loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

メンター研修

メンター研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

指導者とは異なる視点で若手の成長をフォローする、人材育成のキーパーソン

メンターとは、「良き指導者」「優れた助言者」などを意味し、仕事やキャリアの手本となり、指導や助言をしてくれる人材です。組織内でのメンターは、若手や未熟練者がもつ、キャリアや人間関係などの「仕事に関する漠然とした不安や悩み」をきき、必要なときにアドバイスを行う役割を果たします。

豊富な知識と職業経験を有した社内の先輩(メンター)が、後輩(メンティー)に対して行う個別支援を行うことで、職場の人間関係の希薄化やロールモデルの不在による若手の離職・メンタルヘルスの悪化を防止するとともに、女性活躍推進も果たすという目的で導入されることが多いです。

インソースの「メンター研修」は、OJT制度との違いをメンターに認識させ、メンター側の不安の払しょくと事務局側の関与を図るプログラムを基本とし、メンター・メンティーの上司向け、メンター・メンティー合同参加型などのラインナップがございます。研修だけでなく、メンターとメンティーの適切なマッチングのためのアセスメントサービスも提供しております。


メンター研修のポイント

メンタースキルの習得

新入社員や後輩のよき相談相手となるためにメンターに必要なのは、相手の話をよく話を聞き、意見を引き出す質問のスキルです。メンティーに答えを与えるのではなく、考えさせ、気づかせて行動させることが主な役割といえます。

研修では、コミュニケーションに必要な「傾聴力」「質問力」「心情理解」を学び、メンティーの不安解消、モチベーション向上につながるスキルを習得していただきます。メンター自身もメンティへの支援を通じて、部下育成意識の向上、自分の仕事の仕方、キャリア形成について見直すことができます。

組織での取り組みをサポート

メンター制度はメンターのスキル不足だけでなく、メンターへの負担過多、メンターとメンティの相性が好ましくないこと、メンター制度導入の目的が共有されていないことなどが原因で頓挫してしまうことが少なくありません。

これらの課題を解決のためには、メンターにメンタリングを任せっきりにせず、上司や部署でのサポート、人事部門によるマッチングが適性かどうかの把握、制度・運用体制構築とフォローアップなど、組織全体で活動に取り組む必要があります。インソースでは制度導入の計画から、トータルに活動をご支援させていただきます。

自分の成長と組織風土の活性化につながる

メンター制度の活用は、メンター・メンティーの当事者だけに良い効果を与えるだけではありません。組織内の信頼関係が強化されることで、結果的に組織横断的な連携・ネットワーク構築に繋がり、組織風土の活性化にもつながります。「安心できる居場所」をつくり出す意識を醸成でき、離職率の低減・メンタルヘルス維持に貢献できるのです。

※「メンター制度」は、厚生労働省の「人材確保等支援助成金の雇用管理制度助成コース」の助成金の対象です。詳しくはこちらをご参照ください。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

メンター研修のおすすめプラン

1年間でメンター制度を導入から定着まで進めるプラン

1年間でメンター制度を導入から運用、定着まで進める。育成の風土づくり、メンティーとのミスマッチを防ぐアセスメント、メンターのスキル強化研修など、多方面から支援

「部下のやる気を引き出す」キャリア支援力強化プラン

管理職に「ティーチング」「コーチング」をベースとした研修を計3回実施し、指導力を磨く。部下のモチベーションを高め、キャリアサポートができるようになることを目指す

1年で新人を育てる仕組みをつくり、風土を醸成するプラン

1年をかけて各階層に2回ずつ育成の風土を醸成する研修をそれぞれに実施する。また、新人やOJT担当者の状況を適宜把握するための仕組みを導入し、育成の風土をつくる

管理職も若手も心の余裕をもって指導・成長していくプラン

管理職に「若手に厳しく言いすぎない適切な部下指導・職場づくり」、メンバーには「仕事と上手く向き合うレジリエンス・セルフプロモーション方法」を習得してもらう

メンター研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!