インソースが考える「奥の手・猫の手」

【就職活動生向け】良い質問の仕方とは?

【就職活動生向け】良い質問の仕方とは?

どんな質問を「良い質問」というんだろう?

インソースの会社説明会は、社長への質疑応答のコーナーを設けています。

私が後ろで聞いていますと、時々「良い質問だね~」と褒めてもらえる質問があります。「どんな質問を『良い質問』というんだろう?」と思いますよね。

そこで、皆さんの代わりに私が社長に質問してみましたよ!

「どんな質問を『良い質問』というんですか?」

「何を聞きたいのか、わからない質問」

まず社長は「良くない質問」を答えてくれました。良くない質問とは、「何を聞きたいのか、わからない質問」。たぶんこれだけでは、意味がよくわからないと思いますが、例えば・・・

×「企業ビジョンは何ですか?」

この質問、よくあります。
社長は「HPにも書いてあるけどね、」といいながら、下の記事と大体同じことを説明しています。
このページにあります

良い質問とは・・・

それでは、「良い質問」といわれたのはどんなものでしょうか?

○「私は英語を使って仕事をしたいと思っているのですが、インソースでは今後、英語を使った仕事をする予定はありますでしょうか?」

違い、わかりますか?

この質問に対しては、社長は簡単にいうとこんなことを答えていました。

「充分あります。海外でも研修を承りたいと考えています。実際今も、英語版のテキストもあります。でも海外進出は今すぐではないかもしれません。まずは北関東の支社を作りたいと思っているんです。・・・(中略)・・・当社のビジネスモデルでは、充分海外の研修を承ることもできますので可能性はありますよ。ぜひ当社に来てほしいですね。」

その質問を聞いて自分はどうしたいんだっけ?

もちろん、会社説明会なので社長の生の声として、企業ビジョンを聞きたいという気持ちもありますよね。ただ、そこをちょっと立ち止まって、自分の気持ちと向き合ってみましょう。聞き方が違うかもしれません。

「企業ビジョンを聞いて自分はどうしたいんだっけ?」

例えば・・・

△「企業ビジョンとして、御社のHPには、『組織内部のスキル・ノウハウを顕在化すること』と書いてあります。これは具体的にいうと、どのようなことなのでしょうか?」

いい感じです。でもここで止まってはいけません。

○「私は、お客様に喜んでもらえる仕事がしたいので、企業ビジョンとして、『お客様に喜んでもらえる』という内容を含んでいる会社がいいなと思っています。御社の『組織内部のスキル・ノウハウを顕在化すること』というのは具体的には、どのようにお客様に喜んでもらえることになるのでしょうか?」

このくらいお話しいただけたら、聞かれたほうも話しやすいです。

皆さんの中には、「そうすると1つ質問するのに時間がかかってしまう」や「皆の前で質問するのに、自分だけにしか関わらないことを聞いたら悪い気がする」という方もいると思います。ですが、それはあまり気にする必要はありません。後者の質問の仕方の方が、明らかに有意義な時間になるからです。

おそらくこれは、面接でも、先輩の話でも言えることだと思います。ぜひ、これからの就職活動で意識してみてください!(中島)

■インソースの新卒採用ページ
■インソース採用担当者ブログ


オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修