークで新しい発見
インソースの問題解決研修は、グループワークを中心に進めます。問題解決における他のメンバーの考えや、他部署での実例などを共有することを通して、自身の問題の解決の手掛かりを得ることができます。

1年間の総受講者数
3,764

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

91.5 %

講師:大変良かった・良かった

93.1 %

受講者の声

実施業界実績(一部)

スキルを活かし成果を上げてきた講師

プロジェクトマネジメントや経営企画などの特に問題発見・解決が欠かせない業務で成果を上げていた講師が担当させていただきます。現場経験豊富な講師が自身の体験談も交えながら、実践的に研修を進めます。

研修ラインナップ

インソースの問題解決・課題解決研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

標準テキストをベースに、お客さまと打ち合わせを繰り返しながら、カスタマイズしてテキストを完成させていきます。
お客さまの組織や現場に合わせて、内容・レベル感を柔軟に変えています。


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ

本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 3,764
  • 内容をよく理解・理解
    • 91.5
  • 講師がとても良い・良い
    • 93.1

※2015年10月~2016年9月


関連研修
一般的な研修例
半日の研修例
新人・若手対象の研修例
部下指導研修 コミュニケーションの課題を解決する編(1日間)
新入フォロー研修 問題解決編(1日間)
問題解決研修(1日間)

公開講座問題解決研修

関連研修テーマ
ロジカルシンキング研修
初級管理職研修
中堅社員研修

関連eラーニング
ミテモの問題解決・課題解決のeラーニングコンテンツ

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。