エンゲージメント診断

組織や仕事への課題意識を
可視化し、成果のあがる
職場づくり・人材育成を実現

エンゲージメント診断設問サンプル

設問例

エンゲージメントの各種指標を集計・グラフ化しますので課題と傾向が一目瞭然です。
・各指標のポイントを集計。グラフ等で表示
・組織に対する満足・愛着度なども定量化
・受検者の自由記述の回答も一覧化
どういった指標が満足度に影響しているのかを属性ごとに可視化することで、指標との関連性を確認できます。

企画
(2~4週間)

・現状ヒアリング

・評価・設問項目のカスタマイズ

ご希望プランの規定の設問をベースに、カスタマイズさせていただきます。
組織特有の状況・問題に応じた設問を加えるなど柔軟に対応いたします。

準備
(1週間~)

・対象者への制度の周知

対象の皆さまへご説明・ご連絡をお願いいたします。
円滑な運用のため「個人の特定はしない(できないツールを使用する)」「現状把握と組織の健全性向上のため」と明確にお伝えいただくことでスムーズな運営が可能となります。

実施
(2週間~)

・アセスメントWEB環境への設問・受検者登録

・アセスメントの実施

弊社にて、設問と受検者情報をアセスメントWEB環境に登録いたします。
未回答者への督促については、弊社アセスメントWEB環境を活用してサポートします。
※ 浮き彫りになった課題に対しては具体的な対策を実施することが肝要です

納品
(3~4週間)

・レポートの納品

・組織改革施策の支援

調査結果を集計し、結果レポートを作成・納品いたします。階層別や部署ごとの集計も可能です(有料)。今後の人事施策や組織改革へ活かす支援などもぜひご相談ください。

導入事例イメージ画像

ある独立系のIT企業さまからのご相談。コロナ禍拡大の影響で大規模なリモートワークへと勤務体系を切り替えることとなった。同時期にM&Aや組織統合がなされたことで、社員同士でも互いに名前を知らない状態となり、従来あった一体感が急速に失われてしまった。そのような中で、組織間の連携不足が原因と思われる事故が続いたため、組織診断を実施してどこに問題があるのかを明確にし、組織を再活性化する道筋を立てたいとのご要望を受けた。

単に従業員満足度の調査をしても、結果がはっきりとするのみで、目的は達成できない状況だった。そのため、エンゲージメント診断の実施後に、具体策の意思決定をすることを念頭に置いて、懸念事項とされていたマネジメントに対する不満や意見を募る設問を数点追加した。そのうえで、個人名は伏せるものの属性情報を細分化して分析し、原因を具体的に調査できるよう設計。そして、この診断を1回で終わらせず、施策実施後の再アセスメントを半年~1年後に計画し、施策の効果を検証する流れとした。

結果、シミュレーションと実データ分析との乖離は約30%ほどであった。この予想と異なる30%に対して、重点的に取り組むために何が必要かの対策検討を、弊社のコンサルタントを交えて行った。
特に数値の低さが顕著であった上司からのコミュニケーション不足の課題については、管理職向けの特別研修プログラムを企画するとともに、人事慣行の見直しを実施した。具体的には、3年に一度の頻度で異動という暗黙のルールを撤廃し、組織の安定した運営を重視した方針に転換。曖昧なルールの撤廃や管理職教育の実施など、会社が本気の姿勢を見せたことで、2回目のアセスメントではあらゆる項目において改善が見られた。今後も取り組みを継続し、将来の組織規模拡大にも耐えられる体制をアセスメントでモニタリング予定。

お問合せ、QA関連

年間実績導入実績
導入社数
1,946
受検者数
88,973

※ 2024年3月末時点(累計)

  • WEBins
  • モンシャン

アセスメント新着情報

アセスメントの活用事例

閉じる