【公開講座】海外赴任前研修

【公開講座】海外赴任前研修
17/09/13 更新
  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者

・海外拠点の管理職となられる方
・海外拠点の管理職としての心構えと求められるスキルを身に付けたい方

研修内容

海外拠点の管理職となられる社員の皆様に求められるスキルを集中的に修得していただくことを狙いとしております。 以下が内容項目ごとの狙いです。

  1. 《海外赴任者とは?》

海外赴任者に求められる役割を定義します。
日本人と外国人で組織を動かすときに、何が重要になるかということを考えます。視点を変えて海外赴任者に求められることを考え、日本と海外の違いを端的に学んでいただきます。

  1. 《社員の指導・育成のポイント》

まず日本における指導・育成のポイントを学びます。 一方で海外におけるそれは、日本での手法とかなり異なることを、グループワークを通じて学びます。

  1. 《危機管理(リスクマネジメント)のポイント》

危機管理とは、範囲はどうであれ“責任”のある立場に就いたら必ず自分でやらなければならないことの一つです。
研修では、現在の業務の中で起こりうるリスクを具体的に考えます。
日常のリスク管理は、「こうなったらどうしよう」ということをあらかじめ決めておかなければいけませんが、それを研修のワークで行ないます。
また、「起こったらどうするか」についても考えます。

研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.文化とは何か
    (1)文化的違い
    (2)ステレオタイプとカテゴリー幅
    【ワーク】「いちご」と同じカテゴリーだと自分が認めるものに印をつける
講義
ワーク
  • 2.異文化コミュニケーション
    (1)ハイコンテクスト文化
    (2)ローコンテクスト文化
    (3)「コンテクスト共有の違い」がもたらすもの
    (4)お互いの文化を理解する
    (5)個人と集団
    (6)主語の考え方
    (7)組織への帰属意識の違い
    (8)ビジネスにおける価値観の違い
    (9)文化のギャップを理解する
    【ワーク】会話を読み、やりとりの良くない点を探し、本当はどうするべきだったのかを考える
講義
ワーク
  • 3.海外赴任者の役割とは?
    (1)担当者としての役割
    (2)海外赴任者に求められる役割
    (3)日本と海外での役割の違い
    【ワーク】国内勤務時のリーダーとしての本来の役割を考える
    【ワーク】海外においてチームリーダーとしてふるまうとはどういうことか考える
    (4)海外赴任者としての留意点(その1コミュニケーション編)
    【ワーク】ケースを読んで、それぞれの状況に対し、自分ならどのように対処するか考える
講義
ワーク
  • 4.現地での人材マネジメント
    (1)日本でのポイント
    (2)海外でのチームマネジメントを考える
    【ワーク】これまで「チームワーク」で上手くいったことを挙げ、海外でも通じるか考える
    (3)現地での人材の評価軸とは
    (4)(職務記述書)に基づく役割定義
    【ワーク】現地法人におけるアソシエイトはだれが作成し、どのように運営すべき(している)か考える
    (5)海外赴任者としての留意点(その2命令・指示、指導編)
    【ワーク】ケースを読んで、自分ならどうするか考える
    (6)海外赴任者としての留意点(その3ミス・トラブル編)
講義
ワーク
  • 5.海外での業務マネジメント
    (1)経営理念を確認する
    (2)現地法人の経営方針を理解する
    (3)経営計画を理解する
    (4)部門の目標設定を行う
    (5)計画を具体化する
    (6)部下への説明責任を果たす
    【ワーク】赴任する現地法人の「経営理念」「経営方針」「経営計画」について考える
    (7)リスクマネジメントのポイント
    (8)日常的な取り組み
    (9)リスクマネジメントの具体例~ケーススタディ
    (10)リスクの洗い出し
    【ワーク】現地法人を想定したリスクの洗い出し、リスク連関図の作成
講義
ワーク
  • 6.まとめ>
ワーク

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

この研修を受講した方はこんな研修も見ています

メンタルヘルス研修

メンタルヘルス研修

危険な兆候を事前に察知し、ストレス病を防止する。

対象 全階層
管理職向け研修~マネージャーとしての課題を整理する

管理職向け研修~マネージャーとしての課題を整理する

管理職の役割の体系的理解と、管理手法の理解

対象 部長向け
業務改善研修

業務改善研修

小さな流れを大きな流れに変えていく人材に!

対象 部長向け
評価者研修

評価者研修

部下・後輩に対して有効なフィードバックで目標達成への動機付け

対象 部長向け

講師からひとこと

マネジメントするにあたり、従来の経験を踏まえながら、日本と海外の違いを考えていただき、現地に赴任してからどう行動すべきかを考えていただきました。私も経験を語りましたし、他の受講生の話からもさまざまなヒントを得ていただけたかと考えます。
ただ、現実に体験しないと分からない部分も多いので、精神的に強い気持ちをもって、経験を積み重ねていくよう助言しました。

受講者の評価

実施、実施対象
2013年 2月     4名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 物事の捉え方、考え方が参考になりました。元々、考え方が硬く、抱え込んでしまうタイプなので、多くの人を頼りながらポジティブに進めたいと思います。ありがとうございました。
  • 問題が起こったときの考え方、現地スタッフとの話の仕方をこの研修を思い出して活用していこうと思います。また、他社の方の意見は大変貴重なものでした。問題の解答例があると良かったです。各国の文化の違いによる事件など話して頂くと良かったです。
  • リスクマネジメントの重要性を、あらためて確認した。事前に洗い出して、対応策をまとめておきたいと思う。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
公開講座の年間実績
受講者数※1
35,530
開催数※1
4,997
講座数※2
1,579種類
WEBinsource
ご利用者数※2
4,531

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2017年3月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。

昨年は180のリクエストにお応えしました!希望の日程がない!とお悩みのご担当者様。ご希望のカリキュラム、ご希望の日程で研修リクエストを承っております。