プロジェクトマネジメント研修 プロジェクトの進め方編(2日間)

2128プロジェクトマネジメント研修 プロジェクトの進め方編(2日間)

17/09/22 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

プロジェクトを進めるために必要な手順・考え方を理解し、論理的なプロジェクトマネジメントができるようになる研修です。

具体的には、以下の5つの観点からプロジェクトマネジメントスキルを強化します。
1.実施計画の策定
2.接点としてのコミュニケーション
3.プロジェクトの進捗管理
4.チームワークを発揮して組織の活性化
5.外部=関係者を巻き込む


研修プログラム例

研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 1.プロジェクトの進め方を考える
    (1)過去経験したプロジェクトについて考える
    【ワーク】自分が関わったプロジェクトの成功事例と、理由を考えましょう
    (2)プロジェクトが行き詰ってしまう原因
    (3)プロジェクトの難しさ ~日本的プロジェクトの進め方
    (4)プロジェクトを進めるために欠かせない3つの役割
    (5)事例研究
    【ワーク】事例につき、参考となる要素を話し合いましょう
講義
ワーク
  • 2.プロジェクトを進める流れ
講義
  • 3.実施計画の策定
    (1)関係者を洗い出す
    【ワーク】関係者と接する際の注意点を考えましょう 
    【ワーク】各関係者の肯定的な参加意識を高める方法を考えましょう
    (2)作業の洗い出し
    【ワーク】居酒屋出店プロジェクトのWBSを作成しましょう
    (3)役割分担と作業時間の見積り
    (4)スケジュール作成
    【ワーク】各作業のガントチャートを作成しましょう
    (5)コストを考える
    【ワーク】コスト管理をする上で、普段から気をつけていることは何ですか
    (6)ワークリスクの洗い出しと対策検討
    【ワーク】6つの視点で、リスクとと発生させない工夫を考えましょう
    (7)実行可能性の判断
講義
ワーク
  • 4.プロジェクトの実施
講義
  • 5.接点としてのコミュニケーション
    (1)指示の出し方
    (2)報告・相談の受け方
    (3)関係者とのコミュニケーションの目的
    (4)関係者とのコミュニケーション ~報告における8つのポイント
    (5)情報共有と情報の意味づけ
    (6)情報発信徹底見直し講座~「情報発信20選」
    【ワーク】情報発信すべきことを徹底的に洗い出してください
講義
ワーク
  • 6.プロジェクトの進捗管理
    (1)進捗管理とは
    (2)進捗管理に必要な要素
    (3)進捗管理の具体的な進め方
    (4)進捗管理上の留意点
講義
ワーク
  • 7.チームワークを発揮して組織を活性化する
    (1)各自が担当する仕事をやり遂げることが前提
    (2)チームワークが発揮される段階
    【ワーク】チームを活性化するために、日々行っていることを共有しましょう
ワーク
  • 8.外部=関係者を巻き込む
    (1)関係者とのかかわりを持つことにおいて困ったこと
    【ワーク】関係者との関係構築の成功例や失敗例を共有しましょう
    (2)外部=関係者を巻き込む重要性
    (3)コンセンサスマネジメント
    (4)コンセンサスマネジメントの手順
    (5)コンセンサスマネジメントのポイント
    【ワーク】プロジェクトへの批判と、説得の仕方を考えましょう
ワーク
  • 9.ケーススタディ
    トラブル等について、対応方法を検討する
    【ケース1】メーカーが締切りを守らず、スケジュール遅延が発生
    【ケース2】顧客とのコミュニケーションミスによる不利益の発生
    【ケース3】スケジュール遅れ・ホウ・レン・ソウの不徹底
    【ケース4】下請け業者の技術不足
 
  • 10.まとめ
    プロジェクトを円滑に進めるために、明日から誰にどのような働きかけをしていきますか
 
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からひとこと

プロジェクトリーダーとしての行動だけでなく、通常業務におけるリーダーとしての振る舞い方を学ぶ上でも役立つ研修です。一方的な講義にならないように、1つのテーマ毎に1つのワークを実施し、楽しく学びながら気づきを提供できるように心掛けています。特に日常業務の中で、周囲を動かす、巻き込むコミュニケーション力は、リーダーにとって重要なスキルの1つですので、重点的に学んでいきます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 10月     21名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.2%
講師:大変良かった・良かった
95.2%
参加者の声
  • 常に意識して職場のコミュニケーションを向上させ、チーム目標を達成したい。
  • 事例(他企業の事、失敗談)を交えながら説明して頂き理解しやすい。
  • コミュニケーションの重要性を改めて感じ、密にしていこうと思います。
  • 普段業務をしっかり考えているつもりでも、研修を受けこうすればいい等、いろいろ考えていけると思った。
  • 研修で学んだ内容を常に意識して業務に取り組んでいきます。

実施、実施対象
2016年 3月     7名
業種
製薬
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 他部署とのコミュニケーション、根回しを行うことにより、遂行する(したい)業務の進捗を図っていきたい。
  • これまであまり意識していなかった項目がかなりあった。プロジェクトの設定の時に、役立てていきたい。
  • 内容が分かりやすく、午後はケーススタディーを行うことで、より具体的となり、良かった。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



IT研修(情報技術研修)の評価
年間総受講者数
1,396
内容をよく理解・理解
84.6
講師がとても良い・良い
88.3

※2016年10月~2017年9月

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー