【公開講座】(半日研修)ハラスメント防止研修~セクハラ・パワハラを生まない職場づくり

【公開講座】(半日研修)ハラスメント防止研修~セクハラ・パワハラを生まない職場づくり
17/11/06 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者

・中堅以上、特に管理職の方で、部下・後輩をお持ちの方
・セクハラ・パワハラの相談窓口担当者の方

◆受講される方やご担当者さまのお悩み
 「ハラスメントに関する基本的な知識を学びたい」
 「指導とハラスメントの、境界線がわからない」
 「どのような発言・行動がハラスメントに該当するのかを知りたい」

研修内容

本研修では、セクハラ・パワハラへの正しい理解を促します。①判断基準と②曖昧なグレーゾーンについての対処方法を学んでいただきます。

◆研修のポイント
①セクシュアルハラスメントの判断基準となる「主観性」を前提とし、
 具体的な行動を知る
②パワーハラスメントの判断基準となる「客観性」を前提とし、
 具体的な行動を知る
③ハラスメント防止のための組織体制作りと相談を受けたときの
 アドバイス方法を理解する

※2017年1月1日に、改正された男女雇用機会均等法が施行されました。
この改正に伴い、本研修では
・マタニティハラスメント(妊娠・出産等に関するハラスメント)
・LGBTなどの性的少数派へのセクハラ
についても取り上げます。

ワークのポイント

①セクハラ・パワハラについて、普段の行動を振り返り、認識度をチェックしていただきます。
②セクハラ・パワハラのグレーゾーンについて考えていただき、判断基準を明確にしていただきます。
③ハラスメントを防止するために、ご自身が明日から取り組んでいけることを考えていただきます。

研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.ハラスメントとは
    (1)ハラスメントの種類
    (2)ハラスメントと同様の組織のリスク
    (3)ハラスメントが与える影響
講義
  • 2.セクハラ認識度チェック
    【ワーク】どの程度のことが「セクハラ」にあたるのか自分の認識を
    チェックする
ワーク
  • 3.セクシュアルハラスメントとは
    (1)セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは
    (2)2つのセクハラタイプ
    (3)セクハラの原因
    (4)セクハラの判断基準
    (5)セクハラグレーゾーン
    【ワーク】セクハラに該当する行為にチェックをし、セクハラになる
    (ならない)理由を考える
    (6)セクハラを防ぐために
    (7)セクハラと認定された事例
講義
ワーク
  • 4.パワハラ危険度チェック
    【ワーク】どの程度のことが「パワハラ」にあたるのか自分の認識を
    チェックする
ワーク
  • 5.パワーハラスメントとは
    (1)パワーハラスメントとは
    (2)6つのパワハラタイプ
    (3)パワハラの原因
    (4)パワハラの段階別行動
    (5)パワハラグレーゾーン
    【ワーク】パワハラに該当する行為にチェックをし、セクハラになる
    (ならない)理由を考える
    (6)パワハラか正当な指導か
    (7)パワハラを起こさないために
    (8)パワハラと認定された事例
講義
ワーク
  • 6.ハラスメントの未然防止、相談を受けた場合の対応
    (1)ハラスメントの未然防止
    (2)部下からハラスメントの相談を受けたら
講義
  • 7.明日から行うハラスメント撲滅への行動
ワーク

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

講師から見たある日の研修風景

男女半々の受講者で、グループ討議も盛り上がりました 。
ハラスメントを基礎から学ぶ内容でしたが、コミュニケーションの有無によって問題になったり、ならなかったりするという原理、原則を理解し、コミュニケーションの重要性を再認識していただけたと思います。
今後につきましては、コーチング能力やリーダーシップ能力を高める研修等を実施され、さらに管理職の方のコミュニケーション能力を高めていただきたいと思います。

受講者の評価

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた
97.7 %
講師:大変良かった・良かった
96.3 %

※2016年10月~2017年9月

実施、実施対象
2017年 10月     12名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • セクハラ・パワハラと気付いていないこともあるので、社員へ具体的に何がセクハラなのか、パワハラなにか周知し認識してもらうようにしたい。
  • 自信の業務中の振る舞いを今一度振り返り、改善したい。周囲を看過せず、気づいた点は周知していきたい。

実施、実施対象
2017年 9月     11名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今までにもハラスメントの相談等を受け、対応をしたことがありましたが、その際の注意点や留意事項が具体的に学べましたので、実際の業務に活かせていければと思います。
  • ハラスメントは相手が主観的に考えたり、組織の客観性で発生してしまうので、自分が正しいと思わずに他人を尊重して業務に携わっていきたい。

実施、実施対象
2017年 9月     12名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • パワハラ・セクハラの定義が自分の中で曖昧だったのが明確になった。自分のみでなく、同僚たちにも伝えていきたい。
  • 今、自分の中の意識を少しでも変えていけるようにしたいと思います。部下、後輩などに少しでも理解をしてもらえるようにしたいです。

実施、実施対象
2017年 8月     7名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ハラスメントについては常日頃から意識し、周りにも目配せして無意識に行動できるようにしたい。
  • 自らがハラスメント行為に当たる言動をするのを避けるだけでなく、ハラスメントがなくなる(早い段階で芽を摘む)職場づくりに活かしていきたい。

実施、実施対象
2017年 8月     8名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーションは第一に取る必要があると感じました。相手がハラスメントと感じないようにすることを心掛けたいと思います。
  • 改めてハラスメントの考え方を再確認できた。グループワークで様々な意見を伺うことができ、有益だった。

実施、実施対象
2017年 7月     8名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • あらためてハラスメントを再認識することで、日常のマネジメントにも気づきがあると思います。本日はありがとうございました。
  • 講師の方の経験談と豊富なワークで、最後まで集中して受講できました。
  • 参加者同士での話し合いは、理解を深めるうえで有益と思います。また、経験を持つ方自身が講師になるということに共感を覚えました。研修のうえでよい方法だと思います。

実施、実施対象
2017年 6月     10名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90.0%
参加者の声
  • ハラスメントの相談窓口として、相手を気づかいながら適切に対応していきたいと思う。なかなか難しいということが理解でき、逆に最終的にどうすれば良いかということを結論づけにくいということがわかった。社内で、相談された場合の手順等を検討していきたい。
  • 職場づくりという面に関してですが、普段から「ハラスメントの相談受けるよ?」といった言葉だけではなく、信頼関係が重要だと思ったので、会社全体としてまずは雰囲気づくりからできればと思います。最初から会社全体でやろうというのは大変なので、自分の部署からでも信頼関係が築けるような雰囲気づくりをしていきたいです。
  • まだ管理職を経験していない身で参加させていただきましたが、今の自分の部署でも実勢すべきことをたくさん教わりました。意識を持つだけでも大きく変わってきますので明日からもっと広く職場に目を向けたいです。上司への理解も深まりましたので、もっとうまくサポートできるようにしたいです。

実施、実施対象
2017年 5月     11名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • セクハラ・パワハラ防止の基本的な考え方は「1人1人は違うものなのだ」ということを再確認することだと感じました。1人1人の違いを尊重して、人権に敏感になることは、自社の使命とか、日々の業務に通じるものなので、セクハラ・パワハラ研修を実施することで、さらにパワーアップできると思います。
  • 社内でのコミュニケーションの必要性を強く感じました。それによって未然に防ぐこともできるということを認識し、職務にあたりたいと思います。
  • 相談された時の対応については、とても具体的にレクチャーして頂けたので、すぐに実践できる。ハラスメント対策は、一番の対策は日頃のコミュニケーションのあり方が大切、ということで納得した。日頃のコミュニケーションを見直してみたい。

実施、実施対象
2017年 4月     12名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の中の「ふつう」「あたりまえ」という考え方を客観的に見る必要があると感じました。忙しいを理由にコミュニケーション不足にならないように努めたいと思います。
  • グレーゾーンに気を付けたいと思いました。個々をよく見て相手によって対応を気をつけたいです。あと、相談できる人も見つけます。
  • まだ自らは部下の立場にいることが多いが、いずれ管理職になったとき、どう部下と接していくか考えるとき参考にしたいと思った。また同僚や後輩に対しても「個」を意識してコミュニケーションしたいと考えた。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.7
講師がとても良い・良い
96.3

※2016年10月~2017年9月

公開講座の年間実績
受講者数※1
42,828
開催数※1
5,562
講座数※2
1,828種類
WEBinsource
ご利用者数※2
5,804

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2017年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。

昨年は180のリクエストにお応えしました!希望の日程がない!とお悩みのご担当者様。ご希望のカリキュラム、ご希望の日程で研修リクエストを承っております。