MicrosoftOffice研修~Excel応用編テキスト|テキスト販売 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

MicrosoftOffice研修~Excel応用編テキスト販売

MicrosoftOffice研修~Excel応用編テキスト
4つの特徴

1.相手に伝わるExcelの使い方がわかる

Excelで資料を作成するには、正確なことはもちろん、相手に伝わることが重要です。本テキストでは、「相手によってフォントの大きさを変える」や「誰がみてもわかりやすいよう、簡潔な関数を使う」など、基本的な考え方をまずはお伝えしています。

2.実務に必要な関数に対応。高度なグラフ・ピボット・マクロも掲載

当社では、年間3,623 名(※2020年10月~2021年9月)の方に向け、パソコンスキル・OAスキルアップ研修を実施しています。本テキストでは、これまでの受講者の方の声も加味し、Excelの基本操作をすでに身につけている方が、さらなるスキルアップを目指すために必要な関数や複合グラフ等高度なグラフ、ピボットテーブル、マクロなどを掲載しています(バージョン:Excel2019)。

3.ワンポイントコラム付。ちょっとした疑問にもお答え

「順位を求める関数は3種類あるが、どう違うの?」や「正方形をどうすれば、作れるの?」など、Excelを操作していくうえで浮かぶちょっとした疑問にもお答えする、ワンポイントコラムが付いています。

4.自宅での勉強・学習教材としても最適

解説付きの演習問題集もセットとなっているため、自宅で振り返りができます。演習用データがダウンロードできるようになっており、在宅勤務中のスキルアップ教材としてもご活用いただけます。

テキストの試し読みはこちら

MicrosoftOffice研修~Excel応用編テキスト 目次

    • 1.Excelで資料を作成する際の基本
      1. (1)Excelでの資料作成の基本
      2. (2)Excelの基本 ~Excelでできること
    • 2.関数を利用する
      1. (1)関数の基本
      2. (2)基本のルール
      3. (3)関数の入力方法4種類
      4. (4)セルの相対参照と絶対参照の違いと使い分け
    • 3.数値の四捨五入・切り捨てを行う関数
      1. (1)指定した桁数で数値を四捨五入する ~ROUND関数
      2. (2)任意の数値で端数を切り捨てる ~ROUNDDOWN関数
    • 4.条件を元に結果を返す関数
      1. (1)条件を元に結果を返す ~IF関数
      2. (2)IF関数のネスト(入れ子)を設定する
      3. (3)関数のネスト(入れ子)を利用して、IF関数に複数条件を設定する
      4. (4)指定範囲内で条件を満たすセルの個数を求める ~COUNTIF関数
    • 5.日付を計算する関数
      1. (1)常にパソコンに設定された今日の日付を返す ~TODAY関数
      2. (2)指定日から指定日までの経過日数を求める ~DATEDIF関数
    • 6.その他の便利な関数
      1. (1)価格表から該当データを参照する ~VLOOKUP関数
      2. (2)同列の場合は同順で順位を求める ~RANK.EQ関数
    • 7.条件付きの書式を設定する
      1. (1)条件付き書式を設定する
      2. (2)設定したルールを管理する
      3. (3)上位/下位ルールを設定する
      4. (4)データバーの設定をする
    • 8.ユーザー定義の表示形式と入力規則を設定する、コメントを挿入する
      1. (1)ユーザー定義の表示形式の概要
      2. (2)ユーザー定義の表示形式を設定する
      3. (3) 入力規則を設定する
      4. (4)商品分類をリストから選択させる
      5. (5)コメントを挿入する
  1. 9.シート・セル・ブックを保護する
    1. (1)シートを保護する
    2. (2)保護されたシートの中でも編集可能なセルを設定する
    3. (3)ファイルにパスワードを設定する
  2. 10.高度なグラフを作成する
    1. (1)複合グラフを作成する
    2. (2)複合グラフの種類を変更する
    3. (3)複合グラフに第2軸を設定する
    4. (4)軸ラベルの表示単位を変更する
    5. (5)複合グラフの参照範囲を変更する
    6. (6)グラフ要素を追加する
    7. (7)データ系列の書式設定を変更する
    8. (8)補助縦棒付き円グラフを作成する
  3. 11.スパークラインを作成する
    1. (1)スパークラインを作成する
    2. (2)スパークラインの最大値と最小値を設定する
    3. (3)スパークラインの種類とスタイルを変更し、データマーカーを設定する
    4. (4)クイック分析を利用する
  4. 12.SmartArtグラフィックを利用する
    1. (1)SmartArtグラフィックを作成する
    2. (2)SmartArtにテキストを入力する
    3. (3)SmartArtグラフィックのスタイルを変更する
  1. 13.図形を作成する
    1. (1)図形を作成し、スタイルの変更とテキストの入力をする
    2. (2)図形の移動とサイズ変更、書式設定をする
  2. 14.テキストボックスを作成する
    1. (1)テキストボックスの作成
    2. (2)テキストボックスのスタイルと書式設定を変更する
  3. 15.データベースを活用する
    1. (1)データベース機能の概要
    2. (2)データベース用の表をテーブルに変換する
    3. (3)テーブルスタイルの設定を変更する
    4. (4)テーブルのフィルターを利用する
    5. (5)テーブルの集計行を表示する
    6. (6)テーブルの行・列を追加する、テーブルを解除して範囲に変換する
    7. (7)アウトラインを設定して集計機能を利用する
    8. (8)集計方法を追加する
    9. (9)集計の操作をする、集計を削除する
  4. 16.ピボットテーブルとピボットグラフを作成する
    1. (1)ピボットテーブルの概要と新規作成
    2. (2)ピボットテーブルの各部名称
    3. (3)ピボットテーブルのラベルの詳細表示を切り替える
    4. (4)ピボットテーブルの表示形式を変更する
    5. (5)ピボットテーブルのデータを更新する
    6. (6)ピボットテーブルにレポートフィルターを追加する
    7. (7)ピボットテーブルのフィールドを追加・削除する
    8. (8)ピボットテーブルの集計方法を変更する
    9. (9)ピボットテーブルの詳細データを表示する
    10. (10)ピボットテーブルのレポートフィルターページを表示する
    11. (11)ピボットグラフを作成する
    12. (12)ピボットグラフのスライサーを使って絞り込みをする
    13. (13)ピボットグラフのタイムラインを利用する
    14. (14)ピボットテーブルの見出し名とスタイルを変更する
    15. 【参考】おすすめピボットテーブル機能を利用する
  5. 17.表をテーブルに変換する
    1. (1)マクロの概要
    2. (2)「開発」タブを追加する
    3. (3)マクロを記録する
    4. (4)作成したマクロの一覧からマクロを実行する
    5. (5)マクロを実行するボタンを作成し、実行する
    6. (6)ファイルをマクロ有効ブックとして保存する
    7. (7)マクロ有効ブックのマクロを有効にする
    8. 【参考】マクロの名前を変更する
  6. 18.複数のブック間でセルを参照する
    1. (1)複数のブックを開く
    2. (2)別のブックのセルを参照した数式を入力する
  7. 19.ドキュメントの仕上げをする
    1. (1)ブックのプロパティを設定する
    2. (2)ドキュメント検査で、個人情報等のチェックと削除を行う
    3. (3)アクセシビリティチェックで、誰にでも理解できるファイルかを確認する
    4. (4)ブックを最終版として読み取り専用ファイルにする
    5. (5)ブックをテンプレートとして保存する
    6. 【参考】Excelで利用できる主なショートカットキー
    7. 【参考】テーマを設定する
基礎編のテキストはこちら

MicrosoftOffice研修~Excel応用編テキスト
価格・ご購入の流れ

5セット 11,000円(税込)

販売単位について
  • ・1セット(受講者5名さま分)から販売しております
  • ・1セット(受講者5名さま分)のみの場合は、別途送料1,100円を頂戴しております
  • ・2セット(受講者10名さま分)以上の場合は、送料無料となっております
ご購入に際して
・上記の販売にあたりましては、組織内でのご利用に限らせていただきます
・ご同業の方からのお申し込みはお受けいたしかねます
・与信判断の結果、反社会的勢力への対応方針などの事情により、お断りさせていただく場合がございます
ホームページからのご購入の流れ
  • (1)下記「お問合せ・購入お申込みフォーム」をクリックし、「お申込みフォーム」に必要事項を入力のうえ、お申込みください
  • (2)追って担当より、ご注文内容のご確認のメールをさせていただきます
  • (3)テキストを発送いたします※お申込み後、5営業日以内を目安に発送いたします
  • (4)テキストのご到着後、ご請求書をお送りいたします
WEBinsourceからのご購入の流れ
  • (1)WEBinsourceにご登録いただいているお客さまは、WEBinsourceにログインをお願いします。
  • (2)ページ上部のメニューから「研修テキスト」を選択し、クリックしてください。
  • 商品カテゴリー
  • (3)検索結果に商品一覧が表示されますので、ご希望のテキストおよびセット数を選択し、お申込みください

WEBinsourceとは
弊社公開講座や動画などが簡単にご購入いただける、会員さま専用のシステムです。特に公開講座や一部研修テキスト(製本版)は、WEBからの直接お申込みよりも安価にご購入いただける等、お得なサービスとなっております。詳しくはこちら
※WEBinsourceは法人のお客さま限定のサービスです。個人・個人事業主の方からのお申込みは、お受けできませんので、ご了承ください。

MicrosoftOffice研修~Excel応用編テキスト関連
おすすめプラン

MicrosoftOffice研修~Excel応用編テキスト関連
研修ラインナップ

  1. 【公開講座】Microsoft Office研修~Excel基礎編
  2. 【オンライン】Microsoft Office研修~Excel基礎編(1日間)

  1. 【公開講座】Microsoft Office研修~Excel応用編
  2. 【講師派遣】Microsoft Office研修~Excel応用編(1日間)
  3. 【オンライン】Microsoft Office研修~Excel応用編(1日間)

  1. 【公開講座】<速習!>(半日研修)(中級者向け)Excel研修~関数の基本編
  2. 【オンライン】(中級者向け)Excel研修~関数の基本編(半日間)

  1. 【公開講座】<速習!>(半日研修)(中級者向け)Excel研修~手順を自動化し業務を効率化させる編
  2. 【オンライン】(中級者向け)Excel研修~手順を自動化し業務を効率化させる編(半日間)

  1. 【公開講座】<速習!>(半日研修)(中級者向け)Excel研修~データの集計・分析編

  1. 【公開講座】(中上級者向け)Microsoft Office研修~Excelマクロ・VBAを活用する編

<新入社員向け>

  1. 【公開講座】(新入社員・新社会人向け)Microsoft Office研修~ExcelとPowerPoint
  2. 【講師派遣】(新入社員・新社会人向け)Microsoft Office研修~ExcelとPowerPoint


閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!