人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

ナレッジマネジメント研修(2日間)

0608ナレッジマネジメント研修(2日間)

16/12/27 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

ナレッジ(知識)やノウハウを共有化し、組織として活用することにより、業務の品質を向上させることを目指す研修です。

具体的には、以下の3点を目指します。
1.業務知識やスキルの損失を防ぐことの重要性を認識する
2.知識の表出化・体系化スキルを身につける
3.ナレッジマネジメントプロセスを日常化するための具体的な行動目標を作成する


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日目/2日間)
  内容 手法
 
  • <知の重要性に対する意識づけ>
    1.ナレッジマネジメントを考える
    (1)背景・研修のねらいの紹介
    (2)仕事上の知識・ノウハウを伝承するためにどうしたらよいか?
    (3)まず、なぜ仕事上の知識・ノウハウを伝達・継承する必要があるか確認しよう
    【演習】必要性チェックリスト
    ⇒なぜナレッジ共有が必要か再認識する
    (4)継承したい知識・ノウハウを洗い出す
    【演習】洗い出しシート作成
    ⇒シートに洗い出された項目を共有し、グループメンバーの共感度を確認する
    (5)優先順位づけ
    【演習】優先順位連関図を作成
    ⇒緊急度と重要度により優先順位を検討
    (6)ナレッジ共有基準を考える
    【演習】「ナレッジに色をつける」
    ⇒グループメンバーから渡された「なるほど」カードをもとに、ナレッジ共有における基準を発見し、基準シートを作成。ナレッジ共有の重要性を再認識する
講義
ワーク
  • 2.ナレッジマネジメントのポイント
    (1)ナレッジマネジメントとは
    (2)確実にかつ効率的・効果的に伝えるために
    (3)ナレッジマネジメントが「おっくう」にならないための考え方
講義
ワーク
  • <「知の表出化スキル習得」と「知の体系化」 ~簡潔に文書化するスキル>
    3.文書化スキル
    (1)文書の作成の基本 ~文書作成5つのポイント
    ①主語と述語は明確か?
    ②箇条書き、1文は40~50字程度
    ③日時、数量、金額は入っているか?
    ④結論が先に書かれているか?
    ⑤自分の立場は明確か?
    (2)文書化演習
    【演習】文章の要約練習 ~文書化のプロセスを学ぶ
    ⇒要点を素早く確実に掴んで文書化するスキルを磨く
    【演習】簡易マニュアル作成練習
    ⇒「マウスの使い方」など簡単な操作に関する説明を作成
ワーク
  • <「知の表出化スキル習得」と「知の体系化」 ~図を活用してわかりやすく表現する>
    4.図解化スキル
    (1)図解とは
    (2)図解化の作業手順
    (3)図解の具体例
    (4)より効果的な表現にするための工夫
    (5)図解化演習
    【演習】フロー図作成練習
    ⇒手順をわかりやすく表現するスキルを磨く
講義
ワーク
  • <緊急かつ重要な現場知識・ノウハウの洗い出し>
    5.トラブル対応の勘所
    (1)トラブル対応のポイント
    (2)トラブル対応事例の書き方
    (3)トラブル洗い出し・優先順位づけ
講義
ワーク


 

研修プログラム例(所要時間:2日目/2日間)
  内容 手法
  • <知識の体系化⇒新たな気づき・知識の融合>
    1.マニュアルとは
    (1)マニュアルとは何か
    (2)マニュアルの効能 ~マニュアルを見れば何がわかるか?
    (3)マニュアル作成のねらい
    (4)マニュアル作成の手順
    (5)マニュアル作成の進め方の検討・決定
    (6)マニュアル対象業務の洗い出し
    (7)フロー図の作成
    (8)マニュアルの説明文作成
    (9)マニュアル作成演習
    【演習】グループメンバーの知を、マニュアルにまとめる
    ⇒知の類型にしたがって、適切なフォームを選択し、表現・体系化する
    2日目の7割程度の時間を使ってワークを進めます
    講師は各グループを巡回し、適宜アドバイスいたします
    (10)成果物発表
講義
ワーク
  • <知の循環プロセスをまわし続けるための目標設定>
    2.ナレッジマネジメントの目標設定
    (1)明日からできる目標設定のコツ
    (2)ナレッジマネジメント10か条
    ※ナレッジ共有推進にあたってのご提案
    ~受講生の皆さまの行動目標として、クラス内でまとめて10個設定いただきます
    研修の成果物もひとつのナレッジとなります。皆さまの回答を収集し、今後のナレッジ共有プロセスにご活用いただけると、有効と考えます
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 8,129
  • 内容をよく理解・理解
    • 93.3
  • 講師がとても良い・良い
    • 92.2

※2015年10月~2016年9月


関連研修
一般的な研修例
業務改善活動コンサルティング
病院向け業務改善研修例
業務フロー作成研修例
業務改善研修 変化に対応し、働き方改革を実現する
業務改善研修 ~意識付け編(90分バージョン)
ファイリング研修 ビジネス文書と情報管理編(半日間)

関連研修テーマ
ナレッジマネジメント研修
仕事の進め方研修
タイムマネジメント研修
マニュアル作成研修
整理力向上研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。