新セレクト階層別研修(課長職・中級管理職・中級管理者)

16/10/19 更新

研修の目的・特徴

■中級管理職に求められること 【実務責任者
中級管理職(課長職)に求められる課題は、課の全てを知り、あらゆる問題に責任ある判断ができることです。課の目標(数値)の管理、業務の管理、部下育成、リスク管理など、幅広い知識と行動力が求められます。課長層の育成が、組織の成長を左右すると言っても過言ではないでしょう。
組織の理念・ビジョンを理解し、「実現するために自分及び自部署が何をするべきか」や「一般社員層に浸透させる方法」を考え、自ら戦術的に動くことが期待されます。

■インソースの中級管理職研修の特長
課長とは、具体的におよそ10名以下の部下を管理するマネジメント力が必要とされます。しかし、受講者さまの中には、直属の部下がいない方もいらっしゃいます。業種・職種、企業風土によっても課長に求められる能力は様々です。インソースの研修では、まず役割と責任を明確にします。その上で優先度の高いスキルに特化したカリキュラムをカスタマイズできることが特長です。

■研修のねらい
1.組織の実務的運営責任者として、想定される危機を排除し、組織を円滑に運営、発展させていくマネジメント能力を習得します。
2.成果をあげる管理職として必要な4つのマネジメントスキルをバランスよく身につけます。
①業務管理力 ②部下指導・育成力 ③リスク管理力 ④目標管理力

豊富な実績

1年間の総受講者数
46,951

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

91.9 %

講師:大変良かった・良かった

91.2 %

※2016年4月~2017年3月

受講者の声

実施業界実績(一部)

苦労を乗り越え成果を上げてきた講師

多様な業界出身で失敗談や成功体験の豊富な講師陣です。
本研修では管理職経験を持ち、マネジメントや人材育成に対して、たくさんの笑いと涙を経験している講師が担当いたします。

研修ラインナップ

インソースの新セレクト階層別研修(課長職・中級管理職・中級管理者)は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

【その他カスタマイズ例】

【能力向上】


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

この階層の評価
  • 年間総受講者数
    • 46,951
  • 内容をよく理解・理解
    • 91.9
  • 講師がとても良い・良い
    • 91.2

※2016年4月~2017年3月


階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー