人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

【公開講座】変革リーダー研修~人数を増やさず今のメンバーで変革を実現する

【公開講座】変革リーダー研修~人数を増やさず今のメンバーで変革を実現する
16/09/02 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者

課長~部長級の管理職の方

研修内容

事業環境が想像以上のスピードで変化する現代において、組織を成長させるリーダーには「5年後、10年後の世界は?」「自分が経営者なら?」という高い目線が求められます。

そこで本研修では、変革を「5年後、10年後の将来を見据え、組織に有用な新しいことを実現すること」と定義し、変革の具体的な進め方をお伝えします。

◆研修のポイント
「変革実現の4ステップ」を学び、自組織の変革企画書を完成させていきます

■変革実現の4ステップ
ステップ1:高い目線で変革目標を設定する
ステップ2:業務改善で既存業務を8割の人材でこなし、変革人材を捻出する
ステップ3:捻出した2割の人材で特命チームを編成する
ステップ4:チームに「勢い」をつけ、変革を実行する

研修プログラム例

研修プログラム
  内容 手法
  • 1.変革とは何か
    【ワーク】あなたの「変革リーダー研修」受講の目的をお書きください
    ■本研修における変革とは
    ~5年後、10年後の将来を見据え、組織に有用な新しいことをやる
講義
ワーク
  • 2.変革実現の手順
    ステップ1:高い目線で変革目標を設定する
    ステップ2:業務改善で変革人材を捻出する
    ステップ3:捻出した2割の変革人材で特命チームをつくる
    ステップ4:チーム全体に「勢い」をつける
講義
  • 3.変革目標を設定する
    (1)将来を考えるための時代認識
    (2)5年後、10年後を考える
    【ワーク】5年後、10年後のチャンスとピンチ・課題を考える
    (3)実例から学ぶ変革すべきものの洗い出し方 
    (4)実例から学ぶ変革すべきことの決め方
    (5)変革目標とKPIの設定
    【ワーク】自チームの変革目標とKPIを考える
    (6)変革を実現するための行動原理、変革者の言葉
    ~チェ・ゲバラ、リンカーンなど、大きな変革を成し遂げた人物に学ぶ
    【ワーク】変革のキャッチフレーズを考える
講義
ワーク
  • 4.業務改善で変革人材を捻出する
    (1)人材を捻出する業務改善のやり方
    ①リーダーの発想を変えるのがスタート ②業務改善の勘所
    (2)人材捻出策を考える
    【ワーク】人材を捻出するために、既存業務の何を変えるべきか考える
講義
ワーク
  • 5.変革を実現するチーム作り
    (1)捻出した人材で特命チームをつくる
    (2)変革を語り、部下を説得する
    【ワーク①】特命チームのメンバーを決める
    【ワーク②】メンバーが変革に反対してきたとき、もしくは不安があるといってきたときに説得するための言葉を考える
講義
ワーク
  • 6.変革マネジメント
    (1)変革に「勢い」をつける
    ①実行のスピードで変革に勢いをつける
    ②変革に勢いをつける部下の動かし方
    ③変革に勢いをつける部下育成・指導
    【ワーク】変革に「勢い」をつける方法を考える
    (2)変革リーダーのリスク管理
    ~変革を頓挫させないためのリスクマネジメント
講義
ワーク
  • 7.まとめ 
ワーク

研修制作者からひとこと

“リーダーに求められるのは変革”なんて言われても、「何をしていいかわからない」「どのように考えたらいいかわからない」というのが、ほとんどの人の本音だと思います。
そこで本研修は、難しい理論や根性論ではなく、「変革の具体的な“やり方・考え方”がちゃんとわかるように」、という思いで作成しました。

さらに、「“変革しろ”と言われても、人が足りない。今の業務でチームは手一杯」という、多くのリーダーの皆さまが抱えるであろうお悩みにお応えすべく、本研修は「人数を増やさず今のメンバーで変革を実現する」というテーマのもとに設計され、そのノウハウを多くお伝えしています。

変化の激しい現代のビジネスシーンに求められるリーダーの育成において、大きな意義を持つ研修だと思っております。是非ご活用ください。

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

この研修を受講した方はこんな研修も見ています

管理職向け研修~マネージャーとしての課題を整理する

管理職向け研修~マネージャーとしての課題を整理する

管理職の役割の体系的理解と、管理手法の理解

対象 部長向け
会社を強くする管理職研修

会社を強くする管理職研修

経営のプロの鋭い指導で組織の課題を解決する力をつける

対象部長向け
キャリア形成支援研修(1日間)

キャリア形成支援研修(1日間)

部下のキャリア形成支援を学ぶ!

対象 部長向け
異業種交流セミナー~次期経営リーダーとしての構想力編(3日間)

異業種交流セミナー~次期経営リーダーとしての構想力編(3日間)

多様な判断基準を知り、自社の課題解決に活用!

対象 部長向け

受講者の評価

実施、実施対象
2016年 7月     7名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 組織の中で業務推進をしていることから、本日研修を受けた中身では特にチームづくりのところが大変役立ちました。コミュニケーションの重要性など、これらを念頭に業務に活かしていきたいと考えております。
  • 今回異業種の方々と同席できたことで、違った視点からの見方も共有させていただき、有意義な時間となりました。ありがとうございました。

実施、実施対象
2016年 6月     14名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94%
参加者の声
  • 何かを変革していくにも、ルールが必要、そのルールは変化し、人によっても変わる。基礎をしっかり固めつつ、情熱をもって部下に方向性を示し、小さい事を積み重ねて変革を進めていきたい。 内容が充実しているため、もっと深く考えたり、チームで議論したかったです。質疑やアウトプットが多いと学びが深まると思います。
  • 後半の「変革を実現するチームづくり」~「変革マネジメント」は自業務に直結する内容で大変参考になりました。あとは実践あるのみとおもいます。 異業種の方で交流できて大変貴重な機会となりました。他社の状況、悩みも聞くことができ、自身への刺激となり有意義でした。
  • 5年後、10年後を見据え目標、計画を立て実行していきたい。結果にこだわりそのプロセスも大切にしていきたい。
  • 近々、所属組織の人員削減ではなく、業務内容拡大の予定があるため、実質的に余剰人員を創出する必要があるため、参考にさせていただきます。また、部下にビジョンを語ることを心がけます。
  • 現状の業務を深堀して見直し、無駄を省き、いかにシンプルにしていくことが大事であると学べたことが大きかったので、明日からの業務改善の一つとして実践していきたいと思っております。 研修を通して業務に活かせる講座をこれからも提供していただけると助かります。

実施、実施対象
2016年 6月     20名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 5年後、10年後の状況をより具体的に想定しなければ、心から自分の示す方向性やビジョンが語れないと感じました。又、ビジョンを実現する為に、やはりワークアウトから人や時間を捻出し、プロジェクトチームを組んで進めていくことの重要性や、部下の動かし方については再確認させていただきました。
  • 現状把握と10年先の将来を考えてみる。考え方によってピンチ、課題もチャンスになる。変革には「勢い」が重要、部下に対してブレないためにも指示以外のやり方は認めない強い意志が必要
  • 変革のテーマでしたが、まずは自分を変革、見直しをすべきだと感じています。まだ社内のKPI見直し、共通目標の共有化を再度しっかりと部下に打合わせ、そしてブレずにやりきるところをまずは進めたいと思います。新しい事を取り組む為の時間捻出をしていく為に現状分析も改めて必要だと感じました。自分の思いを伝え、部下にも育ってもらいます。決めた事はこだわりを持ってやる。PJテーマも作りたいとおもいます
  • 「小さな勝ちにこだわる」です。日々、業務に追われている中、今日1日何ができたのだろうかというがあいまいな気がします。朝MTGにて自分と部下が定量化して今日これはやるということを宣言して、前向きな活動の成果を積み上げていけるよう指導実践していきます。
  • 「今何が第一か?」を決定し、具体的なKPI管理に落とし込んで、スピード感を持って・しつこく活動を促し・異なった仕事のやり方を許容せず・判断の根拠を常々説明してチームの勢いを出していこうと思います。

実施、実施対象
2016年 5月     6名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の行動と比較して正しいこととできていることが明確になった。プロジェクトにより進め方が違うことも想定されるので、進め方をチェックする意味でも振り返りながら活用していきたいと思います。
  • リスクミーティング、著名人の名言を部下になど、テキストの中に明日から取り入れられることが多かった。
  • 5年後を考えて業務を進めていきたい。テキストで紹介されている本を読んでみたい。講師の方の経験談を聞くこともできて有意義な時間でした。

実施、実施対象
2016年 2月     8名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 現在1拠点の長をやらせていただいているが、自分の日々の振る舞いが部下にはどう見えているのか気になる事があります。今日の研修の要点を踏まえ、自信をもって業務に当たります。
  • 自身のリーダーとしての在り方、部下との接し方に活かしていきたいと思います。更に、次のリーダーをそだてていけるよう活かしていこうと思います。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

ページトップへ
関連の管理職研修
公開講座の管理職研修の特徴を詳しく解説しております。
管理職研修ラインナップ
お忙しい管理職の方に土曜日の講座も準備しております
管理職に必要なことを網羅できる一般的な研修例
評価を習得する研修
役員向け異業種交流研修

関連管理職研修スケジュール

公開講座の年間実績
  • 受講者数※1
    • 26,876
  • 開催数※1
    • 3,110
  • 講座数※2
    • 991種類

インソースの実績

  • 総受講者数※1
    • 33.4万
  • お取引社数※3
    • 15,323

※1 2015年4月1日~2016年3月31日

※2 2016年5月末時点

※3 2003年6月から2016年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

公開講座新作研修
2016年9月20日
中堅社員向けオーナーシップ研修
2016年9月15日
(半日研修)ワーキングマザー研修~仕事の進め方編
2016年9月12日
(半日研修)接遇研修~「障害者差別解消法」を考える編
2016年9月12日
(半日研修)メンタルヘルス研修~風通しのよい職場づくり編
2016年9月10日
(半日研修)ダイバーシティ時代のハラスメント防止研修

豊富なサービス
約3,000社のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス ※2016年5月末時点
公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております
公開講座のカリキュラムや開催スケジュールなどの情報をカンタンに検索・ダウンロードができます!
昨年は180のリクエストにお応えしました!希望の日程がない!とお悩みのご担当者様。ご希望のカリキュラム、ご希望の日程で研修リクエストを承っております。
上記サービスの活用や、公開講座の「豊富なラインナップ」「低コスト」「効率化」という特性を活かして、体系的な教育支援を行っております。
ラインナップ
管理職研修
中堅社員研修
若手向け研修
新人研修
CS向上のためのスキル
コールセンター向け研修
SE向け研修
土曜日研修

開催地一覧
札幌開催  公開講座
仙台開催  公開講座
東京開催  公開講座
名古屋開催 公開講座
京都開催  公開講座
大阪開催  公開講座
広島開催  公開講座
福岡開催  公開講座
全国各地で開催!出張公開講座

公開講座おすすめ研修
月間 人気研修ランキング
(階層別お申込み数)
階層別研修 推奨プラン
(若手・中堅・管理職)
おすすめ研修
(新作情報・キャンペーン)


お申込みの流れ
お申込み後の流れ
FAQ
活用事例


おすすめ研修・サービス