【公開講座】人を動かすコミュニケーション研修~キーパーソンへ働きかける編

【公開講座】人を動かすコミュニケーション研修~キーパーソンへ働きかける編
17/10/03 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者

若手・中堅社員の皆さま

研修内容

ビジネスにおけるコミュニケーションは、自分が望ましいと思う方向に相手を導き、動いてもらうための手段であると言えます。

本研修を通じて、キーパーソンを動かし、仕事を前に進めるためのコミュニケーションを学んでいただき、仕事における実行力を鍛えていただきます。 具体的には、相手を動かすための以下の4つのセオリーについて、リアルなケース事例を基に、コミュニケーションのスキル、テクニックを習得していただきます。

■相手を動かすための4つのセオリー
①ゴールの明確化~コミュニケーションを通じて自分が何を実現したいのかをはっきりさせる
②洞察力~相手の関心事を知り、相手が自分の話に耳を傾けるポイントを探る
③先手必勝~コミュニケーションの主導権を握るために先回りして状況を有利にする
④情報の制御~提示する情報をコントロールして、望ましい回答を導き出す

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.コミュニケーションとは恣意的な行動である
    【ワーク】ビジネスにおいて関係者に動いてもらおうと思う時、どんなことに苦労するか考える
    (1)コミュニケーションは人を動かすための手段
    (2)立場は下でも受身である必要はない
    (3)相手を動かすための4つのセオリー
     ①ゴールの明確化 ②洞察力 ③先手必勝 ④情報の制御
講義
ワーク
  • 2.ゴールの明確化 ~目的意識が伝える力をUPする
    【ワーク】ケースを読んで、どうして望ましくない結果になってしまったのかを考える
    (1)ゴールへの思いの強さが突破力となる
    (2)ゴールが共有できれば「折衝」が「協業」に
    【ワーク】ケースに基づいて営業所長を説得できる提案を練習する
講義
ワーク
  • 3.洞察力 ~相手の関心事に常にアンテナを向ける
    【ワーク】ケースを読んで、どうして望ましくない結果になってしまったのかを考える
    (1)人は聞きたいことしか受け入れない
    (2)相手の関心事を起点に話を展開する
    (3)"間"の良し悪しで雲泥の差がつく
    (4)相手が慣れている"型"を使う
    【ワーク】ケースに基づいて営業所長への報告を練習する
講義
ワーク
  • 4.先手必勝 ~主導権を握って状況を有利にする
    【ワーク】ケースを読んで、どうして望ましくない結果になってしまったのかを考える
    (1)先手を取った者がゲームメーカーになれる
    (2)先に"面倒"を引き受けた者が主導権を握る
    (3)挨拶も先手必勝が鉄則
    【ワーク】ケースに基づいて、メンバーの業務の担当決めについて意思決定をする
講義
ワーク
  • 5.情報の制御 ~望ましい回答を導き出す
    【ワーク】ケースを読んで、どうして望ましくない結果になってしまったのかを考える
    (1)意思決定に必要な情報を意図的に伝える
    (2)最後の結論は相手に口にさせる
    (3)よこしまな情報制御は必ず見破られる
    【ワーク】効果的と思われる手法を駆使し、説得するロールプレイを行う
講義
ワーク
  • 6.本日の研修を振り返って
ワーク

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

講師から見たある日の研修風景

受講者の皆さまから、コミュニケーションの課題点を挙げていただいたところ、自分の思いを伝えることや、若手/年上の部下への指導、反発意見の対応などが多くございました。
相手にとって前向きな”ネタ”を用意すること、洞察力を磨き、相手を動かすための”カード”をたくさん用意することは、特に受講者の皆さまから共感をいただけました。

受講者の評価

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた
97.9 %
講師:大変良かった・良かった
98.5 %

※2016年10月~2017年9月

実施、実施対象
2017年 6月     9名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「想像、積極的、状況に応じて」できているようで改めて考えてみるとできていない時もあったので、3点に注意をしながら仕事時だけでなく、様々な人とコミュニケーションを取りたい。
  • 直接的な交渉だけでなく、たとえば評価面談時にも活かせるなと思いました。相手にささる言葉選びをもっと目指していきます。
  • 自分の希望と同時に、相手の求めるものを想像してコミュニケーションを取ることを心がけようと思いました。また、短くポイントを絞って説明することを大切にしたいです。

実施、実施対象
2017年 5月     7名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 話をする相手の事をもっと考えて、コミュニケーションしていけるように、定期的に資料を見返したいと思います。
  • 学んだことも常に意識してコミュニケーションしていく事が必要だと思いました。なれるまで時間がかかるが、コツコツやっていきます。コミュニケーションを良好にして仲間を増やしたいと思います。
  • 反対される事を頭に入れておき、意見をのべるようにしようと思います。もっと目的をはっきりさせる事が大切なので頭に入れておきます。

実施、実施対象
2017年 4月     6名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手にどうアプローチしていくか、決めつけずにいろんな角度から声をかけていこうと思います。結論から言ってほしい人もいれば、経緯から話してほしい人もいる、そういった大きな捉え方で人と接していきます。
  • 本研修が今まで受けたなかで、もっとも楽しく、身になった研修でした。相手に興味を持たせる、自分の人生を日々充実させるなど、研修内容に直結した話を楽しみながら周りと共有して受けられました。
  • 相手に的確に指示を出せるようにすれば、相手に伝わるということが分かりました。もっと工夫して、意思疎通ができるように考えて、接していきたいと思います。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.9
講師がとても良い・良い
98.5

※2016年10月~2017年9月

公開講座の年間実績
受講者数※1
42,828
開催数※1
5,562
講座数※2
1,828種類
WEBinsource
ご利用者数※2
5,804

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2017年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。

昨年は180のリクエストにお応えしました!希望の日程がない!とお悩みのご担当者様。ご希望のカリキュラム、ご希望の日程で研修リクエストを承っております。