コミュニケーション研修 ~看護職に必要な基本スキル編(1日間)

1814コミュニケーション研修 ~看護職に必要な基本スキル編(1日間)

17/09/19 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

社会人として求められるコミュニケーションスキルを理解するとともに、自分の現状のコミュニケーションスタイルを客観的に把握します。傾聴力と質問力を身につけることにより、コミュニケーションを円滑にし、また必要な情報を過不足なく聞くことができるようになります。また、クレーム対応の基本を習得することにより、的確なクレーム対応が可能です。実際の業務の中で上司・先輩とどのようにコミュニケーションをとるべきかを知り、円滑に業務を進めるために必要とされる職場コミュニケーションスキルを身につけることを目指します。

研修手法

本研修では、2つの「きく」スキル(傾聴力・質問力)と「話す」スキルを理解することを目的とします。

知識の習得ではなく、業務遂行のために必要なスキルを習得するため、ペアワーク・グループワークを中心に行います。その際には、スキルチェックシートを用い、受講者同士で相互評価を行います。

講師体制は、メイン講師1人、サブ講師1人で実施します。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
  • 1.はじめに
    ~チーム名、リーダー名を決めてアイスブレイク
ワーク
  • 2.多面的に考えるコミュニケーション
    【演習】自分が患者だったら、どのようなコミュニケーションを望みますか?
ワーク
講義
  • 3.コミュニケーションの基本
    1. あなたの印象は?
      【演習】会話相手から自分の印象(セルフイメージ)を教えてもらう
    2. コミュニケーションにおける「印象」
    3. 第一印象 ~見た目は大事
    4. 礼儀をわきまえる
    5. 相手を好きになる
      【演習】ほめ言葉リストを作成し、相手をほめちぎってみよう
    6. コミュニケーションの注意点
ワーク
講義
  • 4.「聴く」スキル=傾聴力のポイント
    1. 「聴く」スキルとは?
    2. 相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは?
ワーク
講義
  • 5. 「訊く」スキル=質問力のポイント
    1. 「訊く」スキルとは?
    2. 「訊き方」の種類
    3. 相手が話しやすさを感じる「質問」をするには? 
ワーク
  • 6.「きく」スキル実践講座
    【演習】他人には言えない失敗談についてできるだけ詳しく訊いてみよう など
ワーク
  • 7. クレーム対応のポイント 
    1. クレームの第一声は「お詫び」から
    2. お客様の話をきく
    3. 事実の確認をする
    4. 代替案・解決策の提示
    5. クレーム対応できをつけるべきこと
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2014年 7月     18名
業種
製薬・医療・介護
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今回、日頃から気をつけなければならない事を改めて気づきました。頭ではわかっていてもなかなか行動にうつせることができていない事が多かったので、今日学んだことを、少しずつ心がけようと思いました。
  • 講師の方がとても明るく楽しい方だったので、苦手なグループワークが多い研修でしたが1日楽しく有意義に学ぶことができました。ありがとうございました。

実施、実施対象
2013年 12月     28名
業種
製薬・医療・介護
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分は来年、新人の指導する立場でもあるので、話し方、伝え方などはとても興味がありました。話し方ひとつでこんなにも印象が変わるのかと驚いています。来年の指導に生かし、やさしい先輩になりたいと思います。
  • コミュニケーションで自分がとってしまいがちな行動が相手にどのような印象を与えるのか、改めてふり返ることができました。また、相手の意見も尊重し自分の考えや意見も伝える方法などグループワークを通しても学べてよかったです。
  • 普段こんな風にコミュニケーションについて考えることがなかったし、解決策を考える方法も分からなかったのですが、とてもいい機会になりました。先生がハキハキして楽しくすすめてくれたのであっという間におわりました。今日学んだことを病棟にフィードバックしていきたいです。ありがとうございました。

実施、実施対象
2012年 8月     19名
業種
大学・学校法人・高校
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.7%
参加者の声
  • 参加者に合わせて、プラスの講義がありました。質問にも丁寧に答えて頂けました。相手を理解する、人間関係作りに活かします。
  • アサーティブにもいろいろあって、自分の考えを伝えるのもはっきり言うばかりでなく、言い方も様々で少しずつでもいいんだと思いました。これからやれそうです。
  • 日常での自分の傾向は何となくつかめました。アサーティブにコミュニケーションをとるのは瞬時的に反応しなければならないので難しいですが、意識してみようと感じました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。




今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。