【公開講座】(半日研修)ダイバーシティ時代のハラスメント防止研修

【公開講座】(半日研修)ダイバーシティ時代のハラスメント防止研修
17/08/16 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者

新人・若手の方から管理職の方まで、どなたでもご受講いただける研修です。

研修内容

本研修は、これまでのハラスメント研修で取り扱っていたパワーハラスメント(パワハラ)、セクシュアルハラスメント(セクハラ)に、マタニティハラスメント(マタハラ)や外国人差別、LGBTへのセクハラなどの要素を追加した研修です。

ハラスメントに関する法律や世間の価値観は、常に変化しています。かつては問題視されなかったことも、時代の流れとともに見方が変化し、ハラスメントと認定されることもあります。

そのため、現状に合ったハラスメントへの理解を深め、複数のメンバーで協力し合って、職場のハラスメントを撲滅することを目指します。

ワークのポイント

実際に、ハラスメントを見てしまった際に、どう対応し、どう解消するべきかを、具体的なケースで考えていただきます。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】ケースを読み、職場での振る舞いとして適切か否かをチェック
     ~ハラスメントのリスクがある言動にアンテナを立てる
ワーク
  • 2.多様な人が共に生きる時代を考える
    (1)人材が多様化している ~様々な人の立場で考える必要がある
    (2)ダイバーシティの目指すものとは ~誰もが活躍できる社会・組織づくり
    (3)組織のダイバーシティ推進のメリットの一例
    (4)組織のダイバーシティ推進に潜むリスク
    【参考】様々な人材を知る
    (1)多様化する「女性」 (2)多様化する「男性」 (3)LGBT(XQ)
    (4)様々な年代の人材 (5)異文化出身者 (6)障がいのある人材
講義
ワーク
  • 3.ハラスメントとは
    (1)ハラスメントとは
     ①パワハラ ②セクハラ ~性役割のおしつけもセクハラ、LGBTをとりまくセクハラ
     ③アルハラ ④モラハラ ⑤アカハラ ⑥マタハラ ⑦人種差別
     ⑧宗教軽視 ⑨障がい者差別
    (2)ハラスメントがもたらす様々な悪影響
    【ワーク】組織内でハラスメントが発覚した際の悪影響を「被害者」「加害者」「組織」の立場で考える
    (3)ハラスメントの判断基準
     ①客観性と主観性の双方で判断する ②時代によって変化する
講義
ワーク
  • 4.ハラスメントを招かないために
    (1)誰もがハラスメントをする可能性があることを認識する
    (2)まずは指摘を受ける姿勢を示す
    【ワーク】自分の癖チェック
    (3)指摘された際には反論せず受け止め、受け入れる
    (4)同じハラスメントを繰り返さない
講義
ワーク
  • 5.ハラスメントを見かけたら ~悪化させないために
    (1)見て見ぬふりをしない
    (2)指摘しにくいことでも勇気と厳しさをもって注意する
    【ワーク】ケースにおいて、どのように指摘するか考える
      ①飲み会での男性部長の女性新人へのセクハラ・アルハラについて
      ②男性独身社員への同性愛を疑うセクハラについて
      ③課長のパワハラについて ④職場内の人種差別発言について
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】研修を受講し、明日から取り組むことを宣言する
講義
ワーク

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

講師からひとこと

受講者は、講義を頷きながら聴いている姿が多くあり、またメモをとっている姿も多く見られました。最後まで熱心に受講され、講義の進行はスムーズでした。また、質疑応答がいくつかあり、今回の研修は考え方を深めるキッカケになるものであったと感じました。
本研修を活かす為にも、具体的なコミュミケーション力やアサーション的考え方を学ぶ研修の開催をご提案したいです。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
公開講座LINK
公開講座の年間実績
  • 受講者数※1
    • 35,530
  • 開催数※1
    • 4,997
  • 講座数※2
    • 1,579種類

インソースの実績

  • 総受講者数※1
    • 38.6万
  • お取引社数※3
    • 19,133

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2017年3月末時点

※3 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

お申込みの流れ
お申込み後の流れ
FAQ
活用事例

ラインナップ
管理職研修
中堅社員研修
若手向け研修
新人研修
CS向上のためのスキル
コールセンター向け研修
SE向け研修
土曜日研修

豊富なサービス
受講したい研修を受講者自身が選べる公開講座申込みシステムです
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております
スマートパックの価格表はこちらから

※税込価格

※上記表の1回換算は、インソース主催公開講座で最もスタンダードな10:00~16:45実施の研修(通常価格\26,000)をご受講の場合です

公開講座のカリキュラムや開催スケジュールなどの情報をカンタンに検索・ダウンロードができます!
上記サービスの活用や、公開講座の「豊富なラインナップ」「低コスト」「効率化」という特性を活かして、体系的な教育支援を行っております。
公開講座おすすめ研修
月間 人気研修ランキング
(階層別お申込み数)
階層別研修 推奨プラン
(若手・中堅・管理職)
おすすめ研修
(新作情報・キャンペーン)


昨年は180のリクエストにお応えしました!希望の日程がない!とお悩みのご担当者様。ご希望のカリキュラム、ご希望の日程で研修リクエストを承っております。