【公開講座】メンタルヘルス研修~ラインケア

【公開講座】メンタルヘルス研修~ラインケア
17/08/10 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者

・管理職層など組織・チームを管理監督する立場にある方
・メンタルにおいて、セルフコントロールを苦手としている部下をお持ちの方
・ご自身も「ストレス」とうまく向き合い、メンバーと共に心身良好な職場を築きたいとお考えの方

研修内容

本研修では、メンタルヘルスに対する知識を身につけ、自分だけではなく、部下への対応を理解し、心身良好な職場を築いていくことを目標とします。

◆研修のポイント
①ストレスに関する基本的な知識~現状・要因・症状を知る
②セルフケア~ご自身の思考パターンを知り、ストレスへの対処方法を学ぶ
③ラインケア~職場メンバーの現状を把握し、変化に気付けるようにする
④休業・休職したメンバーの復帰支援の流れ・フローを知る
⑤職場でのコミュニケーション~メンタル不調の早期発見・防止に必要なコミュニケーションスキルを再確認する

※本研修に併せて、「(半日研修)「うつ」からの職場復帰を支援する方向け研修~初級編」のご受講もおすすめです。メンタルヘルスの観点から、「うつ」に関する適切な知識と、職場復帰の際の支援方法を学んでいただく半日間の研修です。

ワークのポイント

①ご自身の部下や後輩に関する心配事について考えていただきます。
②ご自身はどんな時にストレスを感じるか考えていただきます。
③部署メンバーを洗い出し、それぞれの性格や働き方など振り返ります。
④洗い出したメンバーについて、現在の業務量や職場環境を整理します。
⑤職場のメンバーが気持ちよく働けるために工夫していることを共有します。
⑥ケーススタディをもとに想定された人物に対し、どのような働きかけをするか考えていただきます。
⑦今日から職場で具体的に取り組むべきことについて、具体的に考えます。

研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.メンタルヘルスの現状
    (1)メンタルヘルスに関する調査結果
    (2)管理者に求められる役割
    【ワーク】部下や後輩について心配や悩みはあるか、何をすべきだと考えるか
    (3)組織としてメンタルヘルスに取り組む
    (4)メンタルヘルスに取り組む際の心構え
    【参考】ストレスチェック制度
講義
ワーク
  • 2.ストレスの要因とストレス反応
    (1)あなたはどんな時にストレスを感じますか
    【ワーク】どのようなストレスを感じるか考える
    (2)ストレスの要因
    (3)自分にとってのストレス要因を整理する
    【ワーク】自分にとって大きなストレス要因となったものを洗い出す
    【ワーク】自分にとって小さなストレス要因となったものを洗い出す
    (4)ストレス反応
    (5)自分の思考のクセを知る 【ワーク】大きなストレスを分析、整理する
    【ワーク】小さなストレスを分析、整理する
講義
ワーク
  • 3.ストレスへの対処(セルフケア)を考える
    (1)ストレスへをどう捉えるか
    (2)様々なストレス対処法と身体に及ぼす好影響
講義
  • 4.ラインケア
    (1)ラインケアとは
    (2)メンバーの特徴・傾向を知る
    (3)職場環境の問題点の把握と改善
    【ワーク】部署メンバーの特徴と業務量、業務上配慮が必要なことを整理する
    (4)上司自身が原因とならない ~ハラスメントを自覚する
    【ワーク】セルフチェック ~自身の癖を振り返る
    (5)メンタル不調の予兆把握
    (6)職場でメンタル不調者に気づいた際の対応
    (7)演習
    【ワーク】ケースをふまえ、働きかけ方を考える
    (8)相談窓口を明確にしておく
講義
ワーク
  • 5.メンタル不調での休業から職場復帰までの支援
    (1)メンタル不調での休業
    (2)職場復帰支援の流れ
講義
  • 6.メンタルヘルスの観点からの職場づくり
    (1)日常のコミュニケーションで行っている工夫・取り組みは?
    【ワーク】自身の職場で工夫していることをグループで共有する
    (2)前向きなコミュニケーションの土壌があること
    (3)承認欲求を満たし、帰属意識を持てること
    【ワーク】自部署は承認欲求を満たし帰属意識を持てる職場か、より強化するために何ができるかを考える
    (4)職場では意識して「ポジティブな言葉」を使う
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

講師からひとこと

受講者の中には、実際に職場にメンタル不調者がおり、具体的なお悩みをお持ちの方々もいらっしゃいました。
お互いに悩みを開示しあって対策を考えるなど、有意義な時間になったと思います。
特に、ラインケアではメンタル不調の疑いのある人への声掛けや、復職者への配慮について、セルフケアの内容ではネガティブなストレスに対してどうやってポジティブな思考で対処すればいいのかなどに強く関心があり、議論していただけました。

受講者の評価

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた
98.6 %
講師:大変良かった・良かった
98.6 %

※2016年4月~2017年3月

実施、実施対象
2017年 7月     5名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 講師の方が具体例(ご自身の体験談)を交えて説明して頂いたのがわかりやすかったです。適度なゲームやワークもあってよかったです。
  • 研修終了後、疑問に思っていたことが解決できたため、とてもスッキリした気持ちになれました。今後は「思考のクセ」を改善していき、相手の視点で考えられるように、業務にも活かしていけるよう努めたいです。

実施、実施対象
2017年 6月     6名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ぼんやりと自分の主観でしか、スタッフのストレスなどを認識出来ていなかったが、今回の知識をフルに活かして環境を改善していきたいと感じた。
  • メンタル予兆把握のための事例を定期的にチェックし、普段との違いに気を付けられるようにしたいと思います。また普段のコミュニケーションの際に、「一枚の写真」に取り組めればより良い関係を築ける第一歩になりそうなので、他の主任・課長とも共有したいと思います。
  • 自分自身の安全配慮にも十分気を配りながら、心の健康についてセルフチェックを行なう必要があると思いました。それがなければ他者への気付きにもつながっていかないなと思いました。

実施、実施対象
2017年 5月     4名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ストレスチェックリストと産業医。この講習で初めて知った言葉なので、早速会社に進言して設置してもらうようにしたいと思いました。ひとりひとりの分析が足りないということにいも気付かされたので、さっそくグラフ作りも始めたいと思いました。
  • 職員との信頼関係を築いて、相談しやすい、話しやすい、と思われる職員を目指す。日頃から一人ひとりの様子をチェックして早めの対応を行う。

実施、実施対象
2017年 4月     3名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 会社(特に管理者)にフィードバックして、共有しながら、職場環境の改善をしていきたいと思います。自分の思考スタイルも少しずつ変えていき、楽しく仕事ができるようにしたいと思います。
  • ストレスの要因からストレス反応が出るプロセスや、ストレスコーピングのシェア、認知の歪みにはまっている人へのアプローチ等、同僚にも出来る事はあるので、チームに持ち帰って活かしていきたい。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
本研修の評価
  • 内容をよく理解・理解
    • 98.6
  • 講師がとても良い・良い
    • 98.6

※2016年4月~2017年3月


公開講座LINK
関連研修
公開講座の中堅・リーダー向け研修の特徴を詳しく解説しております。

関連中堅・リーダー研修スケジュール

公開講座の年間実績
  • 受講者数※1
    • 35,530
  • 開催数※1
    • 4,997
  • 講座数※2
    • 1,579種類

インソースの実績

  • 総受講者数※1
    • 38.6万
  • お取引社数※3
    • 19,133

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2017年3月末時点

※3 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

お申込みの流れ
お申込み後の流れ
FAQ
活用事例

ラインナップ
管理職研修
中堅社員研修
若手向け研修
新人研修
CS向上のためのスキル
コールセンター向け研修
SE向け研修
土曜日研修

豊富なサービス
受講したい研修を受講者自身が選べる公開講座申込みシステムです
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております
スマートパックの価格表はこちらから

※税込価格

※上記表の1回換算は、インソース主催公開講座で最もスタンダードな10:00~16:45実施の研修(通常価格\26,000)をご受講の場合です

公開講座のカリキュラムや開催スケジュールなどの情報をカンタンに検索・ダウンロードができます!
上記サービスの活用や、公開講座の「豊富なラインナップ」「低コスト」「効率化」という特性を活かして、体系的な教育支援を行っております。
公開講座おすすめ研修
月間 人気研修ランキング
(階層別お申込み数)
階層別研修 推奨プラン
(若手・中堅・管理職)
おすすめ研修
(新作情報・キャンペーン)


昨年は180のリクエストにお応えしました!希望の日程がない!とお悩みのご担当者様。ご希望のカリキュラム、ご希望の日程で研修リクエストを承っております。