loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

2019年度 新人研修 ビジネス文書テキスト販売

■ビジネス文書テキストの3つの特徴

1.ビジネス文書の型・ルールを習得できる

全ての文書作成の根底にあるのは要約力です。長い文章を要約する演習を通じて、相手に伝えたいことを簡潔にまとめる力をつけていただきます。

「内容が推測できる標題」、「1文は40~50字程度におさめる」、「主語と述語を明確にする(一貫させる)」、「内容は具体的かつ正確に」などの文書作成上の決まりごとを守れば、誰でもビジネス文書をうまく作成することができるようになります。また、こうしたルールに則れば、ビジネス文書の種類が変わっても、読み手にとって理解しやすい文書を効率的に手早く作成することができるようになります。

2.ビジネスの現場ですぐに活かせる

ビジネス文書研修を内製化して実施される組織の皆さまに、社会人として必要な「書く」スキルを1日間の研修で身につけられるよう、弊社の公開講座ビジネス文書研修でお伝えしている文書作成のノウハウが詰まったテキストをお届けいたします。

例えば

◆議事録の作成

「あなたは、システムソリューション会社『ワンダフルシステム株式会社』の営業開発部の新人です。会議のやりとりをまとめ、会議に出席した方に送る議事録を作成してください。」 ビジネス文書は「文書作成の基本」に則しているかが最も大切です。「定型レイアウトや定型文を活用する」「氏名・役職を間違えない」など、ポイントを覚えればすぐ実践できることもあります。 他方で、「書き手の立場、読み手の立場を意識する」「全体を200字で要約する」といった、習得に訓練が必要なものもあります。これらは一見難しく思えますが、テキストの内容を理解し、 演習に取り組むことで誰でも身につけることが可能です。 他にも報告書、社内・社外メール、お詫び状、依頼状などの多様な演習があります。

3.文書作成力向上は働き方改革につながる

文書作成のスキルを磨くだけではなく、仕事の進め方についても学びます。文書を作成する際には、必ず読み手がいます。読み手は社内の人のこともあれば、お客さまなど社外の人のこともあります。読み手の立場や、読み手が求める情報に配慮するということは、ビジネスの基本を知ることにもつながります。

■ビジネス文書テキストの目次

  1. 1.ビジネス文書とは ~基礎知識
    1. (1)はじめに
    2. (2)仕事を進めるうえで大切なこと
    3. (3)良いビジネス文書を書くうえで、最も大切なこと
    4. (4)ビジネス文書の種類
    5. (5)ビジネス文書作成の基本
    6. (6)ビジネス文書の構造
  2. 2.社内文書① ~基礎知識
  3. 3.社内文書② ~報告書
    1. (1)報告書の全体構成
    2. (2)報告書の基本構造
    3. (3)報告書の注意事項
  4. 4.社内文書③ ~まずは、日報からはじめましょう
    1. (1)日報の目的 ~なぜ日報を書かなくてはいけないのか
    2. (2)日報の構成
    3. (3)日報の内容 ~書くべきポイントは2点
    4. (4)日報記入の所要時間と目安量
    5. (5)日報記入の注意点
  5. 5.社内文書④ ~議事録・連絡書・稟議書
    1. (1)議事録の全体構成
    2. (2)議事録とは
    3. (3)議事録の基本構造
    4. (4)連絡書
    5. (5)稟議書(起案書・回議書・決裁書・伺い書)
  6. 6.社外文書① ~基礎知識
    1. (1)基本形 ~慣用表現を活用して丁寧に
    2. (2)社外文書のあいさつと結びの慣用表現
    3. (3)封筒・はがきの宛名の書き方
  1. 7.社外文書② ~文例
    1. (1)書類送付状
    2. (2)ファックス送付状
    3. (3)招待状・案内状
    4. (4)お祝い状
    5. (5)お詫び状
    6. (6)お礼状
    7. (7)依頼状
    8. (8)報告書
  2. 8.Eメール① ~基礎知識
    1. (1)Eメールの全体構成
    2. (2)各項目の書き方の慣例
    3. (3)Eメールの注意事項
  3. 9.Eメール② ~文例
    1. (1)連絡のメール
    2. (2)質問のメール
    3. (3)報告のメール
    4. (4)お礼のメール
    5. (5)依頼のメール
    6. (6)お詫びのメール
    7. (7)英文メール① ~基本構造
    8. (8)英文メール② ~作成のポイントまとめ
    9. (9)英文メール③ ~注意事項
    10. 【参考資料①】文書表現の注意点(詳細)
    11. 【参考資料②】敬語表現

■購入者・受講者の声

  • ・公文書を作成する機会もあり、これまでの業務の中でも迷うことが多かったため、参考になった。テキストを見返しながら、今後の業務に活かそうと思う
  • ・資料は今後、読み返して実際の業務の時にも使えると思いました
  • ・メールを送信する前に一度メールを見直して送るようにします。細かい部分まで見ようとすることで至らない点があったり言葉の使い方が足りないことを痛感できました
  • ・要約をする際に細かい背景まで書いてしまいがちであったが、5W1Hに着目すれば相手に伝わりやすいと分かった。議事録を作成する際は5W1Hを意識しようと思う
  • ・議事録は苦手だったため、演習を通じて学べたことを活かしていきたい。具体的に「まとめ方」の部分を参考とし、分かりやすい「要旨」を書けるように注意する
  • ・メール、文書例も用意されていて、復習がしやすくて良いと思いました

■ビジネス文書テキストの価格

セット 11,000円(税込)

販売単位について
  • ・1セット(受講者5名さま分)から販売しております
  • ・1セット(受講者5名さま分)のみの場合は、別途送料1,100円を頂戴しております
セット内容
  • ・ビジネス文書研修テキスト5冊
  • ・演習問題集(5問)5冊
  • ・解答例集5冊

■ビジネス文書研修の実績

年間総受講者数
11,289※1
内容評価
94.8※1
講師評価
92.9※1

※1 2018年10月~2019年9月

■ご購入の方法

下記お申込みフォームより必要事項をご入力いただきお申込みください。追って担当よりご連絡をさせて いただきます。

ご購入の流れ

  1. (1)お申込みフォームよりお申込みいただきます
  2. (2)担当よりお申込み内容、納品日、入金方法をご連絡いたしますのでご確認ください
  3. (3)テキストを発送いたします
  4. ※お申込み後5営業日以内を目安に発送いたします
【ご購入に際して】
・上記の販売にあたりましては、組織内でのご利用に限らせていただきます。
・ご同業の方からのお申し込みはお受けいたしかねます。
・与信判断の結果、反社会的勢力への対応方針などの事情により、お断りさせていただくことがございます。

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

■新人向けビジネス基礎テキストも販売中

インソースがご提供する新入社員研修で実際に使われている「ビジネス基礎テキスト」の内容は、新入社員に社会人としての考え方・基礎的なスキルを早い段階で習得いただくことを可能にしています。

社会人としての考え方、ルールの遵守、電話応対・来客応対などの基礎的なビジネスマナー、組織に貢献するための仕事の進め方を全108ページに凝縮しています。

新人向けビジネス基礎テキスト販売はこちら

■研修ラインナップ

インソースの新人向けビジネス文書テキスト販売は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

【公開講座】ビジネス文書研修

本研修では、読み手を意識することを大前提とした上で、相手に分かりやすい文書作成の方法を学んでいただきます。

◆研修のポイント
  • ①文書の基本的な構成ルール~主語・述語や一文あたりの文字数まで
  • ②伝えたいことを簡潔にまとめる力~情報の取捨選択による要約
  • ③相手が欲しい情報を考える力~キーワードや数字を記載する
  • ④社外文書の基本的な型~FAX送付状・書類送付状・案内状・お祝い状・お詫び状・お礼状・依頼状

【公開講座】研修講師養成研修

講師として研修に登壇する上での心構えと、効果的な研修を行うための3つのポイントを学んでいただきます。

◆研修のポイント
①研修構成スキルの習得
研修の目的を実現するための構成方法を学べるのが魅力です。人数や対象に応じた時間配分や、演習の手法などが身につきます。
②インストラクションスキルの習得
受講者に伝えたいことが伝わるインストラクションスキルを習得できるのが魅力です。フィードバックの手法や講師の発言の説得力を高める手法などが身につきます。
③コミュニケーションスキルの習得
一方通行的な研修ではなく双方向的な研修にするための考え方を学べるのが魅力です。人前で話すうえでの基本事項から、受講者側からの発言を促す手法などが身につきます。

その他 おすすめ研修ラインナップ

【基本】
【社会人として必須の常識・スキルを学びたい】
【目的別に集中してスキルを身につけたい】
【豊富な演習を通して、スキル定着を図りたい】
【その他、関連サービス】

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!