人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

研修の目的・特徴

交渉は「苦手」という意識
ビジネスのシーンでは、お客さまや関係者と交渉をする場面が必ずあります。しかし、交渉は「苦手」「うまくできる自信がない」と思っている人が非常に多いものです。
その理由として、「交渉をする」ということに対する理解があいまいであることに起因している場合が少なからずあります。

交渉は結果を出すこと
「交渉をする」ということは、相手との討議や駆け引きなどの過程を表したもの、としばしば捉えられがちです。
しかしここでは、交渉とは「こちらのねらい・思惑を実現に至らせるという結果を出すこと」であると考えます。

交渉の成功
とはいえ、言葉や態度で交渉相手を打ち負かして、力づくで「結果を出すこと」は「交渉」とは言えないと考えます。なぜなら、交渉相手が今後も長くお付き合いをするステークホルダー(組織内外関わらず)であることが多いからです。
こちらの利益を確保することについて相手に心から納得していただくこと、そして相手の利益も確保すること。この2つができれば、交渉は成功といえるでしょう。

インソースの交渉力研修
インソースの交渉力研修は、具体的な交渉スキルだけではなく、交渉に必要な人柄や事前準備、コミュニケーションスキルなど、幅広い視点から交渉を成功に導くためのポイント・ノウハウをお伝えしています。
その上で、実際に起こりうる状況を想定した実践的なロールプレイングを行なうことにより、学んだ知識をスキルとして体得していきます。

受講者のお悩み

1交渉時の駆け引きが難しい

交渉の際に「もう一歩」が踏み込めない、相手が納得するポイントが分からない など
18%

2交渉時の態度に自信がない

相手の立場を踏まえて交渉できているか分からない、感情的になってしまう など
14%

3交渉の落としどころが分からない

交渉の目標設定がうまくいかない、クロージングのタイミングが分からない など
13%

4事前準備・事後対応の仕方が分からない

交渉の手順と方法がうまくいかない、思いつかないことを質問されて戸惑う など
12%

5説明力が足りない

相手を納得させる説明ができない、メリットを理解してもらえる説明をするのが難しい など
11%

(※2013年10月~2014年9月実施研修)

上記のようなお悩みをお持ちの方には、特に以下の研修がおすすめです。

1234のお悩みには

5のお悩みには

その他のラインナップはこちら

研修ラインナップ

インソースの交渉力研修(ネゴシエーション研修)は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

カリキュラムは講義が40%、ワーク、ロールプレイングが60%となっており、演習の比重が高いものになっております。本研修においてはロールプレイングの量が研修効果を高めています。ご要望によっては、時間の都合上講義主体で行うカリキュラムもございます。

【eラーニング】

【Biz-Lesson】プライベートレッスン


魅力的な講師

交渉経験が豊富で、交渉に対して優秀な戦歴があり、事前準備やコミュニケーション能力の重要性を十分に知っているビジネスパーソンです。講師が苦労してきた経験は受講者さまにとって共感が得られ、成功体験は受講者さまに一筋の光を与えられるものとなります。

受講者の声

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ