loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ナレッジマネジメント研修(1日間)

ナレッジマネジメント研修(1日間)

ナレッジマネジメントの重要性を理解し、自部署における問題点の検討や伝えるべきナレッジの洗い出しを行う

研修No.B KNW104-0100-0607

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・個人の知識やノウハウを組織全体で共有する方法を学びたい方
・大量定年退職や人材の流動化等に起因する知識、ノウハウの流出の対策をお考えの方

研修内容・特徴outline・feature

ナレッジマネジメントに取り組む目的は、大きく分けて2つあります。ひとつは、既存の「知識」を次世代に引き継いで行くための「知識伝承」。もうひとつは、今ある「知識」と「知識」を結びつけ、実務の中での活用を通じて、より高い価値を生む「知識」として進化させていく「知識創出」です。いずれにしても、まず、今ある知識を管理できる状態にすること、具体的には、「属人化」している状態から「可視化」された状態にすることが必要となります。
本研修は、その「可視化」を、研修内における実践によって実現しようとするものです。

具体的には、ナレッジマネジメントの重要性を理解したうえで、自部署におけるナレッジマネジメント上の問題点の検討や、自らが伝えるべきナレッジの洗い出しを行います。また、マニュアル作成のポイントを押さえたうえで、実際にマニュアルを作成するワークを行います。最後には、ナレッジ伝承シートを用いた3か月行動計画を作成し、現場での実践につなげます。

【研究レポート】ナレッジマネジメントの事例とポイント
~ツール活用による知識創造プロセス

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.ナレッジマネジメントを考える
    <知識伝承の重要性とその進め方を考える>

    (1)現状のナレッジマネジメントを考える
    【ワーク】職場での世代間における知識や技術格差の問題を考える
    【ワーク】組織をまたいで知識や技術が共有されないために起こる問題を考える
    (2)ナレッジマネジメントへの関心が高まる背景
    (3)既存の「知」の伝承と、新たな「知」の創出
    (4)ナレッジマネジメントを進める手順
    (5)ナレッジマネジメントを進める上での注意点
講義
ワーク
  • 2.なぜ、ナレッジマネジメントが必要なのか
    <知識伝承の課題を把握する>

    【ワーク】ナレッジに関して何らかの対策が必要な点をチェックする
ワーク
  • 3.ナレッジマネジメントによって何を実現するのか
    <ナレッジを分類整理する>

    (1)成果を上げるためのナレッジとは
    (2)目的に応じてマネジメントするナレッジは変わる
    (3)【ワーク】伝承したい知識・ノウハウを洗い出す
    (4)【ワーク】(3)で洗い出した項目を優先順位付ける
講義
ワーク
  • 4.ナレッジの抽出
    <ナレッジを見える化する>

    (1)暗黙知と形式知
    (2)ナレッジのタイプとその伝わり方
    (3)暗黙知の表出化
講義
  • 5.ナレッジの保存 ~マニュアルを作る
    <ナレッジをドキュメントにする>

    (1)マニュアルとは何か
    (マニュアルの現代的意義、良いマニュアルの条件)
    (2)マニュアル作成の手順
    【参考資料】(媒体の選定、様式、レイアウト、基本構成 等)
    【参考事例】対象業務の洗い出し例 ~某会社のコールセンターの例
    【ワーク】3(3)で洗い出したナレッジの中から1つ選び、実際にマニュアルを作成する
講義
ワーク
  • 6.ナレッジを伝える
    <ナレッジを伝え、活用するための考え方をおさえる>

    (1)伝える技術とは
    (2)マニュアルをベースに指導、学習
講義
  • 7.ナレッジを更新する
    <ナレッジのメンテナンスの重要性を知る>

    (1)ナレッジは変化するもの
    (2)SECI(セキ)モデル(共同化、表出化、連結化、内面化)
講義
  • 8.ミーティングの活用のすすめ
    <ナレッジのマニュアル化事例を知る>

    (1)マニュアル作成の問題点
    (2)ミーティングを活用した簡易マニュアル作成方法
講義
  • 9.伝承の実践に向けて
    <ナレッジの着実な伝承に向けて3ヶ月計画を作成>

    【ワーク】ナレッジ伝承シートを作成する
ワーク

999

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年2月     25名
業種
不動産
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 経験・知識の伝承という自分の役割を改めて意識し、何かしら組織に財産を残していかなくてはならないと感じました。ナレッジの重要性が理解できました。
  • 業務フローを作成するうえで、本日の研修で学んだことを活用していきたいと思います。これから後輩も多く入ってくるので、「伝え方」に気をつけます。
  • 属人化している業務を見える化していくよう努めます。まずは「情報」に対する意識をもっと高くしなければならないと感じました。

実施、実施対象
2018年 2月     16名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.8%
講師:大変良かった・良かった
93.8%
参加者の声
  • 研修で学んだことを踏まえ、ナレッジの伝承が押し付けにならないよう気をつけようと思います。
  • ナレッジメントの面からも、若い人とのコミュニケーションを積極的にしていきたいと思います。
  • 研修で学んだことを基に、若手に積極的に知識・技能を伝えていきたい。

実施、実施対象
2017年 9月     10名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務多忙な中でもマニュアル作りを進めることの必要性が理解できました。属人化業務をなくせるようにマニュアル化を進めていきたいと思います。
  • 現在担当している業務が属人化しているため、今後の引継ぎのためのマニュアル作成に活かしたい。
  • 自分の業務をもとにワークができて、勉強になった。整理されていないマニュアルの作成に活かしていきたい。

実施、実施対象
2017年 2月     10名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ナレッジというものの意味や見方などを初めて知る機会となりました。ミーティング、可視化を定期的に行うことで、マニュアル作成の助けにしていきたいです。
  • ナレッジマネジメントについて体系的に深く考えたこととかなかったので新たな視点に気づくことができ、有益でした。
  • 当たり前のようにナレッジを使っていたが改めて理解することで目的や活用方法が明確になった。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ナレッジマネジメント研修の評価
年間総受講者数
730
内容をよく理解・理解
86.3
講師がとても良い・良い
90.0

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■指導者向け
■監督者向け
■管理者向け
■業界別
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!